読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USEFUL TIME

気になったらとにかく記事にしてみる雑記ブログ。

思い切って記事整理をしました。

f:id:designlife:20170505030627j:plain

 

どうも鳴神優です。

 

先日はブログのアクセス数が半分になった記事を書かせていただいたのですが、アクセス数が下がってみて「ブログのメンテナンスをやらなくちゃな」って感じたので分析して記事整理をしました。

 

Search Consoleを参考にしながら『ゴミ記事』『リライト記事』に2つに仕分けして記事整理をしたので、自分なりの方法を書いていきます。

 

 

 

記事整理の経緯

 

せっかく100記事超えたのに消すの勿体ないって思ったのは本音です。そのせいでなかなか踏み出せずにいたのですが、『非天マザー by B-CHAN』さんの記事を読んで記事整理をしようと決意しました。

 

www.b-chan.jp

 

自分の場合はアルゴリズムの変更による現象ではなかったみたいです。2017/05/01ぐらいからPV数は戻ったので、単純に記事更新がなかったから下がったのではないかと思います。

 

しかしサイト全体の評価を上げるには、やはり質の低いコンテンツを積極的に削除していく必要があるなって感じました。約2年間もブログ記事全体のメンテナンスをやっていなかったので…

 

記事の仕分け

 

ブログのメンテナンスと言っても何を基準に削除して良いか全くもってさっぱりわからないので、Search Consoleのデータを参考にして『ゴミ記事』『リライト記事』の2つに分けることにしました。

 

自分の推測と判断での仕分け方法になるので、あまり参考にならないかもしれませんがご了承ください。

 

Search Consoleから仕分け

 

今回はSearch Consoleのデータを参考にしました。検索アナリティクスから『表示回数』『クリック数』『CTR』『順位』を参考にして仕分けしていきたいと思います。

 

簡単なデータの表示方法も記載しておきます。

 

f:id:designlife:20170505005058p:plain

 

ダッシュボードから『検索アナリティクス』から様々な検索エンジンのパフォーマンスを分析したデータを見ることができます。

  

f:id:designlife:20170505005613j:plain

 

今回はブログの記事を整理になるのでページをフィルタしてブログ記事のデータをみていきます。

 

ページをチェック』→『ページをフィルタ』→『次を含むURL』→『entryと記入』してフィルタしました。

 

この方法だと目次のリンクも一緒に表示されてしまいますが、カテゴリー関連のリンクはなくなるので整理しやすくなると思います。※はてなブログの場合

 

記事の選定方法

 

こういうブログの分析は初心者なので少し難しいですが、自分なりに記事の選定方法をまとめてみました。

 

f:id:designlife:20170505010403j:plain

 

特にブログを始めたての記事は質が低い記事ばかりなので、リライトするより削除した方が効率が良いですね。

 

リライトに関しては、大きく訂正するなら削除するくらいの気持ちで整理していった方が効率が良いと思います。『一度作った記事をもう一度書き直すこと』と大差ないので、それなら新しい記事に力を注いだ方が良いって言うのが自分の考えです。

 

『訂正できないくらい古い記事』については、「情報が古すぎて需要のない記事」を基準にしています。

  

他には自分のブログとあまり関係ないカテゴリーの記事も少しずつ削除していく予定です。 

 

まとめ 

 

記事整理をして減った記事数は24記事。かなりの数が減りましたが後悔はしていないです!むしろ清々しい!

 

もっと割り切って整理したらかなりの数になりそうですけどね!笑

 

自分のブログを分析して見るとやっぱり酷いものですね。「せっかく作った記事だから削除できない」って思ってたんですが、サイトの評価を上げるためなら削除も必要だなって感じました。

 

削除とリライトする基準は人それぞれだと思うので、一度分析してみたら『いる記事』『いらない記事』が見つかると思います。

 

初めて分析してブログのメンテナンスをしたのでうまくいくかわからないですが、しっかりと数字に反映してくれたら嬉しいかぎりです。

 

自分のブログはガジェット関連のブログを作ったつもりだったのに、少しズレているなって強く感じましたよ。SEO関連よりも自分のブログにあった内容を書いていかないと( ;´Д`)笑

 

今回は自分語りが中心でしたが、記事整理をする人の参考になればと思います。

 

それではっ!