読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USEFUL TIME

気になったらとにかく記事にしてみる雑記ブログ。

MENU

こんな簡単にベクター素材って作れちゃうんですね〜

ガジェット ガジェット-アプリ

 

最近、iPadをうまく活用するためにいくつかブログ用に良さそうなアプリを探していたら、イラストやブログ用の画像の手書きテキストの編集に使えそうなアプリが見つかったので、紹介していこうと思います!

 

とにかく、使い勝手が良さそうだしAdobe製品を使用している人には、無料なので使ってみてほしいガジェットです( ´ ▽ ` )ノ

 

 

簡単にベクター素材を作れちゃう

 

そんなわけで、早速紹介していきたいと思います!

 

その名も、Adobe Shape CCです!

 

f:id:designlife:20150816230341j:plain

 

文字で説明するより、画像で説明した方が良さそうなのでスクショと一緒に使い方の説明をしたいと思います。

 

ノートに書いた、イラストやテキストを簡単にトレースできてしまう優れものです!

illustratorに、ライブトレースという機能がありますが、それに似たような機能だと思います。

ベクター素材を変更したりする作業には、illustratorが必須だと思われます。

 

使い方はとても簡単!!

 

まず驚くべきは、使い方のeasyさですね!

 

f:id:designlife:20150816230727p:plain

 

ノートに書いたメモやイラストの写真を撮ると、上の画像のようにベクター素材ができてしまいます。難しい説明がなくても、誰でも簡単に使うことができますよ(^o^)/

写真を撮って、トレース結果に問題がなければチェックしてベクター素材の出来上がり!

 

「簡単すぎやー!!」

 

使い方は本当に簡単!説明するよりも、使ってみた方が早いぐらい!笑

 

f:id:designlife:20150816231001j:plain

 

トレースしたくない場所は、上の画像の通り削除できます。間違えて消してしまった場合は、左の画像の矢印の先にあるタブをタップすれば、トレース箇所を増やすことも可能なのです。イラストのベクター素材やLINEスタンプのイラストのトレースまで、使えてしまいます(・Д・)ノ

 

f:id:designlife:20150816231336p:plain

 

簡単なイラストとテキストをトレースしてみると、こんな感じです。

 

イラストへたくそやな!」笑

 

それはさておいて、紙に書いたイラストやメモだけではなくカメラロールに入っている写真もベクター素材化できてしまいます!

 

写真を手書き風のタッチで加工したい方にも、とてもオススメです!

 

 

f:id:designlife:20150816231855j:plain

 

結構、良い感じにトレースできるでしょ?

 

このアプリを使ってみて感じたことは、

 

「ちゃんとトレースしてくれるんだな」

 

アプリの第一印象って大事ですし、使ってみたら「これは便利だ!」って思うはず!!

 

使い方と使用感は、こんな感じでしょう。

 

illustratorを使っている人なら…

 

illustratorを使っている、ライトユーザーにはオススメかもしれないですね。

自分のこだわりがある人は、あまりShape CCを使わないと思いますし。どうなんでしょうね( ;´Д`)

 

Adobeから出しているアプリなので、Adobe製品を使用している方なら、Adobe Shape CCでベクター素材を作成してCreative Cloudへ同期が可能なので、簡単にPCとの連携が取れます。

 

こういう、クラウドがあると一手間減るだけとても気軽に編集ができるって気になれますよね!

 

時代が進んでんだなってしみじみ思いますわ( ´ ▽ ` )笑

 

とにかく、簡単なイラストをillustratorで加工したいという方は入れておいても損はなし!!

 

「間違いない!!」

 

adobeのスタッフもオススメしている

 

この記事をみて、Adobe Shape CCの存在を知ることになったのですが。

 

 

blogs.adobe.com

 

このアプリを使用しての、LINEスタンプの作り方が載っています。(illustrator導入前提) 

 

LINEスタンプを作ろうとした時に、

 

「もっと簡単にトレースできたらいいのに」

 

って思う人、絶対いるでしょ!笑

 

自分も、作っていた時はこの悩みに悩まされました( ;´Д`)

 

結構、面倒なんですよね…

 

一番活用できるのは、LINEスタンプを作成するためのトレース機能なのではないでしょうか。(LINEスタンプを作っている人にとっては…)

 

もちろん、illustratorと言う敷居が高いソフトを使わなくてもAdobe Shape CCでトレースして画像を保存してフリーソフトで透過やテキストの編集をすれば問題ないと思います!

 

審査時間も早くなったみたいなので、作成スピードも上がりますし!

何しろ、数打ちゃ当たる作戦がいとも簡単にできてしまう!

 

こりゃいれるしかないでしょ!!

 

ツイッターなどのアイコンを作る時も、紙に書いたアイコンデザインをAdobe Shape CCでトレースして素材として使うのもありだと思います!

 

簡単に、トレースできてしまいますからね♪( ´θ`)ノ

 

 

この機会に「illustratorを入れようかな」と悩んでいる方は、2015年8月28日まで月額980円から使えるプランもありますので、ご検討してみてください!

 

www.adobe.com

 

期限まであと少ししかないので、ご注意を!

 

それでは、簡単にベクター素材の作成ができるAdobe Shape CCの紹介でした!!

※Androidも対応しています。