2023年ベストバイ公開中!ここからチェック!

オーディオテクニカ ATH-HL7BTをレビュー|長時間着用しても蒸れずに軽い装着感のオープンエアワイヤレスヘッドホン

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

密閉型ヘッドホンは強力なノイズキャンセリング機能が搭載していたりと、ノイズレスでで作業に没頭するにはぴったりなんですが、どうしても長時間着用していると蒸れてしまうのが悩み。

私と同じ悩みを抱えている人に、装着感が快適なオープンエアワイヤレスヘッドホン「オーディオテクニカ ATH-HL7BT」を紹介

オーディオテクニカ ATH-HL7BT
  • 側圧が少なく圧迫感ゼロ
  • 長時間着用しても蒸れにくい
  • LDAC対応でワイヤレスでもハイレゾ音質
  • 最大2台までマルチポイント対応
  • 着脱感知機能が非搭載
  • オープンエア構造なので音漏れする

今まで密閉型ヘッドホンを使用してきましたが、ANCよりも外音取り込みモードを使用する機会が圧倒的に多く、装着時の蒸れと戦っていました。

ATH-HL7BTはとにかく蒸れることもなく側圧も軽いため、さすがオープンエアヘッドホンと感じさせてくれる1台でした。

今回は、長時間のデスクワークに最適なオープンエアワイヤレスヘッドホン「オーディオテクニカ ATH-HL7BT」をレビューしていきます。

Contents

オーディオテクニカ ATH-HL7BT

オーディオテクニカ ATH-HL7BTの詳細を紹介していきます。

価格19,800円
重さ約220g
ヘッドホンタイプオープンエアーダイナミックタイプ
入力プラグ3.5mmステレオミニプラグ
充電端子USB-C
充電時間
最大再生時間
充電時間:1.5時間
最大連続再生時間:最大20時間
ドライバー53mmダイナミックドライバー
対応コーデックLDAC
AAC
SBC
接続方式Bluetooth 5.0
最大通信距離見通しの良い場所で10m
伝送帯域20~20,000Hz
360 Reality Audio対応
低遅延モード対応
マルチポイント最大2台まで対応
オーディオテクニカ ATH-HL7BT|スペック

オーディオテクニカ ATH-HL7BTは、ワイヤレスヘッドホンの中でも珍しいオープンエア構造を採用した装着感が快適な1台。

LDACにも対応しているので、ワイヤレスでもハイレゾ音質で音楽を楽しむことが可能です。

他にも最大2台のマルチポイントにも対応。テレワークが多い人や長時間のデスクワークをしている人に最適です。

オーディオテクニカ ATH-HL7BT|レビュー

オーディオテクニカ ATH-HL7BTをレビューしていきます。

同梱物
  • ATH-HL7BT
  • USB-C to USB-A(30cm)
  • 3.5mmステレオミニプラグ(2m)
  • 取扱説明書

ATH-HL7BTは、ブラックを基調としたシックな佇まいのあるヘッドホン。

ハウジング部分は、サラサラとしたプラスチック素材とメタルメッシュを採用した存在感のあるデザイン。

このプラスチック部分が特徴的で、無地ではなくスプラッシュ柄のようなデザインをしているため、好みが分かれそうだなと感じたのが正直なところ。

スライダーとジョイント部分は、シルバーとアンバーが良いアクセントになっていて、チープさを感じません。

スライダーの調整もスムーズに動きますし、35mmまで調整が可能です。

イヤホンジャックやボタン類は左ハウジングに全て搭載しています。

特にボタンの操作ですが、音量調節ボタンが離れているおかげで誤操作も少なく、シンプルな構成で迷わずに操作ができて使いやすかったです。

電源ボタンを2秒長押し電源オフ時:電源オン
電源オン時:ペアリングモード
電源ボタンを1回押す音楽:再生/一時停止
通話:受話/切断
電源ボタンを2回押す音声アシスタント起動
※SiriとGoogle Assistantに対応

リセットをするには全てのボタンを6秒長押しでリセットされます。

蒸れずに長時間着用しても快適な軽い装着感

ATH-HL7BTはオープンエア構造のヘッドホン。密閉型で感じていた蒸れる不快感もなく、長時間快適に装着できるため最高のリスニング環境を整えてくれるヘッドホン

イヤーパッドには着脱可能なファブリック素材が使われており、2種類の異なるクッション素材を採用して装着感と音響空間を最適化してくれています。

フィッティング・レイヤー(内側):ソフトなクッション素材で、肌にあたる部分を快適な装着感を実現しています。

アコースティック・レイヤー(外側):硬めのクッション素材で、耳とドライバーの位置を一定にして最適な音響空間を作ってくれています。

肌にあたる部分に使われているフィッティング・レイヤーの肌触りがよく、とにかくふかふかでヘッドホンの側圧を感じにくく快適そのものでした。

ゆう

イヤーパッドは公式サイトの製品ページから部品注文も可能なので、汚れたら交換できるのも嬉しいですね!

