Amazonブラックフライデー|目玉商品を紹介!記事はこちら

アットアロマのファンディフューザー「コウ」をレビュー|好きな空間だけアロマを楽しめるアロマディフューザー

  • URLをコピーしました!

作業環境を快適にするにはリラックスしながら集中できる空間づくりが大切。

目を疲れにくくするライト、気分を上げる音楽。私は作業するときには必ず香りで気持ちをスイッチしています。

無印良品のアロマストーンを愛用していましたが、好きなウッド系オイルの香りが出ずに悩んでいたんですよね。

そんなときにアットアロマのアロマディフューザー 「コウ」と出会い購入しました。

アットアロマ コウ|おすすめポイント
  • 好きな空間をピンポイントで香らせる
  • コンパクトで置く場所に困らない
  • 電池駆動でコードレス使用可能
  • 約20分のオートオフ機能搭載
  • モータ音もなく静音

私のデスク環境には欠かせない香りの空間デザイン

コウはアロマを気軽に楽しみたい人にピッタリのアロマディフューザーです。

デザインもシンプルでコンパクトですし、電池で駆動するので置く場所には困らず便利。

今回はアロマディフューザー「アットアロマ コウ」をレビューします。

Contents

@aroma(アットアロマ)とは

@aroma(アットアロマ)は様々なアロマ製品を取り扱い、有名ホテルのアロマ空間デザインを手掛けるアロマのスペシャリスト

実際に店舗に足を運ぶと、様々なアットアロマだけの香り豊かなエッセンシャルオイルがズラリ

好みの香りを店頭スタッフにご相談してみたところ、素敵な香り漂うオイルを親身になってご提案していただけました。

ゆう

素敵な香りと出会えて感謝です!

アットアロマが扱うエッセンシャルオイルは100%天然エッセンシャルオイルなので、安全かつ品質の良いオイルを手に入れたい人におすすめ。

アットアロマ|選べる機能
  • リラックス
  • リフレッシュ
  • 空気清浄・消臭
  • 集中
  • 眠り
  • ビューティ
  • マインドフルネス
  • おもてなし

オンラインでオイルを選ぶとなかなか選びづらいですが、機能に合わせてオイル選びが可能です。

アロマ初心者の人にでも選びやすいので、自分だけの素敵な香りと出会うにはピッタリのお店

\高品質のエッセンシャルオイルを探す/

@aroma(アットアロマ)「コウ」|詳細

@aroma(アットアロマ)のアロマディフューザー コウの詳細を紹介します。

価格3,300円
寸法65mm×65mm
重量94g
カラー・ホワイト
・ブラウン
電源・micro-USB
・単4電池×2本
※充電式の乾電池でも駆動可能
自動停止機能
(電池使用時)
約20分で使用停止
最大拡散範囲約5畳
コウ|詳細

コウはコンパクトでデスクや寝室のベッドサイドに最適なアロマディフューザー

専用パッドにオイルを垂らすだけで使用できるので、本体の清掃は必要ないですし手軽にアロマを堪能できます。

電池で使用する際は約20分間しか使用できないですが、USBケーブルで接続すれば連続運転が可能

ゆう

寝室で使用するときは電池駆動で使用すれば切り忘れの心配無用!

どんな場所でもお気に入りのオイルを気軽に楽しみたい人にピッタリのアロマディフューザーです。

@aromaが扱うアロマディフューザー一覧

アットアロマには、場所・用途に応じて選べるアロマディフューザーを販売しています。

スクロールできます

コウ

ワン

ソロ

オーブ
価格3,300円9,900円19,800円8,800円
最大拡散範囲5畳20畳40畳40畳
方式ファンネブライザーピエゾネブライザー
オートオフ電池使用時のみ最大20分約2時間約12時間約2時間
電源USBケーブル
単4電池×2本
充電タイプ
USBケーブル(充電)
USBケーブルUSBケーブル
アットアロマ|アロマディフューザー一覧

アットアロマで扱っているアロマディフューザーは全部で4種類

スクロールできます
タイプメリットデメリット
ファン・静音
・リーズナブル
・お手入れが簡単
・気軽に使用できる
・拡散範囲が狭い
・香りを変えるごとにパッドの交換が必要
ピエゾ・静音
・拡散範囲が広い
・一度に多くのアロマを入れておける
・アロマの香りを変えるのが面倒
・専用のオイルベース液が必要
ネブライザー・火や熱を使わずに安全
・広い空間で使用するのにおすすめ
・アロマそのものの香りを楽しめる
・水を使用しないからカビの心配なし
・モーター音がする
・定期的に手入れをする必要あり
・アロマオイルの消費が激しい
アロマディフューザー|方式特徴

