読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USEFUL TIME

気になったらとにかく記事にしてみる雑記ブログ。

MENU

自分のブログのあり方について少し考えてみた。〜書き方編〜

ブログ ブログ-雑談

 

先日、自分のブログのあり方について考えてみた記事を書いたのですが、今日も引き続き第二弾を書いていきたいと思います。

 

一応、関連記事も一緒に載せておきます!最終章のアクセス編と一緒にお読みください(^^)

 

 

 

designlife365.hatenadiary.com

 

designlife365.hatenadiary.com

 

 

前回は、自分のブログが『観覧しにくブログ』から『観覧しやすいブログ』に変更するべきか考えました。

 

しばらく考えてみたのですが、記事がもう少し増えてきてからジャンル別のブログを開設すれば良いじゃないかという結論に至りました。

 

自分の性格上、ジャンル別にしてネタを切らさずに記事を更新できるかわからないので。

 

このブログの記事数が増えていって、「このボリュームのジャンルなら他に開設した方が良さそう」だと感じたら、他にもブログを開設すると思います。

 

もし、その時が来たよろしくお願いします。

 

お願いします!!笑

 

さてさて、今回は自分の記事の書き方について考えてみました。

少なからず、自分の記事を読み返していると自分の個性というか…

 

「書き方がバラバラだなぁ〜」

 

と感じました。

 

ブログの書き方について少し考えてみる

 

今まで、自分のブログの書き方を考えたことなんてなかったので、少し考えてみました。

 

f:id:designlife:20150726221916j:plain

 

今まで、自由に書いてきたきたので(⌒-⌒; )

少しでも、『読みやすい記事』へ前進したい!!

 

たまたま見つけたブログなのですが、とても参考になったので紹介も兼ねて。

 

blog.3-kuni.com

 

蜜さんのこの記事を読んでみたのですが、

 

まさにこれだよ」

 

自分に足りない、何かを見つけたような気がしました。

 

そりゃ、『モテ』たいですよ!切実

 

さてさて…笑

 

今まで、自分のブログに関して、

 

「自分の好きなように書いていけばいいんだ」

「記事の内容に応じてキャラを作らなくては」

 

とか思っていたのですが、自分のブログスタイルとして切り口をどこに持っていくかを固定した方が良いなーって思いました。

 

そこが、難しいところでもあるのですが( ;´Д`)

 

もちろん、自分が目指しているブログは『誰かの役に立つ記事』を目指しているわけです。

むしろ、『誰かの暇な時間を奪うブログ』にした方が良いのかなと考えたりもします。笑

 

理想は、後者なのですが(⌒-⌒; )

 

『誰かの役に立つ記事』を見に来る方って、

 

「iPhoneのオススメアプリはなんだろう」

「夏を涼しくする方法」

 

とか、「◯◯について調べよう」って思いがあるから見に来てくれるわけで…

もちろん、「こんな方法もあったんだ」と調べる気が無くても読む方もいらっしゃいますけどね。

 

『誰かの暇な時間を奪うブログ』って、なかなかないと思うんですよね。

自分が知っている中では、ロケットニュース24さんぐらいですかね。笑

 

rocketnews24.com

 

寝る前に、読んだら面白すぎて寝る時間が遅くなってしまうっていうε-(´∀`; )笑

むしろ、面白いだけじゃ無くてタメになったりしますし。

 

ついつい読んでしまう、ブログを作りたい。

 

自分のブログのテーマってやっぱり…

 

決めるのむずかしー!!

 

『誰かの役に立つ記事』と『暇な時間を奪うブログ』が合わされば、良いブログになるんだろうなって思います。

 

それが、なかなか難しいんですけどね( ;´Д`)

 

自分のブログの目指すべきテーマは、なんとなくわかってきているのですが、あと一歩足りない感じ。

 

しばらくは、『暇な時間を奪う役に立つブログ』を目指していきたいと思います。

 

そんなブログに、このUSEFUL TIMEはなってくれるのだろうか。

 

頑張れよ!USEFUL TIME!!笑

 

はい。頑張ります。笑

 

自分のブログのことに関しての記事が多くなりそうですが、ご了承くださいm(_ _)m

 

自分のメモ程度に、書いていっていますので読みづらいかと思いますが、申し訳ないです。

 

自分のブログが、どこまで良くなるのか今から楽しみです!(自分自身の問題だけどね!笑)

 

自分と、同じことを考えている人がいれば参考までになれば良いと思います。

 

 

designlife365.hatenadiary.com

 

designlife365.hatenadiary.com