読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USEFUL TIME

気になったらとにかく記事にしてみる雑記ブログ。

MENU

記事を書くときの考え方を少し考えてみた。結局は、伝え方の意識する場所なのではないのか。

ブログ ブログ-雑談
 
現在、秋の読書習慣でまず1冊目は佐々木圭一『伝え方が9割』を読んでいるのですが、まだまだ前半なので深くは書けないですが、自分なりに思ったことがありまして…
 
「伝え方をしっかりすると、良い記事が書ける」
 
まぁー当たり前ですけどね(;`・д・`)笑
 
そんな本に、感化されたので『ブログの伝え方』についての記事を書いていこうかなと思います。主に、自分のブログのメモ程度なので、興味がある方はぜひ( ´ ▽ ` )ノ
 

 

f:id:designlife:20150909235023j:plain

 

伝え方の考え方

 
伝え方をというより、ブログって形で色々な方に自分の考えだったりオススメガジェットを紹介したりするのですが、それはあくまでネットの中での紹介で、
 
「ネットを通して相手に伝えている、一つの文章」
 
っていう考え方だったのですが、それはそれで間違いでも正解でもないんですが考えてみれば、
 
「それじゃあ、いかんな」って思うわけです。
 
あくまで、USEFUL TIMEの管理者であり記事の語り手な訳です。自分は。
 
伝え方は、人それぞれだと思うのですが、ブログなんか特に『こうやって書きなさい』という、マニュアルも何もないですし、一番“自分の色”が出るのではないのかと。
 
100人のブロガーがいて、同じテーマを書けば100通りの記事ができるわけです。その中から、どの記事がアクセスを稼げるかなんて自分の色を出し切った記事がアクセス増につながるのではないかと…
 
 
まぁー何が言いたいのかと言うと…(前置き長いとは思わないで…笑)
 
記事を書くときに、『ネットを通して伝える』ではなく『パソコンの前に読んでくれている人がいる』って風に意識改善してた方が良いなって思いました。
 
「分かりにくい例えだ。しっかり伝えてくれ!」
 
 
すんません( ;´Д`)
 
 
つまりは、記事を書くときには目の前にはパソコンがあるわけです。パソコンに向かって語りかけても何も返ってこないでしょ。笑
 
「当たり前や!!」
 
何が言いたいのかっていうと、
 
「目の前に人がいると思ってパソコンと向き合え!」
 
と言うことです!笑
 
なぜ、こんなことを考え始めたのかというと、自分のブログがある程度アクセスアップしてきたので、今までより『人にちゃんと読んでもらえる伝え方』について真剣に考えて始めたので、こんな記事を書いているわけです。
 
まぁー真剣な話をしているときはなかなか、硬苦しい言葉になってしまいますが…
 
意識して改善していけたら、良い記事を書いていけるんではないかと思っております。
 

やっぱり伝え方って大事なんですね

 

ここではあえて、読んでいる本のリンクを載せないですが、伝え方に関する本はブロガーならぜひ読んでみた方がいいかもしれないですね。

 

「伝え方?そんなもん自分が書きたいように書けばええねん!」

 

それもアリだと思います。自分も、そうでしたから!

 

ただ、自分のように

 

「ブログ始めたけどどうやったらしっかりと伝わる文章が書けるのだろうか?」

 

と考える人はいるわけですが、佐々木圭一さんの文章・言葉を読んでみて

 

「この人の文章は、とても読みやすいな。」

「文字が生きている。」

 

そう感じました。(読書感想文か!笑)

 

読んでいても、疲れない文章っていうのはとても読みやすい記事に繋がるのでとても参考になりました。

 

一度『伝え方が9割』を読んでみて、自分の伝え方のヒントにするのもいいですね!

 

今日は、このくらいにしておきましょうか。(⌒-⌒; ){今日の記事は、読書感想文そのものだったな。

 

今日も、絶賛つまらない記事でしたが、同じ境遇にいる人の参考になればと思います。

 

それでは、またの更新を。