ガジェット

Logicool Optionsの機能や使い方を詳しく解説!

Logicool Optionsを使えば、ロジクール製のマウス・キーボードを自分自身の環境に合わせた機能拡張ができて便利です。

マウスであれば各ボタンにショートカットキーを割り振れたりと、生産性を高める機能が盛りだくさん。

今回は、Logicool Optionsの設定方法や使い方など詳しく解説していきます。

この記事の注意点

この記事ではLogicool Optionsについて、各設定方法を画像付きで紹介しています。

必要な設定方法など必要な情報だけが欲しいという人は、目次から各セクションに移動するようにしてください。

Logicool Optionsとは

Logicool Optionsロジクールオプションズは、ロジクール製のマウス・キーボードなどの機能を豊かにするアプリケーションです。

Logicool Optionsでできること

  • ボタンやキーのカスタマイズ
  • アプリケーションごとにカスタマイズを設定
  • デバイスの状況を通知
  • DUOLINKの設定
  • Logicool Flowの設定
  • デバイスのバックアップ(アカウント登録)

ユーザーに合わせたカスタマイズやロジクールが開発した便利な機能をふんだんに使用できます。

Logicool Optionsで使用できる機能は、生産性を高める機能ばかりで便利です。

Logicool Optionsに対応しているOS

まずはLogicool Optionsに対応しているOSについて書いていきます。

Logicool Optionsの対応OS

Windows

  • Windows 10・Windows 8・Windows 7

Mac

  • macOS 10.11以降

Logicool Optionsは、WindowsOS・macOSの2つのOSに対応しています。

ChromeOSには非対応なので、ChromebookにLogicool Optionsを使用したい人は注意が必要です。

Logicool公式サイト|Chromebook対応のロジクールデバイスとアプリ

Logicool Optionsのインストール方法

Logicool Optionsのインストール方法を解説していきます。

step
1
Logicool Optionsをダウンロードする

Logicool サポートページよりLogicool Optionsファイルをダウンロードします。

Logicool Optionsのダウンロードページ

ダウンロードページを開くと使用しているパソコンのOSを自動で検出してくれるので、「Download Now」のボタンからダウンロードをします。

もしOSが違う場合は、下にある「すべてのダウンロードを表示」からOSを選択してください。

Logicool Options|ダウンロード

step
2
ダウンロードしたファイルを開いてインストール

ダウンロードしたLogicool Optionsのインストーラファイルを開いてインストールします。

LOGICOOL OPTIONSのインストール」からインストールを開始。

製品の診断データの共有画面が表示されるので、基本的には「分析データを共有します」で問題ありません。

あとはインストール完了まで待つのみです。

step
3
アカウント登録の可否を選択

インストール終了後にロジクールアカウント作成画面に移行しますが、アカウントを作成しなくてもLogicool Optionsを使用できます

アカウントを作成しておけば、設定のバックアップを作成できたりデータが破損してしまっても設定の復元が可能です。

時間があるときにアカウント作成をしておきましょう。

アンインストール方法

Logicool Optionsのアンインストール方法は、Logicool Optionsのダウンロード時にアンインストーラが一緒にダウンロードされています。

ダウンロードファイル内を「Logicool Options」で検索すると「Logicool Options アンインストーラ.app」がみつかります。

アプリを削除したい方は、アンインストーラを開いて削除してください。

Logicool Optionsの接続方法と設定

ハイエンドマウスシリーズのMX Anywhere2Sを使用して、Logicool Optionsの設定方法と機能についてを解説していきます。

step
1
デバイスを追加する

デバイスの追加

接続方法の選択

Logicool Optionsでは、2つの接続方法が可能になっています。

接続方法

UNIFYINGデバイスの追加

ロジクール製品を購入すると付属してくるLogicool UnifyingレシーバーをUSBに挿して接続する方法。

Bluetoothデバイスの追加

従来のワイヤレスマウスのようにBluetoothでデバイスを接続する方法。

今回はBluetooth接続に対応したロジクールマウスでBluetooth接続方法を紹介していきます。

step
2
Bluetooth設定画面からデバイスを接続する

デバイスを接続

デバイスを接続済

Macであれば「システム環境設定」→「Bluetooth」からデバイスを接続します。

Windowsなら、「スタート」→「設定」→「デバイス」→「Bluetoothとその他のデバイス」からデバイスを接続できます。

以上がLogicool Optionsにデバイスを追加する方法です。

デバイスのペアリング方法について

マウスやキーボードのペアリング方法は、製品の取扱説明書やサポートページにて確認できるので、ペアリング方法がわからないという人はセットアップガイドを確認してみてください。