リビングなどの広い空間ではピエゾ式・ネブライザー式。寝室やトイレなどの狭い空間ではファン式のアロマディフューザーを選ぶのが最適。

アットアロマには狭い空間から広い空間で使用できるアロマディフューザーがあるので比較しながら購入しましょう。

one(ワン)

one(ワン)は、ネブライザー式の充電式アロマディフューザー

最大拡散範囲は6畳〜20畳まで対応

最大の魅力は充電式なのでコードレスで使用できます。約5時間の充電で中モードであれば約40時間の使用可能です。

使い方は10mlオイルをそのまま取り付けて使用するだけ。

お手入れは月1回程度で済むので、今までディフューザーを使用するのが億劫だった人に最適な一台。

solo(ソロ)

solo(ソロ)は専用のピエゾアロマオイルを使用する静かなピエゾ式のアロマディフューザー

透明で美しい容器はオイルの残量を確認しやすく、白色LEDを搭載しているので間接照明として使用できます。

最大40畳までの拡散範囲があり、リビングなどの広い空間で使用するにはピッタリ。

一度に100mlの専用オイルを入れておけるので、オイルを足したりするのが面倒な人に最適です。

orb(オーブ)

orb(オーブ)は、デザインが美しいネブライザー式アロマディフューザー

拡散範囲は最大40畳に対応しているので、solo同様に広いお部屋で使用するのにピッタリ。

オーブはガラス製のフラスコにオイルを入れて使用するタイプなので、スペアのフラスコを購入しておけば香りを簡単に変えられます。

フラスコには最大10mlのオイルが入ります。消費量は1時間あたり約1.0mlで、使用する際は使い切れる量を補充するのがおすすめです。

インテリアとしても美しく香りのスイッチを気軽にできるアロマディフューザーを探している人に最適。

現在オーブは出荷停止で再販時期の目処は立っていません。

@aroma(アットアロマ) コウをレビュー!

アットアロマのファンディフューザー「コウ」をレビューしていきます。

同梱物
  • 取扱説明書
  • オイルパッド×2枚
  • コウ 本体
  • USBケーブル

約1mのMicro-USB to USB Type-Aケーブルが付属

正面
背面

正面には電源を入れると点灯するLEDライトが搭載。

背面にはUSBコネクタ・電源ボタンとシンプルな設計です。

私が購入したコウはデスクに合わせてブラウンを購入。

光沢のないプラスチック素材を使用しているので、インテリアとしても馴染みやすいです。

ボトム部分には滑り止めのシリコンと吸気口を搭載しています。

手のひらサイズでコードレスなアロマディフューザー

コウはコンパクトで電池を使用すればコードレスで使用可能

手のひらサイズのアロマディフューザーなので、寝室やデスクに置いておいても場所を取らずに置き場所に困りません。

ボトム部分の蓋を外して単4電池を2本入れれば、電源を入れると最大20分間使用できます。

就寝前の使用でも自動で電源が切れるので、アロマの香りを切り忘れの心配をせずに使用できて安心。

USBケーブルで接続することで連続使用が可能

アットアロマのアロマディフューザーを試しに使用したかったのでビギナー向けのコウを購入しましたが、作業中の使用では電池駆動の20分間では物足りません

ゆう

コードレスで長時間使用できるのが理想…

コードレスで使用したい人は、充電式アロマディフューザー one(ワン)を購入した方が間違いがないです。

ボタン一つで好きなアロマ空間に瞬間スイッチ

コウの使い方はオイルを垂らして電源ボタンを押すだけで好きな香りを楽しめます。

コウの使い方

STEP
トップカバーを外す

まずはコウのトップカバーを外します。

STEP
オイルパッドにオイルを滴下

専用のオイルパッドに好きなエッセンシャルオイルを3~5滴滴下してします。

オイルの垂らしすぎは故障の原因に繋がるので、使用する際は適量使用するようにしてください。

香りが弱くなったら数滴ずつ滴下するようにしてください。

STEP
トップカバーを取り付けて電源を入れる

トップカバーを爪に合わせて時計回りにカチッと音が鳴るまで回します。

使用するときは背面の電源ボタンを押すだけ。※停止する時は再度電源ボタンを1回押せば電源オフ。

電源を入れるとLEDが点灯して好きなアロマ空間を楽しめます。

オイルパッドは洗って再利用ができないので、香りを変えたり汚れが目立ったら交換するようにしてください。

ファンタイプのディフューザーは洗って手入れをする必要はなく、パッドを交換するだけなのでお手入れが面倒な人でも使いやすくておすすめです。

静音で程よい香りに包まれるディフューザー

コウを実際に使用してみると、電源を入れて数秒で心地の良いアロマの香りが漂ってきます

デスク上で使用していますが、作業スペースの周囲だけがふんわりと程よい香りに包まれます。

何よりも空気の力でオイルの香りを楽しめるので、香りが残りすぎなくてとても快適。

私がコウと一緒に購入したオイルは、アットアロマで販売している「禅」を購入しました。

なかなか香りの出にくかったヒノキの香りもコウではしっかりと感じられます

モーター音の大きさを計測してみましたが、全くと言っていいほど無音。

寝室で使用してもモーター音が煩わしいと感じることはないです。

@aroma(アットアロマ) コウレビュー|まとめ

初めてのアロマディフューザー選びには気軽に使用できるコウがコンパクトで最適

限られた空間だけをアロマの香りで包み込みたい人におすすめしたいアロマディフューザーです。

メリット
デメリット
  • ピンポイントで香らせられる
  • お手入れいらず
  • リーズナブル
  • コンパクト
  • 静音
  • コードレスで長時間使用できない
  • パッドを交換で費用がかかる
  • 広い範囲で拡散できない

コードレスで使用する際は約20分しか使えないのが残念。コードレス環境で長時間使用したい人には不向きな製品です。

ゆう

デスクでは充電式アロマディフューザー ワンを導入する予定でいます!

火や水を使用しないので安心してベットサイドで使用できるので、就寝時にちょっとだけ使いたいという人にはピッタリ。

今回は好きな空間だけアロマの香りを楽しめるファンディフューザー「アットアロマ コウ」をレビューしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents