ブログ

なぜギター初心者に挫折するものを真っ先に練習させるのか。

ギターが大好きでしょうがないのですが、自分が初心者の時にやった上達法を伝授したいと思います。自分の練習方法を紹介したいと思います。というよりも、継続させる工夫さえあれば上達するよって話です。

ギターを弾くことを難しく思っている方、せっかく始めたのにサボりがちになってしまう方には読んでいただきたいです。

練習方法

まずはじめに言いたいのですが、入門書を買うならネットで調べた方が良いですよ。基本的に同じようなことが書かれている場合が多いので。自分の場合は、好きなアーティストのスコアを買って練習しました。コードの抑え方が載っているスコアがベストだと思います!

なぜ挫折するやつから練習するのか。

とにかくバレーコードが入っている曲を弾こうぜって、言う方が多いと思います。自分の経験則ですが、なんで初心者が挫折することから始めなくてはいけないんすか?て思うんですよね。せっかくなら、気持ち良く一曲弾いてギターの楽しさを覚えようぜ!

バレーコードとは1本の指で複数の弦を押さえるコードのことです。1本の指で複数の弦を押さえることをセーハ(バレー)と呼びます。

バレーコードを弾いてみる|ギター入門講座 – 8monji-guitar.com

簡単な曲をひたすら弾く

簡単な曲でも良いから一曲弾くことですね。初心者の練習曲といえば、定番のスピッツの「チェリー」とかね。でも、自分はあえてカポを使ってバレーコードなしの曲を選びました。

理由はいろいろあるのですが、チェリーに関して言えば、イントロからバレーコード(F)が入っています。初心者の方が、一番最初に立ちはだかる大きな壁!ここでやめてしまう人が多いんじゃないかな。

まずは気持ち良く一曲弾きたい!って気持ちが大きいと思います。なのに、わざわざイントロからつまずく曲を選ぶんだろうって…挫折させてギターを辞めさせる策略なんですかね?

一番大事なことは、ギターを弾く楽しさを知ること!

じゃあ、いつバレーコードの練習するか?練習曲の合間だけで十分。毎日、少しの時間で良いので、1本の指で1フレット抑える練習はしてください。ここばかりは、避けて通れないのでしっかりと練習すること!!

曲の練習をする時は、コードチェンジのスムーズさを意識してみてください。自分の手が力まずに弦を抑えられているか注意しながら練習しましょう。

たったのそれだけ!バレーコードを弾くにも、『力まずに抑える』が重要になってきます。他に、バレーコードのコツとしては、6弦全てを抑えるときは指の側面で抑えること。

マジで弾けるようになるのかよって思うかもしれないけど、気がついたら弾けるようになりますよ!

上達法

だらだら練習するのはやめよう!

どんなに時間かかっても良いから、一曲弾けるようになれれば良いや。

いや、ダメだぞ。

これは、経験談です。自分が初めてギター弾いたのは中学3年の時でした。バンプのスノースマイルを最初の練習曲にしていたのですが、「とりあえず、弾けるようになれば良いや。」って思っていたんです。半年くらい練習したのですが…

まてよ!これ!いつまで経っても弾けねぇーよ!!(泣)

はい。ギター諦めました…辞めました。笑

ライブやろうぜ!

一番手っ取り早く上達するには、ライブをやること!これが一番。自分がそうだったので、間違いないっす!

大学時代の話なんですが。Vo&Gt担当で、三ヶ月後にライブが控えていました。中学以来、ギターを触ってこなかった自分にとってはかなりキツかった。「ギター弾きながら歌うってナニソレ美味しいの?w」って感じ。

しかも!ギター経験者がいるのに、ギターソロも頼まれるという始末。

いやいや、弾けねぇーよ!無理っすよ!ってなりますわ。

でも、人って追い込まれるとなんとかなるもんですね。バレーコードは3日程度でできるようになりましたし、ギターソロは1週間程度。追い込まれれば追い込まれるほど、上達が早くなる都市伝説は本当でした。

自分の場合は時間もなかったので、死ぬもの狂いで練習しましたよ。1日、5時間ぐらいはやってました。おかげで、指先は豆で大変なことになってたけどね( ;´Д`)笑

要は、ダラダラ練習するのはやめようってこと。自分みたいに追い込まれすぎるのは、問題かと思いますが…2週間ぐらいで一曲弾けるようになれば、上出来だと思います

練習曲があるのなら、自分の中でこの日までに弾けるようになるっていう目標は必ずたてましょう。

ライブができないならyoutubeを使う

youtuberになれとは言いません 。自分の練習風景をyoutubeにアップロードするのも1つの手だと思います。もっと上手くならなくちゃ!っていう気持ちも大事。

ブランクがあった時、youtubeに動画をアップしていました。当時は、ただ歌いたかっただけだと思うけど。笑

人に聴いてもらうということは、練習しなくてはいけない!っていう気持ちになれます。自分の為だけに弾いていると、練習をサボってしまう人が多いのではないかと思います。

自分の動画を公開するからには、上手くなきゃいけないんでしょ?って思う人もいるかもしれませんが、あくまで自分の練習用です。成長記録みたいなものです。


秦基博 君とはもう出会えない 弾き語り カバー

自分の動画をここに載せるのも恥ずかしいものがありますが、3年ぐらい前の動画ですね。下手くそでしょ。コードも簡単なくせしてミスしまくり。笑

動画のことに関しては置いといて…こんな感じで練習していました。下手でも良いんです。練習する理由さえあればそれでオッケー!

noteでもサウンドノートを使えば、音声だけでもあげることができます。モチベーションを上げるために、youtube、noteを上手く活用してみるのも良いと思います。使えるものは使っていくべき!

まとめ

結果的に、練習が一番っていう記事になってしまいましたが、練習しないと上手くならないっすよ。どうやったら自信をつけられるか、練習へのモチベーションを維持できるかが上達の鍵だと思います。あとは、楽しむことっすね!!

練習していれば弾けるようになります。弾けるようになる前に諦めてしまうのはもったいない。

最初はこの人の曲を弾きたい!でも、難しすぎて弾けない…ってなりがちですが、一歩一歩、進んでいけば必ず弾けるようになります。レベル1の状態でラスボスと戦う気にならないでしょ?笑

もちろん、最初に選ぶ曲の中にバレーコードが入っていたって構わないですよ。ただ、諦めないでくださいね!

自分の練習方法の紹介でした。必ずしも、こうしろあぁーしろって言うのはないと思いますので、こういう練習方法もあるんだぐらいに参考になればと思います。。何度も言いますが、楽しむことだけは忘れないようにしましょうね!

それでは、また!!

POSTED COMMENT

  1. たまご より:

    はじめまして。
    ギター練習方法を探していましてこちらにたどり着き読ませて頂きました。
    あるアーティストの大ファンでしてその人の曲をギターで弾けるようになりたいと思いギターを購入しました。
    基本コードを覚えようとしていたのですが、それこそFのコードに躓きました。
    そこで質問なのですが、基本コードよりもまずは好きな曲で練習する方がいいということなのでしょうか?
    周りにギターが出来る友達がいなく悩んでおりました。
    ご回答頂けると嬉しいです。

  2. designlife より:

    たまごさん
    コメントありがとうございます。返信遅くなりすいません…
    基本コードも大切なのですが、一番大切なことは楽しみながら覚えていくことだと思っています。
    好きな曲というよりは、できるだけ簡単な曲からスタートしてだんだん難易度を上げる感じで練習してみると良いと思います。
    弾けるようになった曲の数だけコードを覚えることに繋がっていきます。
    練習法としては、課題曲を作る→わからないコードがあったら調べる(指の形も一緒に)→※1コード進行を気にしながらゆっくり弾いてみる→弾けないコードをピックアップ→※1に戻って繰り返し
    練習方法は人それぞれだと思いますが、一番自分が楽しめる練習方法を探してみてください。
    あまりお力になれず申し訳無いです。

  3. たまご より:

    お返事ありがとうございます!
    まずは簡単な曲からですね。
    教えて頂いた練習法で楽しみながらやってみようと思います。
    いえいえ、そんなことないです。
    悩みが解消されてスッキリしました!
    ありがとうございます。

  4. masatomy49 より:

    私がアコギで最初にコピーしたのも、スノースマイルでした。
    問題なのは、こんなにギターが一般的になったのにも関わらず、「Fコードはバレーコードでしか弾けない」
    と思い込んでいる初心者が、多すぎることだと感じています。

  5. designlife より:

    まさとみーさん
    そうなんですか!
    確かに、バレーコード以外での押さえ方もありますよね。手の大きさとか形とかで、押さえ方も人それぞれだと思うのですが、やっぱり基礎は大事だというのが自分の考えですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です