君の名は。を観てきたけど、秒速5センチメートルの再来かと思った話。

新海誠監督の『君の名は。』を観てきたのですが、秒速5センチメートルの二の舞になるかと思ったけど、二の舞にならなくて本当に良かった。マジで良かったよぉ〜。

ラッドの曲も良かった!むしろなかったら、ここまでの作品できてないんじゃないかなって思いました。

それでは、君の名は。の感想をなるべくネタバレしないように書いていこうと思います。さらに楽しめることができる文庫本も紹介します。

君の名は。〜感想〜

あらすじについて書こうと思ったのですが、予告編を観た方がわかりやすいと思うので貼らせていただきました。


「君の名は。」予告

とにかく制作陣営とキャストが凄すぎることで上映前から期待度上がりまくりの作品でしたが、ハードルが上がった上でそのハードルをさらに超えてくる作品でした。

www.kiminona.com

時系列をしっかり整理しながら観ないといけないところもあったりしますが、物語の中の世界にどっぷり浸かってしまいました。新海誠作品の中でダントツって言っても過言ではないくらい素晴らしい作品でした。面白いよりも『素晴らしい』っていう言葉が一番合っていると思います。

RADWIMPSの疾走感が良い

kai-you.net

この記事を見た瞬間に、新海誠作品にラッド!?大丈夫か?って言うのが、素直な意見でした。

1時間45分と言う長編アニメなのに、長編アニメを観た感じは一切しなかったです。何よりも、主題歌も劇伴も素晴らしい曲ばかり。「あぁーこの曲しかないな。」って納得がいくほどでした。

なぜか主題歌や劇伴を聴きながら書くと作品を鮮明に思い出すことができる。そのくらい映像と音楽が見事な組み合わせになっています。

前前前世

前前前世

  • RADWIMPS
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

なんでもないや

なんでもないや

  • RADWIMPS
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ストーリもめちゃくちゃ良かった。

ストーリーも本当に良かった。正直、過去作品と比べても最高傑作だと言って良いのではないかと思っています。

観終わった後にじわじわくる作品の良さというものは観てみないと伝わらないと思います。作中の『糸(結び)』『祈り』『彗星』の3つのキーワードが、自分の中で色々と考えさせられました。

今やいつどこにいてもネットで繋がり合える世界。それを当たり前のように使っているけど、ネットなんてなかった時代はSNSなんて存在しなかったし、現在より繋がり合える人はもっと少なかったんだなよなぁー。とか、考えたりしちゃいました。

それが、瀧と三葉との間に3年という時間差も重要な部分なのではないかと思います。(短いといえば短いですが…)

どこにいても繋がれる世界。信じることで希望が持てること。他にもたくさんの想いがありますが、しっかりと心の中の芯まで伝わってきた作品でした。

何よりも、彗星の描写はものすごい素晴らしく美しいものでした。彗星がキーワードっていうのもこの作品の良いところでしたね。違う場所に住んでいようが、どの時間を生きていようがどこかでしっかりと繋がっている。それも結びですね。

なんかくさいことを書き連ねていますが、ネタバレしちゃいそうなのでここまでにしておきましょうか。笑

ジャンル的には恋愛のアニメになるんでしょうけど、なぜか恋愛系アニメを観た感じがしないんだよなぁー。間違いなく、瀧と三葉のやり取りを見てキュンキュンしたんだけどな。(おっさんが何言っているんだか…)

なんだろう。この感じ。

原作の文庫本も買ったし、もっと作品の中に浸っていこうとするか。

まとめ(ネタバレ注意)

いや、本当に素晴らしい作品でした。ますます新海誠信者になってしまいました。

新海誠監督の代表作『秒速5センチメイートル』を観た方ならわかると思うのですが、『君の名は。』のクライマックスのシーンはドキドキハラハラでした!

「まさかバッドエンドじゃねぇ〜だろうな!!」

って思った人も多くいるはず。ネタバレですが、ハッピーエンドで良かったぁ〜!

秒速5センチメートルで煮え切らなかった思いが晴らされた感じがあります。本当にすっきりしました。

っていうか、よくこのストーリーを1時間45分という尺でまとめたなって驚きました。

今すぐにでも観に行って欲しいくらいオススメの映画です。恋人同士でも友達同士でも楽しめる作品だと思います。

サブキャラクターについて書かれている文庫本も発売しているので、是非そちらも一緒に読むとより一層楽しめると思います。

あと自分的には秒速5センチメートルを観た後に観ると気持ちがすっきりしますね。

新海誠監督の超最傑作!君の名は。出会うことのなかった人と今繋がり合う。様々な想いや願い、繋がりを感じられる作品です。新海ワールドにあなたも出会うべき。

ネタバレをなるべくしないように書かせていただきましたが、最後の最後にラストシーンのネタバレしちゃってすいません。笑

雑な感想だったと思いますが、ご了承ください。

それではっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です