プリンターで使えてインクジェット対応のクラフト紙を紹介|自作ブックカバーに使えるクラフト紙を比較。

先日、自作のブックカバーに役立つサイトを紹介しました。

普通紙でブックカバーを自作するのはよいのですが、やはりクラフト紙のような味わいのある紙を使うとおしゃれなブックカバーが作れます。

クラフト紙といっても数多くあるので、今回はプリンターで使えてインクジェットに対応しているクラフト紙をまとめて紹介。

この記事のポイント
  • プリンターに対応のクラフト紙を紹介
  • クラフト紙の質感を比較
  • 作成したカバーをつけるコツ

3種類のクラフト紙で比較

クラフト紙は普通紙と比べると少し高価ですよね。

もちろん安いクラフト紙はありますが、「安いクラフト紙って印刷したときのクオリティって大丈夫?」って感じる人もいるかと思います。

今回は100均から高価なものまで、3種類のA4サイズのクラフト紙を用意しました。

左:Kami Creator 10枚 ¥403

中:エトランジェ ディ コスタリカ 50枚 ¥300

右:100均(Can Do) 60枚  ¥108

価格はわかりやすいようにアマゾンでの価格を表示させていただいています。

各クラフト紙の特徴

それでは、用意したクラフト紙の特徴を書いていきます。

Kami Creatorのクラフト紙は、他の2つに比べると厚みがあり表面は多少ザラザラしています。

created by Rinker
PLUS(プラス)
¥403 (2018/12/14 07:35:59時点 Amazon調べ-詳細)

エトランジェ ディ コスタリカは、普通紙の薄さで触り心地も良くも悪くもなく普通の質感。

created by Rinker
etrangerdicostarica
¥279 (2018/12/14 07:36:00時点 Amazon調べ-詳細)

100均のクラフト紙エトランジェ ディ コスタリカと似たような質感ですが、やっぱり100均の安っぽい感じがしました。

やはりコスパが良いのは100均のクラフト紙ですね。個人的には、質感や色合いなどからエトランジェが一番好きでした。

色の濃さでブックカバーを作成するとおしゃれ

各クラフト紙の色の濃さの比較もしていきます。

色が濃いものを選ぶとクラシカルなブックカバーが作れるのでおしゃれ!

「自作ブックカバーなんだから、そこまでこだわらないよ…」って人は、迷わず100均のクラフト紙がオススメです。

左から右に濃い→薄いの順番で並べてみました。

画像でもわかる通り、Kami Creatorのクラフト紙が風合いといい色の濃さといい良いクラフト紙といった印象。

そして、これが印刷したものです。

01 エトランジェ ディ コスタリカ

02 100均一

03  Kami Creator

今回はFUMIKURAさんのブックカバーの素材を使わせていただいています。

参考 FUMIKURA | オリジナルブックカバー プリントアウトサービスFUMIKURA

ダウンロードできるサイトをまとめた記事もありますので、気になる方はそちらも参考にしてみてください。

ブックカバーだからこそ、『安く自作して作りたい!!』そんな人のためにサイトをいくつかピックアップしてみたよ!

実際に印刷してみましたが、100均のクラフト紙だけ少しかすれて印刷されました。

他の2社はキレイに印刷できたので、キレイにプリントしたいのであればKami Creatorエトランジェの2つから選ぶことをオススメします。

もちろんクラフト紙ですので、かすれて印刷されても「これはこれで良いな…」って感じるのもクラフト紙の良い点ですよね。

実際にブックカバーにしてみた

印刷したクラフト紙を使ってブックカバーにしてみました。

普通紙で作ったブックカバーよりもクラフト紙で作ったものの方がおしゃれ!

実際につけてみて読んでみると違いがわかりました。

本を持った時の印象が良かったのは、Kami Creatorのクラフト紙でした。

クラフト紙の特徴の部分でも書きましたが、Kami Creatorのクラフト紙は厚みがあります。

薄すぎず厚すぎず、ちょうど良い厚みは大切な本をしっかりと保護してくれます。ザラザラした質感も滑りにくく、とても持ちやすかったです。

エトランジェは普通紙のような厚さですが、値段もそこまで高くないので総合的にみるのであれば、エトランジェのクラフト紙が一番良いです。

100均のクラフト紙は、安くブックカバーを作りたい人にはコスパが良くオススメ!

  • しっかりとしたクラフト紙:Kami Creator。
  • 総合的に良いクラフト紙:エトランジェ。
  • コスパ重視:100均。

クラフト紙はブックカバーに最適

普通紙でブックカバーを自作するのもの良いですが、やはりクラシカル感が出るクラフト紙はブックカバーに最適ですね。

布製のブックカバーを購入するのもの長く使えて良いですが、紙のブックカバーは安く作れるのでオススメです。

FUMIKURAのブックカバーを作成すれば、読み終わった本に「どんな本だったのか」など感想や読了した日時も書き込めるのも良いですよね。

今回は、プリンターで使えるインクジェット対応のクラフト紙を比較しました。

もしクラフト紙でブックカバーを作成したい人は参考にしてみてくださいね!

それではっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です