読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USEFUL TIME

気になったらとにかく記事にしてみる雑記ブログ。

MENU

ブックカバーだからこそ、『安く自作して作りたい!!』そんな人のためにサイトをいくつかピックアップしてみたよ!

ライフハック ライフハック-DIY
 
さて、読書の秋という事でまだまだ『』に関する記事を書いていきますよー(^o^)/
 
今回は、プリンターさえあれば作れるブックカバーの作り方の紹介です!
調べてみると、ブックカバーの素材のサイトっていっぱいあるんですね!
その中から、グッときたサイトを紹介していきたいと思います(。・・)ノ
 

 

 

f:id:designlife:20150916233139j:plain

 

ブックカバーだからこそ自作したい

 

本を持ち歩く時、ブックカバーを付けて持ち歩く人がいると思います。

ブックカバーって、地味に高いですよね( ;´Д`)

 

しかも、お気に入りのブックカバーってなかなか見つからないのも難点ですよね…

 

本を持ち歩くのに気分で変えたいって思っていても、カバーをいくつも所有している人って数少ないですよね…

 

そこで、最近考えついたわけです。

 

「ブックカバーを自分で作っちゃえばいいんじゃね?」

 

まぁー布や皮で自作するのも一つの手ですが、

 

「そういうのは面倒だ!!」

 

紙で作ってしまえばいいでしょ!

 

この世の中は、Google先生でなんでもわかってしまう世の中なので調べましたー!

 

そしたら、出るわ出るわ!笑

 

しかも、PDFファイルを開ける環境のPCとプリンターさえあれば簡単にできてしまうじゃないですか(・Д・)ノ

 

今回、いくつか気になったブックカバーの素材をダウンロードできるサイトを紹介していきまーす( ´ ▽ ` )ノ

 

とその前に、自作ブックカバーの作り方について触れておきましょう!

 

紙のブックカバーの作り方は?

 

ぶっちゃけ言います。

 

本屋さんでもらえる、紙のブックカバーと同じ要領で作成できます!

 

用意した用紙を、本に合わせて折って装着するだけでーす(・Д・)ノ

 

本に合わせた、用紙サイズの一覧は…

 

文庫本→A4

新書→B4

ビジネス書→A3

 

です。

 

画像も用意できたら完璧だったのですが、自分はデザインからやってみようと思っているので、週末になったらまた記事をあげると思います!笑

 

作り方をまとめると、

 

  1. ブックカバーをダウンロードできるサイトから素材をプリンターでコピーする。
  2. 本に合わせて用紙を折る。
  3. 本に付ける

この3点です!

 

簡単でしょ?この3ステップだけで、自分好みのブックカバーが作れてしまうのです。

 

詳しく説明していたサイトもありましたので、そちらの方も参考にしてみてください。

 

 

gathery.recruit-lifestyle.co.jp

 

有名どころなら本の洋服屋

 

f:id:designlife:20150915222259p:plain

本の洋服屋

 

かなり豊富なラインナップがあります。可愛い系からクール系まで、幅広いジャンルのブックカバー素材を無料でダウンロード可能なので、プリンターでのブックカバーを作成してみたい方には、

 

「まずこのサイトを見とけ!」

 

というサイトなので、ぜひ活用してみてください。

 

クラシックの雰囲気ならここ

 

本といえば、レトロな雰囲気なブックカバーって素敵ですよね(・Д・)ノ

 

そんな、レトロでクラシックなブックカバーをダウンロードできるサイトならこのサイトです!

 

f:id:designlife:20150915222912g:plain

Book Style

 

このサイトを、観覧した時の第一印象ですが『古洋書』のメニューにある素材がとても素敵なデザインばかりでした!

 

ぜひ、レトロなブックカバーを探している方!!ぜひ足を運んでみてください( ´ ▽ ` )ノ

 

デザインも大事だけど機能性重視でしょ!

 

そんな人のための、ブックカバーと言っても過言ではないでしょう!

 

「またまたそんなこと言って!たいしたことないんでしょ?」

 

シンプル好きにはたまらない、デザインなんですよ!もう、機能を重視したいならここの素材が一番!!

 

 

f:id:designlife:20150916004018p:plain

 

FUMIKURA | オリジナルブックカバー プリントアウトサービス

 

キャッチフレーズに、『記録するブックカバー』というくらいだからね!

 

f:id:designlife:20150916004312p:plain

http://www.usagi-g.net/fumikura/about.php

 

 

 

ディスプレイにもいいし、本との思い出もブックカバーに書き込めば、その時の思い出に浸ることができるかもしれませんよ!(何言ってんだこいつ。笑)

 

このブックカバーの良い点の一つとして、背表紙に本のタイトルが記入できる所ではないかと思います。

 

FUMIKURAさんのサイトに飛んでみると、カバーを作る際に記入する項目があります。画像で説明した方がいいので貼らせていただきます。

 

f:id:designlife:20150916004813p:plain

http://www.usagi-g.net/fumikura/about.php

 

 

何も記入せずに手書きで書くか、記入して印刷すると上記の画像の箇所にテキストが入力されて印刷されます。

 

ブックカバーを付けたまま、本を保存したい方にはもってこいでしょ!

 

ブックカバーのダウンロードサイトについてはこのくらいにしておきますね(・Д・)ノ

 

また、良さそうなサイトがあったら紹介しまーす!

 

自作のブックカバーなんて使っている人いるの?

 

「紙の自作のブックカバーなんてなんか貧乏くさくない?」

 

って思う人もいるかもしれませんが、紙の質感ってよくないですか?笑

むしろ、紙のカバーの方が良い気がするのですが…僕だけでしょうか?

 

ツイッターでも、自作して使っている人もいるくらいなので!

 

 

 

ね!いるでしょ!

 

やっぱり、クラフト紙でカバー作りたいよなー。スタバの紙袋で自作するのもいいですね!!

 

普通紙の厚手・普通紙・クラフト紙で作成した、カバーの比較もまた違うブログで書きたいと思います!

 

秋の読書に自作のブックカバーで、持ち歩くなんて素敵ですよね( ´ ▽ ` )ノ

 

それでは、またの更新を!

 

yuuでしたー(・Д・)ノ