読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USEFUL TIME

気になったらとにかく記事にしてみる雑記ブログ。

MENU

目次機能を使った捗る活用法を紹介!

SEO SEO-tips

ブログを書いているとネタ集めとか書き方を試行錯誤すると思いますが、はてなブログの目次記法をうまく活用した記事の書き方を紹介していこうと思います。

 
自分流の書き方でもあるので参考にしていただけたら嬉しいです!
 
いやぁー活用法って考えてみるものですね( ´ ▽ ` )ノ
我ながら良いアイディアを思いついた!笑
 

 

f:id:designlife:20160208205515j:plain

 

 

目次機能の使い方

 
はてなブログで見出しを目次として表示させる方法を説明していきます。
 
はてなブログで書いていればご存知の方が多いと思いますが、念のために書いておきますね!
 
目次を表示させたい場所に[:contents]と書くだけです!
 
このブログの目次のように表示されます。
 
はてなブログ開発ブログの方の詳しい使い方についての記事も載せておきます。
 

目次をデザインするなら

 
このブログの目次はカスタマイズされていますが、ゆきひーさんのブログを参考にさせていただいています。
 
 
何度かゆきひーさんのブログデザインについて記事にしておりますが、本当に役に立つブログデザインばかり!!
デザインを変えたいという人は必見です!
 

目次機能の活用法

 

はてなブログの目次機能なんですが、自分の記事を読みやすくするだけではなく他にも可能性を秘めているのではないのかと少しばかり考えていて、下書きを書く時にうまく使えるんじゃねって思ったわけです。

 

ブログの書き方がいまいちわからない方とか、うまくまとまらない人にはぜひ実践してもらいたいです。

 

見出しから書く

 

目次記法の記事の見出しが目次として反映されるのをうまく利用して、見出しから書いてしまえば書くことに迷うことがなくなるんじゃないかなって考えました。

 

ネタのストックでも、この順番で書けばまとまる文章が書けると思います。

 

  1. 記事のタイトル(キーワード)を決める。
  2. 見出し(記事の構造)を考える。
  3. 見出しから文章に付け加えるサイト・画像をハテブもしくはメモアプリで集める。
  4. 見出しに文章を書き込んでいく。
  5. 仕上げ。

 

重要なのは記事の構造ですね。

 

目次なしで書いていると記事の構造がわからなくなることが多いのですが、目次ありで書くと記事の構造が目に見えてわかりやすいですね!

 

スラスラ書ける感じ(^^)

 

自分が書きたい・まとめたい内容の目印が目次に表示されるので、途中まで下書きで書いておいても書きたかった内容がわかります。

 

時間がたったりすると忘れがちですからね(ー ー;)

 

アイディア出しにもこの方法を使うと、すぐに記事を書き出せてしまうくらいはかどります。

 

なぜメモアプリなのか

 

 

このメモアプリに関しては、好みがあるのと使いやすいアプリを使用したら良いと思います。

 

自分自身の環境として、iPhoneとMacbookを使用しているので純正のメモアプリが相性が良いのでiOSのメモアプリを使用しています。

 

過去記事にiOSのメモアプリについて書いたものがあるので、使い方を参考にしたい方はそちらの記事もどうぞ!

 

designlife365.hatenadiary.com

 

ストックしておきながら説明文も書くことができるので、重宝しています。

 

スマホとPCの間で同期できるアプリなら、正直どれでも良いと思います。 

 

まとめ

 

良い記事を書くことに関してはいくつか触れてきましたが、記事の骨組みを作ることは大事です。

 

骨組みをしっかりと作って肉付けをしていくことがとても重要です。

 

目次機能を活用して記事を書きながら、記事の構造を作ることを心がけてみてください。

 

慣れたら書きながらでも、構造を理解できるようになると思います。

 

下書きを書いて何を書いていたのかわからなくなる人にもオススメですし、寝る前や朝活で情報集取や見出しだけの作成もできてしまうので、便利な活用法だと思います。

 

自分で言うなよって話ですけどね( ;´Д`)笑

 

記事を書くのに効率化を求めたい方やうまくまとまらない方にも必見ですよ!!

 

良い文章・記事は、SEO対策にもなりますからね(^^)

 

それでは、良いブログライフを…