読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USEFUL TIME

気になったらとにかく記事にしてみる雑記ブログ。

MENU

これさえあれば結婚式の余興ムービー作成に迷わない!オススメツール紹介!

ウェディング

どうも、鳴神優(@yuu_life365) です!

 

友人の結婚式の余興ムービーを編集をしていたので、なかなかブログ更新できませんでした( ;´Д`)スンマセン…

 

余興ムービーについて山ほど調べたので、余興の動画編集担当になった人に役立つ情報を書いていこうと思います。iMovieで4:3の動画を作る方法、MacとWinのオススメ無料オーサリングソフトを紹介していきたいと思います。

 

 

 

どんな動画を作るか

 

まずはじめに式場のプランナーの方に、何分まで時間を使えるか、著作権の問題はどうなのか、動画のアスペクト比(画面サイズ)の確認しておきましょう!

 

そのあとに、余興ムービーを作る上でどんな感じの動画を作成していくか余興に参加する人と話し合って決めましょう。

 

なかなか作る動画が決まらない方は、youtubeを参考にしてみると良いです。 『結婚式 余興』って調べると参考になる動画がいっぱい出てきます。

  

必要なツール

 

動画作成に必要なツールを簡単にリストアップします。

 

  • PC
  • 動画編集ソフト
  • Keynote(パワーポイント)
  • 撮影機材(iPhoneで十分)
  • オーサリングソフト(DVD作成ソフト)

 

このくらいかな?オーサリングソフトでつまずく方がいると思うので、後半に実際に使ってみたオーサリングソフトを紹介します。

 

iMovieで4:3の動画を作る方法

 

 

iMovie

iMovie

  • Apple
  • ビデオ
  • ¥1,800

 

 

自分はiMovieで作成したのですが、多くの人が悩んでしまう問題があります。式場ごとに違いはあると思いますが、「4:3の比率で動画を作ってください。」と言われるところが多いのでは無いでしょうか。

 

最新バージョン(現在2016/08/23)のiMovieで4:3の動画を作るのに問題があります。アスペク比の設定が16:9しかないじゃないか〜い。アスペクト比は変換ソフトを使えばなんとかなるんですが、できれば4:3の画面で編集したいじゃない。

 

参考になったURLを載せておきますね。

 

imovie 10.1 アスペクト比/公式Appleサポートコミュニティー

 

要するに、『新規ムービー』ではなく『新規アプリケーションプレビュー』で作成すると4:3の動画を作成できます。

 

新規アプリケーションプレビューは、最初の1コマ目のアスペクト比に依存します。1,200×900の画像(背景黒)を、最初のクリップとして追加してから他のクリップを追加してください。

 

1,440×1,080だと4:3で認識されないらしいのでご注意を。

 

Keynoteでアニメーションを作る

 

Keynote

Keynote

  • Apple
  • 仕事効率化
  • ¥2,400

 

「ここの部分のフォントを動かしたいなー」「カウントダウンを上手く作りたい!」という方はKeynoteを使ってみてください!アニメーションの自由さと種類が豊富なので、自分のイメージに合う素材ができると思います。

 

「iMovieのアニメーションじゃダメなの?」っていう人もいると思いますが、iMovieのテキスト入力だったりアニメーションって自由度低くないっすか?しかも、使い勝手が悪いんですよね…

 

Keynoteでフォントのアニメーションを作ったら、動画で書き出してiMovieに合成するっていう感じ。

 

合成!?そんなの素人ができるわけないっしょ!笑

 

って思う人もいると思いますが、iMovieには合成でよく使われるグリーンバックやブルーバックの機能が付いています。表示させたいフォントや画像の色にもよりますが、黒いフォントならかなり簡単に合成可能です。

 

iMovieでグリーンバックの使い方で参考になった記事を貼っておきますね。

 

xenontenter.com

 

余興ムービーを作ってみてKeynoteの出番がかなりあったので、クオリティーの高い動画を作りたい方なら是非とも入れておきたいツールです。

 

素材はできるだけ横画面で撮影

 

これは基本中の基本なんですが、念のため書かせていただきますね。

 

動画を撮る機材は何でも良いのですが、iPhoneとかAndroidで撮影する方が多いと思います。

 

素材はできるだけ横画面で撮影してください。縦だと動画を再生した時にバランスが悪くなってしまいます。スライドショーで使う写真が縦の写真しかない場合は、トリミングしたり工夫すると良いと思います。

 

DVDに書き出して完了!

 

動画も編集し終えたら「あとはDVDに焼くだけ!」なのですが、ここで最大の問題が発生します。ただ書き出すだけではプレーヤーで再生できません。プレイヤーで再生出来るDVDを作成するにはオーサリングソフトが不可欠なんです。

 

一昔前は、簡単にプレーヤーで再生出来るDVDを作成できたのですが、時代の流れによってWin10もMacにもオーサリングソフトが付属していないんですよね。

 

っていうことで、実際に使ってみた無料オーサリングソフトをMacとWinから1つずつ紹介していきたいと思います。

 

オーサリングソフト

Mac(El Capitan対応)

 

miDVD

miDVD

  • ShedWorx
  • ビデオ
  • 無料

 

無料アプリの中では、結構使いやすかったです。

 

欠点として動画を読み込む前にチャプターメニューが作成されるのですが、そのせいで動画のアスペクト比が多少変わってしまうのが欠点。(メニューなしの選択ができない。)

 

自分で作成した動画を実際にDVDに焼いてプレイヤーで再生してみたのですが、TVの表示をノーマルでサイドカットの画面表示にして確認したら、作成した動画の横が若干切れていたのが気になりました。

 

自分で作った動画は致命的なほど横が切れていなかったので、書き出した動画は4:3になっていました。チャプターメニュー画面はざっくりサイドがカットされていたので、16:9の比率みたい。(この辺の知識が疎いのでよく分からない…笑)

 

まぁーそこまで気にならない方は、miDVDを試してみてはどうでしょうか。※一応、式場でリハすることを勧めます。

 

Windows(Win10対応)

 

www.winxdvd.com

 

うちにWinもあったので試してみたら、これがめちゃくちゃ高性能!正直、DVD書き出しはWinでやったほうが良いなって思うほどでした。日本語にも対応しているので、使いやすかったです。欠点はなかった。笑

 

入力形式もかなりの数に対応しているので心配なし。作成したDVDも4:3の比率にバッチリなってました!チャプターメニューも一緒に作成した方にも、テンプレートも方法なのでオススメです。

 

書き出しの設定も細かくできるので、「これ本当に無料かよ!!」って感じてしまいました。Winでオーサリングソフトをお探しの方は、WinX DVD Authorを使ってみてください!

 

まとめ

 

結婚式の余興の役割として動画編集の人はかなりの時間を持っていかれますので、できるだけ素材を集める前にしっかりと準備しておいてください。

 

Macでオーサリングソフトを探している方は、Winを持っている友人にお願いする方が良さそうです。WinX DVD Authorが、本当に有能。

 

App StoreでToast DVD(¥2,400)のアプリを購入して使ってみたんですが、音ズレが酷くて使えたもんじゃなかったので気をつけて下さい。

 

今回は、結婚式の余興で動画作成をする人に見てもらいたい記事を書きました。ぜひ、動画編集をやっている方のお力になれればと思います!

 

悪用はしないようにね!

 

それではっ!