LINEスタンプを販売してわかった。実は無駄なこと。

2014年5月8日に、LINEクリエイターズマーケットにてLINEスタンプが販売されるようになって、もう1年近く経っているんだなぁ〜としみじみ…

自分がLINEクリエイターズマーケットに、スタンプを申請したのは去年の9月ですので、あともう少しで1年になるわけです。

売ってみた結果

この一年で、3つほど販売させていただいたのですが…

全く売れない!!

そういうものです。

厳しい世界なのです。

自分のスタンプが、あまりよくなかったのでしょう。

売り上げの方は、半数以上が自分用と友人用に買った売り上げのみ…

もうね、泣きたくなりますわ…

Twitterでの反応

ちなみにつくり方は、まとめ記事を作成している人がいたので参考にしてみてください。

matome.naver.jp

自分のLINEスタンプの宣伝なんかしてもしょうがないので、自分流でなぜ日の出をみないLINEスタンプが多くあるのかまとめてみようと思います。

 新着の上位に載ってる時間が短すぎる。

いくら自信のあるスタンプを作って販売開始したところで、買いに来るユーザーが自分のスタンプを見つけることができなければ意味がないのです。

運が悪いと、20分も新着の1ページ目から消え去ってしまっていることもあります…

俗に言う、『承認祭り』です。

最近になって、承認日数が大幅に改善されたらしいので自分が主にやっていた頃より競争率が高いと思います。

ツイッターのフォロワーがLINEスタンプ関係者なのは要注意。

これは、LINEスタンプをツイッターで拡散していたら気がついたんですが…

全然見られてねぇ!!

自分のフォロワーさんが、LINEスタンプを作成・販売している人ばかりだったら一つ考えてみてください。

自分もLINEスタンプを作成していて、他の人のスタンプをわざわざツイッターで購入しますか?

自分なら買いません!!ドヤァ−

「これ欲しい!」とか「いいなぁ〜」と思ったものは購入するかもしれませんが、基本的にリツィートするだけだと思いませんか?

ツイッターアナリティクスで様子を見たこともあるのですが、インプレッションが明らか見ていないものばかりだったので、最初はフォローしてもフォロワーが増えてきたらタイムラインを飛ばしたりして見ているのかなって感じました。

って、ストーカーかよ!笑

正直に言います。言いますとも。

自分は、そうしてました…笑

すいません…

自分のフォロワーが150人くらいになった時、タイムラインがいっぱいでよく飛ばして読んでました。

関係者がフォロワーに多いのであれば、情報交換などをするくらいに頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

なので、ラインスタンプの宣伝はツイッターで定期的に宣伝してくれる紹介アカウントに任せています!自分で、宣伝しても見てくれないので(´Д` )

ぶっちゃけた話、LINEスタンプを宣伝してくれるアカウントですら、かなり意味がないと思いますけど…笑

やらないよりは、マシでしょうけどね(ー ー;)

LINEスタンプクリエイターさんの、フォロワーが増えるくらいだと自分は思っています。

スタンプ紹介サイトって意味あるの?

ホントこれ。紹介サイトは、とても便利ですけどね(⌒-⌒; )

紹介サイトまで来てまで、ユーザーはラインスタンプを買うのであろうか?

買わないでしょ!!

紹介サイトでスタンプを探すなら、ラインスタンプの公式ショップから買ったほうが早いですし、欲しいスタンプを検索にかけた方が安全で手っ取り早いですからね。

紹介サイトが悪いって言っているわけじゃないんですが、自分も紹介サイトを利用させていただいているので、特に感じ取りました。

自分が狙っているユーザー層で考えたら、公式の購入画面から買うんじゃないかって思うんです。

基本的には、若い世代の人が多いですからね。

売れる為にはどうしたら良いのか

前から疑問に思っていたモノを3つほど、自分なりに簡単にまとめてみました。

もちろん何もやらないよりは、マシだと思います。

やっぱり、ファンを獲得するのが何よりも先決な気がします。

売れる為には、たくさんのユーザーの目に触れることが大事だと思います。そして、売りたいユーザー層をしっかりと決めておくとLINEスタンプを作成するのに書きやすいし、宣伝方法の道筋がわかりやすくなると思います。

あくまでも自分が売りたい人です。

ブログで自分のスタンプの制作過程の記事を、書いていったほうが良いと思います。

自分目線だけだと、結構ユーザーの人と食い違うところが出てくると思いますので、「一緒にスタンプを作っているんだ」と思うことが大事だと思います。

やっぱり、ファンを作るって大事なことだと思います。

もちろん、ツイッターの内容で皆が皆ライバルなわけではないですよ。共に、アドバイスしたり一喜一憂出来る人がいるだけでも心強いですし。

LINEスタンプが『売れないスタンプ』ではなく『売れない理由』を探してみてください。

一度、自分の状況と対策をもう一度確認してみると良いでしょう。

LINEスタンプが売れない記事については、また書くかもしれませんが思いつくのはこのくらいですかね。

自分のスタンプも売れないかなぁ〜…

売れないだろうな…笑

申請のスピードも上がったみたいだし、ゆっくりと新しいスタンプを作っていこうと思います。

販売開始して売れない人の参考になればと思います。もちろん、これから始める人にも見てもらいたい!

iPhoneでも作成できますし、気軽に作ることも可能ですので、この機会にLINEスタンプを始めてみてはいかがでしょうか?

creator.line.me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です