Logicool|サポートページ

デバイスをより快適にカスタマイズする

前にも記載した通り、Logicool Optionsを使用すればユーザーに合わせたカスタマイズができます。

デバイスのカスタマイズ画面

設定したいボタンを選択して、ボタンにショートカットをカスタマイズができます。

ボタンを選択するとカスタマイズ可能な機能がズラーっと表示されます。

例えば、ショートカットキー・音量の調節・画面のキャプチャなど、様々なショートカットをボタンに割り振ることが可能

私自身ショートカットキーを各ボタンに設定していますが、キーボードを使わなくともボタン一つで操作できて快適です。

ジェスチャー機能の設定

Logicool Optionsに対応しているロジクールマウスは、ジェスチャーボタンの設定が可能になっています。

ジェスチャーボタンとは

ボタンを押しながらマウスを上下左右に動かせば、1つのボタンに最大5つまでのショートカットを設定できる機能

ポイント&スクロール」タブに変更すれば、ポインタの速度・スクロール速度の詳細な設定もできます。

アプリケーションごとにカスタマイズできる

各アプリケーションごとによく使うショートカットキーなどが違う場合がありますよね。

Logicool Optionsでは、アプリケーションごとにマウスなどの設定をカスタマイズができます

アプリケーション固有の設定」をオン→「アプリケーションを追加」→カスタマイズしたいアプリケーションを選択

任意のアプリを再設定したい場合は、「すべてのアプリケーション」から追加されているアプリを選択すれば再設定ができます。

自身の環境に合わせて、アプリ別に設定できるのもLogicool Optionsの魅力的なポイントです。

Logicool Flowでよりシームレスな環境を設定する

Logicool Flowを使えば、デバイス間のファイル共有やマウスの切り替えボタンを押さなくても自動でデバイスの切り替えができます。

Logicool Flowの設定方法を解説していきます。

step
1
パソコン同士にLogicool Optionsをインストールする

Logicool Flowを使用する場合は、お互いのパソコンにLogicool Optionsがインストールされていないと使用できないので注意しましょう。

step
2
同じマウスでペアリングをする

Flowを設定したいパソコンに一つのマウスでペアリングされているか確認しましょう。

step
3
同じネットワークで接続

Logicool Flowを使用するパソコン同士を同じネットワークに接続します。

step
4
Flowを有効化する

Logicool Optionsを開いて、「Flow」タブ→「FLOWを有効化」を選択。

設定中にわからなくなった場合は、「セットアップ方法」から確認できます。

step
5
Flowの設定をする

Flowのセットアップが完了したら、パソコンの位置や切り替えするディスプレイの位置など、詳細な設定ができます。

Logicool Flowのセットアップ方法

トラブルシューティングFlowを使ってコピペができない場合

Flowを使用してコピペができない場合は、ファイアウォールが原因の可能性があるのでシステム環境設定を確認してみましょう。

システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「ファイアウォール」タブを選択→「ファイアウォールオプション」→Logicool Optionsが「外部からの接続を許可」になっているかチェック。

もしFlowを使用していてコピペができない場合は試してみてください。

Logicool Optionsで快適な作業環境を手に入れよう

今回はLogicool Optionsの機能や設定方法を紹介しました。

ロジクールマウスには、複数のボタンが搭載されているマウスが多数ラインナップされています。

Logicool Optionsを使えば、各ボタンによく使うショートカットキーを設定できる他、ボタンの数が足りない場合はジェスチャボタンを使って拡張することが可能です。

ロジクール製品を購入したら、Logicool Optionsで自分好みのカスタマイズをしてみましょう!

ロジクールマウスのおすすめ関連記事

ガジェット パソコン周辺機器

2019/10/6

ロジクールマウスのおすすめをコスパが良いマウスからプロ仕様までピックアップして紹介!

ガジェット パソコン周辺機器

2019/10/6

ハイエンドマウス『ロジクール MX Master 2S』をレビュー!高性能で快適な操作性…まさに神マウス!

ガジェット パソコン周辺機器

2019/10/6

「ロジクール MX Anywhere 2S」購入レビュー!場所を選ぶことのない操作性を誇るハイパフォーマンスなワイヤレスマウス。

  • この記事を書いた人

鳴神 優

ガジェットを中心に世界中の良いモノ善きコトを発信しています。 〝誰かのため〟に情報マガジン『USEFUL TIME』で記事を執筆中。

-ガジェット
-

Copyright© USEFUL TIME , 2019 All Rights Reserved.