ヘッドバンド部分には、低反発のファブリック素材を採用。柔らかめの低反発のクッション素材を使用しているので、長時間着用しても頭頂部が痛くなることはありませんでした。

重さは実測で約215gとワイヤレスヘッドホンでこの軽さには驚きの一言。

ATH-HL7BTは側圧がかなり軽く設計されているため、ふかふかのイヤーパッドと相まってメガネをかけた状態でも痛くならずに快適な装着感。

ただ大きく頭を振るとズレてしまいますし、オープンエア構造だけあり音漏れはかなりしてしまいます。

外出先で利用したい人や運動時に使用したいっていう人には、不向きな製品なので選ぶ上で注意が必要です。

オープンエアなのにワイヤレスで使える手軽さが良い

オープンエアヘッドホンを選ぶ上で、1番の悩みがワイヤレスで使えるのが少ないことなんですよね。

ATH-HL7BTはワイヤレスで使えるので、その手軽さが心地よくてついつい使いたくなるヘッドホン。

他にもiPhoneとMacBook Proみたいに、最大2台までのデバイスと接続できるマルチポイントにも対応しています。

ATH-HL7BT|ペアリング方法
STEP
ペアリングモードにする

まずは電源ボタンを長押ししてペアリングモードに切り替えます。白色にLEDが点滅するとモード切り替えの合図です。

STEP
デバイスとペアリングする

ペアリングモードに切り替わったら、デバイスのBluetooth設定から「ATH-HL7BT」を選択して接続完了です。

マルチポイント接続方法

2台目のデバイスと接続するには、1台目に接続したデバイスを接続解除します。

あとは2台目のデバイスを最初にしたペアリング方法の手順でペアリングして、1台目を再度接続して完了です。

専用アプリでイコライザーで好みの音を探せる

ATH-HL7BTは、専用アプリ「Audio-Technica | Connect」を使用すれば、イコライザーの調整など様々な機能を利用できます。

Audio-Technica | Connect|できること
  • 充電残量の確認
  • AAC/LDACの切り替え
  • イコライザーの調整
  • 低遅延モード
  • 「製品を探す」機能
  • 接続デバイスの制御
Audio-Technica | Connect

Audio-Technica | Connect

audio-technica無料posted withアプリーチ

イコライザーは2種類
プリセット数は少ない

従来のイコライザーのように見慣れているグラフィック EQ、細かい調整ができるパラメトリック EQ、この2つのイコライザーが用意されています。

自分好みの音質に調節ができるので、アプリを使用して音質をカスタマイズするのも楽しい1台。

他にも、マルチポイントで接続しているデバイスの管理も可能。特に音楽の再生をデバイスごとに制御できるのが地味に嬉しい機能です。

オーディオテクニカ ATH-HL7BT|音質チェック

iPhone 15 Proにワイヤレス接続時の音質。M1 MacBook Proに有線接続での音質をチェックしてみました。

どちらもAmazon Music Unlimitedを利用して音質をチェックしています。

ATH-HL7BT|音質評価

高音域
1
2
3
4
5
中音域
1
2
3
4
5
低音域
1
2
3
4
5
バランス
1
2
3
4
5
解像度
1
2
3
4
5
遅延
1
2
3
4
5

iPhone 15 Proにワイヤレス接続で使用してみましたが、全体的にフラットな音質で爽快感や抜け感も良くクリア。

ただ低音が少しだけ弱く若干物足りなさを感じますが、長時間使用していても聴き疲れしない音質で使用できました。

ATH-HL7BTは360 Reality Audioに対応しているので、切り替えてみるとフラットな音質から立体感のある音質に劇的に変わります。

個人的にはステレオモードで聴きた方が聴き疲れしないので好みですが、ながら聴きをするか音楽をメインに楽しむかみたいに、使うシーンに合わせて切り替えられるのは嬉しいですね。

MacBook Proに有線接続で使用してみたところ、ワイヤレス接続と比べても解像度もかなり向上して立体的な音質で楽しめました。

低音域の弱さも感じることはないですし、密閉型では味わえない抜け感や音の広がりを強く感じて、思わず虜になってしまうほどの高音質にうっとりしてしまいます。

オーディオテクニカ ATH-HL7BT レビュー|まとめ

初めてのオープンエアヘッドホンにATH-HL7BTを購入しましたが、蒸れることなど一切ない快適すぎる装着感に広がりのある音質は心から購入して良かったと思えるヘッドホンでした。

オーディオテクニカ ATH-HL7BT
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 長時間着用しても蒸れずに快適
  • 側圧も軽く圧迫感がない
  • 最大2台までマルチポイント対応
  • LDAC対応でワイヤレスでもハイレゾ音質
デメリット
  • 着脱感知機能が非搭載
  • 音漏れはするので外出先では不向き
  • バッテリーの持ちが悪い

着脱感知機能が非搭載なのが少しネックな部分。他にも、最大連続再生時間が20時間と少ないのが気になるところ。

ですが、バッテリーの持ちを犠牲にしても軽い装着感を得られるだけで許容してしまうほど、長時間着用しても疲れないリスニング環境は快適そのものでした。

長時間デスクワークをしている人やながら聴きで作業している人に、ATH-HL7BTは最適なワイヤレスヘッドホンです。

今回は、蒸れずに軽い装着感で長時間快適に使用できるオープンエアワイヤレスヘッドホン「オーディオテクニカ ATH-HL7BT」をレビューしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents