USEFUL TIME

〝だれかのため〟の雑記ブログ『USEFUL TIME』を運営している鳴神 優です。 ガジェットを中心とした気になった〝モノコト〟を記事にアウトプットしています。

【厳選】タッチペン選びに悩んでいる人にオススメしたい!買ってよかったタッチペンの紹介!

スポンサーリンク

 

f:id:designlife:20180225232027j:plain

 

スマホ用のスタイラスペンって、いろいろな種類があって購入するのにどれが良いか迷ってしまいますよね。今回は、私が実際に使ってみて使い心地がよかったタッチペンを厳選して紹介していきます!

 

ゲーム・イラスト用に使い分けたいという方には必見です! 

 

 

快適にゲームをプレイするなら

Su-Pen

 

f:id:designlife:20171209040645j:plain

 

Su-Penに関しては、バズドラやツムツムをプレイしている方なら誰でも知っていると言っても過言ではないと思います。

 

私はスマホのパズルゲームは基本的にタッチペン派なので、スマホゲームをよくプレイする方には『Su-Pen』がオススメです。

 

特徴

 

書き心地を追求したと言われているSu-Penなんですが、従来のタッチペンと比べてペン先に向かって細くなっていることが大きな特徴です。

 

iPad/iPhone上で文字を書くことにこだわり続けることで生まれた、完全オリジナルのスタイラスペン(タッチペン)です。 (特許取得済み)

Su-Pen(スーペン)|スタイラスペン(タッチペン)|株式会社MetaMoJi

 

ペン先は交換式で、導電繊維が使われています。シリコン素材のタッチペンとは違い、操作中にひっかかることがないのでスラスラと字を書けます。

 

f:id:designlife:20171209040657j:plain

 

書き心地が悪くなったらペン先を簡単に変えることができるので、いつでも快適にスマホの操作が可能です。

 

上の画像のスタンダードモデルのT9持ち手が細くコンパクトなMSモデル(Su-Pen mini)の2モデルがあります。

 

ゲームをするならminiが良い

 

パズルゲームをするなら、MSモデル(Su-Pen mini)がオススメ。

 

 

スタンダードモデルでも問題ないのですが、持ち手の部分が太めになっています。持ち手が細いことによって、操作するときに手元が見やすいSu-Pen miniはゲーミングをする上でベストバイのタッチペンだと思っています。

 

もちろんゲーム以外にもコンパクトさやデザイン性も良いので、ビジネスシーンでも使えるのも良いポイントですよね。

 

パズドラ・ツムツムなどのパズルゲームをよくプレイしている方はぜひ使ってみてください。

 

ガラスフィルムとの相性◎

 

Su-Penはガラスフィルムとの相性が抜群です!

 

保護フィルムを貼って使ったことがあるのですが、傷がついてしまったこともあったので、Su-Penを使う際にはガラスフィルムとセットで購入することをオススメします。

 

iPhoneを使用している人にはAnkerのガラスフィルムがオススメなので、気になる方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

 

 

オールラウンドならT9モデル、ゲーミングならMSモデル

 

ビジネスシーンやイラストで使うなら、スタンダードモデルが良いです。パズルゲームなどのゲーミングスタイラスなら、MSモデルがオススメです。

 

2つのモデルを使用しましたが、MSモデルの方がバランスが良く使いやすかったです。

 

T9モデルも良い商品なんですが、ゲームをプレイする際は持ち手が細い方が操作しやすかったです。

 

 

イラストならワコム 

Bamboo Stylus solo

 

ペンタブで有名なワコムのスタイラスがかなりオススメ。

 

現在、bambooのスタイラスはかなり種類が豊富です。その中でも、『stylus solo』はイラスト・普段使い向きですね。

 

ここでオススメしたいのは、現行モデルではなく旧モデルのsoloです。

 

どんなシーンでも使えて万能タイプ

 

現行のバンブーソロは導電繊維を使用しているのですが、ペン先が少し固めでした。旧型はシリコン素材のペン先ですが、シリコン素材を使ったタッチペンの中ではNo. 1でした!

 

 

特徴としてはこんな感じ。

 

iPadなどを使ってイラストを描いている方は、ペン先の細さってかなり重要だと思います。一時期、イラストを描いていたときに色々なスタイラスを使いましたが、旧型のbamboo soloに落ち着きました。

 

書きやすい重心カラバリも豊富、何よりもコンパクトなので、イラストに限らずどんなシーンでも合わせることができます。

 

価格もアマゾンで1500円から購入可能なので、イラストを描いている方など、ビジネスシーンでタブレットで手書きのメモをとりたいという方には特にオススメします。

 

※旧式なので購入できなくなる可能性あり。

 

 

まとめ

 

導電繊維のタッチペンは、シリコンに比べて書き心地が良いのですが、保護フィルムに傷がつきやすいなって印象があります。

導電繊維のタッチペンを使う際は、ガラスフィルムと一緒に買っておいた方が良いと思います。

 

ゲーム用には、Su-Pen mini。イラストなどには、bamboo solo。この2つは間違いなく買ってよかったタッチペンです。

 

自分のライフスタイル別に、タッチペンを使い分けてみてはどうでしょうか。

 

それではっ!