USEFUL TIME

気になったらとにかく記事にしてみる雑記ブログ。

撮った写真を気軽に出品できる『snapmart』が面白い!

f:id:designlife:20170517171020j:plain

 

どうも鳴神優です。

 

インスタグラムなどのSNSで写真を投稿している人の中には、スマホで撮った写真を気軽に出品できたら写真を撮るモチベーションになるのにって言う人いるんじゃないでしょうか?

 

フリマ感覚でスマホから撮った写真を簡単に出品できるiOSアプリ『スナップマート』が面白かったので紹介していこうと思います。

 

スナップマートはアプリとWebと2つのサービスがあります。『出品はアプリから』『購入はWebから』と別々になってしまうので、今回はアプリを中心にスナップマート全体のレビューを書いていきたいと思います。

 

 

 

スナップマートとは

 

スマホで撮った写真素材を簡単に出品できるフォトフリマアプリです。

 

フリマ感覚で写真が売れる-スナップマート(Snapmart)
フリマ感覚で写真が売れる-スナップマート(Snapmart)
開発元:Snapmart Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

撮った写真を販売できるサイトと言ったらpixtaが有名ですが、スナップマートの場合はSNS感覚でスマホで撮った写真を出品できるということ。

 

もちろんユーザーが出品している写真も100円~2,000円で購入することができます。ただし購入する際は、スナップマートのWebサイトから購入者登録をしなければならないので要注意です。

 

出品などをしたいと言う人はアプリから。素材を購入したいと言う人はWebサイトからチェックしてください。

 

ブログなどをやっていて写真素材を安く欲しいと言う方はWebサイトよりチェックしてみてください。

 

 

特徴

 

特徴としてはスマホのスナップ写真を気軽に投稿できるところです。

 

スマホで写真を撮って出品するって流れは趣味としても手軽にできるし、SNSと同じ感覚で写真を売ることができるのは本当に良いサービスですね。

 

もちろんデジカメや一眼レフで撮った写真も投稿できますが、スマホからのみ投稿が可能です。デジカメなどの写真を投稿するときはスマホに移してから投稿するようにしてください!

 

出品方法は2種類

 

写真を売る方法は2種類あります。

 

  • マーケットプレイス(自由投稿)
  • コンテンスト(テーマ有り)

 

この2つのモードに分かれます。

 

マーケットプレイス

 

自分で撮った写真をアップロードしてタグ付けする方法です。価格設定も100円~2,000円まで設定することができます。

 

f:id:designlife:20170517003525p:plain

https://snapmart.jp/about

 

コンテスト

 

決められたテーマに合った写真を投稿して入賞すると賞金などがもらえる方法です。入賞を逃してもマーケットプライスに投稿できます。

 

f:id:designlife:20170517004540p:plain

 

出品方法

 

出品する方法はめちゃくちゃ簡単!それでは説明していきたいと思います。

 

f:id:designlife:20170517171047p:plain

 

 

出品するにはアプリを開いて出品ボタンをタップすると出品準備画面になります。

 

f:id:designlife:20170517171137p:plain

 

カメラロールが開くので自分が出品したい写真にチェックを入れて次に進んでください。

 

f:id:designlife:20170517171430j:plain

 

出品する写真が禁止事項に当てはまらないかチェックを入れて『出品する』をタップしたら、アップロードが終了したら出品完了になります!

 

f:id:designlife:20170517171903p:plain

 

ただアップロードしただけだと写真情報が全く記入されていない状態なので、上の画像の編集から写真情報の設定ができます。コメントは記入しなくても最低限タグの記入だけはしておくと良いです。

 

本人確認をしていないと設定金額は100円のみになりますので、自分で価格を決めたいと言う方は管理画面から本人確認をしておく良いです。本人確認のやり方も一緒に載せておきます。

 

f:id:designlife:20170517172725j:plain

 

本人確認をするには下記のいずれか一点の書類が必要になります。

 

  •  運転免許証
  • カード型健康保険証
  • 紙型健康保険証
  • パスポート
  • 学生証(顔写真・住所記載有り)
  • 在留カード
  • 写真付き障害者手帳

 

提出方法は本人確認のやり方を参考に提出してください!

 

以上が『スナップマート』の出品方法です。

 

レビュー

良い点

 

写真は買わないけど出品はしたい!自然な日常的な写真が欲しい!って言う人にはかなりオススメです。

 

スマホからのみ投稿が可能って言うのは賛否両論分かれそうですが、自分は投稿するハードルが下がっていて良いなって思います。

 

SNS感覚で投稿できるだけあって、写真素材も他のストックフォトサイトと比べてかなり日常的で使いやすい素材ばかりでした。

 

写真を趣味で始めたいけどモチベーションが上がらないなって人にも、コンテスト機能があるおかげでモチベーションの管理もできるって言うのも素晴らしいですね!

 

悪い点

 

出品に関してはめちゃくちゃ簡単でとても使いやすくて楽しいアプリなんですが、購入に関してはアプリから買えない点がすごい残念なところ。

 

もしアプリ1つで出品も購入もできたらめちゃくちゃ便利なんですけどね。スキマ時間にアプリを開いてささっと素材を購入して家に帰ったら素材を使ってブログなりなんなりできるんですけど…

 

それに購入アカウントと出品アカウントを別々に取得しなくちゃいけないって言うのもすごいめんどくさい。笑

 

一番「これはしくじった」と思ったのは、アプリから画像を買う(購入を検討する)という選択肢がないことです。これは事前の調査で「個人で有料の素材を買う需要はないのでは?」「企業の担当者はアプリでは買わないのでは」という意見が根強く、それひ引っ張られた結果です。

Snapmart(スナップマート)を10日間運営してわかったこと | Snapmart(スナップマート)公式ブログ

 

公式ブログに書かれていることはごもっともです。ただアカウントを別にする必要はあったのかなって言うのが正直な印象でした。

 

アカウントが1つにまとめてくれたらもっと使いやすいサービスになるんですけどね…今後に期待ですね!!

 

購入してみました

 

せっかくレビュー記事を書くのにアプリのことだけ書くのもあれでしたので、実際にスナップマートの購入アカウントを作って購入しました。

 

ちなみにブログのトップにある画像が購入した素材です!ストックフォトサービスって言ったらpixtaが有名だけど高いんですよね…

 

スナップマートにはかなりクオリティが高い写真素材が100円〜購入できるので購入する側にとっても良心的な価格設定でした!

 

まとめ

 

今回は『スナップマート』の紹介でした。まだまだアプリとしては改善するところも多そうですが、フォトストックサービスとしてはかなり良いサービスだと思います。

 

写真素材としてもかなり使いやすい素材ばかりだし、自分で撮った写真の出品も簡単!写真を趣味にしたい人にはビギナーズアプリではないでしょうか。

 

それに自分で撮った写真がお金になるのなら…ってお小遣い稼ぎにもなりそうですね!

 

皆さんもスナップマートを使って自分の写真を出品してみてはいかがでしょうか?

 

それではっ!

 

フリマ感覚で写真が売れる-スナップマート(Snapmart)
フリマ感覚で写真が売れる-スナップマート(Snapmart)
開発元:Snapmart Inc.
無料
posted with アプリーチ