アクセサリー ガジェット

MacBookをオシャレに着せ替えできるwraplusのスキンシールがバリエーション豊富でオススメ!

投稿日:2015年10月6日 更新日:

「ラップトップケースでおしゃれなものがない」「ケースを付けると厚くなって嫌だ」っていう悩みを抱えている人もいるはず。

Apple製品をオシャレに守ってくれる、フィルムカバー(スキンシール)を使えばMacBookを簡単にオシャレに着せ替えをすることができます。

スキンシールを扱うメーカーが多くある中でも、おしゃれでバリエーションが豊富なwraplusのスキンシールを紹介します。

おしゃれなスキンシールが見つかるwraplus

ストア
https://wraplus.jp/
https://wraplus.jp/

続きを見る

Amazonで色々なMacBookに貼るスキンシールが売られている中でも、バリエーションが豊富なwraplusのスキンシール

木目調のスキンからカーボン調まで、お使いのMacBookに貼り付けるだけで簡単におしゃれに着せ替えができます。


引用:wraplus for Macbook Air ローズウッド | wraplus online store

Macのアルミボディもかっこいいのですが、たまには気分を変えて木目調のスキンを選ぶとおしゃれですよね。

Appleの特徴でもあるリンゴマークもしっかり切り抜かれているので、MacBookのデザインを損なわずに使用できるのも嬉しいです。

種類も豊富で好きなデザインを選べる!

全てのデザインを合わせると31種類とバリエーション豊かなスキンシールがラインナップされています。

デザインの種類

  • 木目調(7種類)
  • レザー(4種類)
  • カーボン(4種類)
  • ブラッシュメタル(5種類)
  • アブストラクト(2種類)
  • スタンダード(9種類)

ラインナップされている商品の一つ一つがクオリティが高く、これだけの種類があれば自分の好きなデザインと巡り会えるはず。

スキンシールの薄さは0.2mmとかなり薄い設計なので、「できるだけ薄く傷から守りたい」という人にかなりオススメです。

価格はフルセットなのにリーズナブル

wraplusのスキンは、本体外側の表と裏にリストレストまでのセットで、MacBook Pro 13インチモデルであれば3,290円とかなりリーズナブル

完全に日本製のスキンシールで、貼り付け時に気泡が入ってもエア抜き構造のため気泡を残さずに貼り付けることができます。

触り心地もできる限り本物を再現するように作られているので、スキンシールの品質は抜群に良いです。

こだわり抜かれた製品が3,000円ほどで購入できるのは、嬉しい限りですね!

貼り付け手順は動画をみながらやれば問題なし!

スキンシールを貼り付けは大きければ大きいほど難しいです。

特にAppleのロゴを切り抜かれていることもありなおさら難しい…

wraplusではスキンシールを綺麗に貼り付けできる動画が公開されているので、動画を参考に貼り付けることができます。

対応機種

対応機種もApple製品だけではなく、AndroidからiQOSまで様々な機種に対応しています。

対応機種

Apple製品

  • MacBook Pro 13/15インチ
  • MacBook Air
  • MacBook 12インチ
  • iPhone X
  • iPad Pro 2018
  • iPad Pro 2015~2017
  • iPad 2017~

Android・Microsoft

  • Sureface Go
  • Sureface Pro
  • Pixel3/3 XL

その他

  • iQOS
  • glo

Apple製品をお使いの方は、ほぼ全てのMac・iPhoneに使用することができます。

旧モデルのMacBook Proにも使用できるので、古い機種でも使用できるのは嬉しいですね。

スキンシールを探しているならwraplusがオススメ

価格もそうですが、対応機種の多さや豊富なデザインのバリエーションの多さには、気軽に手が出しやすく自分好みのカスタマイズができるwraplusのスキンシールはかなりオススメです。

日頃から持ち運ぶことが多いガジェットだけに、貼り付けても気にならない薄さは嬉しい設計ですよね。

貼り付け時も動画を見ながら作業をすれば問題なく貼り付けることができますし、スキンシールのエア抜き構造のおかげで気泡レスで綺麗に仕上げることができます。

ぜひともお使いの製品をおしゃれにカスタマイズしてみてください。

ストア
https://wraplus.jp/
https://wraplus.jp/

続きを見る

  • この記事を書いた人

鳴神 優

ガジェットを中心に世界中の良いモノ善きコトを発信しています。 〝誰かのため〟に情報マガジン『USEFUL TIME』で記事を執筆中。

-アクセサリー, ガジェット
-

Copyright© USEFUL TIME , 2019 All Rights Reserved.