USEFUL TIME

〝だれかのため〟の雑記ブログ『USEFUL TIME』を運営している鳴神 優です。 ガジェットを中心とした気になった〝モノコト〟を記事にアウトプットしています。

Lightning対応で充電いらずのアクティブノイズキャンセリングイヤホン『Linner NC21 Lightning』をレビュー!

スポンサーリンク

 

f:id:designlife:20180220005652j:plain

 

快適な音楽を聴く環境を作ってくれるアクティブノイズキャンセリングイヤホンを使い始めてから、私が求めるイヤホンにとって欠かせない機能になりました。

 

ただアクティブノイズキャンセリング機能がついているイヤホンって値段が高かったり、ノイズキャンセリングユニットを充電しなくてはいけなかったりとマイナスな部分があります。

 

リモコン一つで全ての操作が可能で充電いらず、Lightning対応でiPhoneユーザーにぴったりなノイズキャンセリングイヤホン『Linner NC21 Lightning』をレビューします。

 

Lightningに対応しているイヤホンをお探しの方は要チェックです!

 

 

Linner NC21 Lightning

 

Linner様よりノイズキャンセリングイヤホン『NC21 Lightning』をご提供していただきました。

 

 

iPhone7以降、イヤホンジャックが廃止され、Lightningコネクターで直接接続できるイヤホンをお探しの人もいるはず。

 

Linner NC21 Lightningは、Lightningコネクターを使って接続できるアクティブノイズキャンセリングイヤホンです。

 

特徴

 

簡単にスペックを書き出していきます。

 

 

以上になります。

 

ノイズキャンセリング機能を搭載しているイヤホンはユニットを充電しなくてはいけないデメリットがあります。

 

NC21 Lightningは、iPhoneから電源供給できるのでユニットを充電しなくてもノイズキャンセリング機能が使えるのも嬉しいポイント。

 

価格は5,999円と少し高め。アクティブノイズキャンセリング機能が搭載されているイヤホンは値段が高いものが多いですが、手の出しやすいエントリーモデルのイヤホンではないかと思います。

 

カラバリも3種類の中から好きな色を選ぶことができます。

 

 

使用しているiPhoneに合わせてカラーを選べるのも嬉しいですね。

 

レビュー

 

それでは早速レビューといきましょう。(レビューするイヤホンはブラックになります。)

 

f:id:designlife:20180219002912j:plain
f:id:designlife:20180219002923j:plain

 

内容物は以下の通り。

 

 

以上の6点になります。

 

イヤーピース、イヤーフック共に柔らかいシリコン素材になっているので、耳の形にしっかりとフィットしてくれます。

  

f:id:designlife:20180219234718j:plain

 

音漏れの少ないカナル型イヤホン。イヤホン部分の重さもかなり軽く、シリコン素材の柔らかさもあるので、長時間つけていても疲れにくく快適に装着することができました

 

f:id:designlife:20180220012336j:plain

 

Lightningコネクター部分ですが、厚み6mm幅9mmとアップル純正のLightningコネクターよりも大きめの設計。ケースを着用の方は少し注意が必要です。

 

f:id:designlife:20180219234638j:plain

 

リモコン部分もアルミボディでクール。iPhoneとの組み合わせもバッチリのデザインになっています。

 

ノイズキャンセリング機能や音楽などの操作も一つのリモコンで使いやすいのも良いポイントですね。

 

操作方法もシンプルで簡単

 

f:id:designlife:20180219215104j:plain

 

〝Decoka DK100〟を使用していたのですが、ANCユニットと音量調節のリモコンが別になっていたので使いづらさを感じていました。

 

NC21 Lightningを使用してみたところ、ノイズキャンセリングや音楽の操作が一つのリモコンに集結しているのでかなり使いやすいですね。

 

Decoka DK100が気になる方はこちらのレビュー記事を参考にしてみてください。

 

 

リモコンで操作できる一覧も書かせていただきます。

 

 

以上になります。

 

アプリで好みの音質を選べる

 

音質については、至って普通の音質でした。ですが、専用アプリ『Linner Go』を使用することで4種類の音質を選ぶことができます。

 

 

用意されている音質を選ぶことができるので、自身が良く聴く楽曲に合わせて変更できます。イコライザーを自由にカスタマイズできないのが残念ですが、音質を簡単に変更できるのは嬉しいポイント。

 

アプリを使うことによって〝普通〟だった音質も楽曲に合わせた音質を選ぶことで〝良い音質〟に変わった印象がありました。NC21 Lightningを使用する際は、Linner Goを使って自分好みの音質を選んでみてください。

 

Linner Go
Linner Go
無料
posted with アプリーチ

 

まとめ

 

2台目となるアクティブノイズキャンセリング機能搭載のイヤホンを使ってみましたが、雑音のない快適な音楽環境を味わってしまうと欠かせない機能ですね。

 

充電不要でリモコン一つで全ての操作ができる点もかなり使い勝手の良いイヤホンでした。

 

音質については良くも悪くもないという印象でした。ですが、専用アプリ『Linner Go』を使用することによって、自分がよく聴く楽曲に合わせた音質に設定できるのは嬉しいですね。

 

Lightning対応のアクティブノイズキャンセリングイヤホン『Linner NC21 Lightning』をレビューしました。

 

それではっ!