Apple iPad

しっかり固定できるiPad Pro専用USB-Cハブ「HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub」をレビュー!

接続するだけで簡単にポートを拡張できるUSB-Cハブ。

iPad Proをより便利に使うためには、USB-Cハブは必要不可欠。

今回は、しっかり固定ができて充電しながらデータ転送もできるiPad Pro専用設計の一体型USB-Cハブ「HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub」を紹介

レビューのポイント

  • iPad Proに接続するだけで6ポート拡張可能
  • ケーブル型と一体型のUSB-Cハブの使い方ができる
  • iPad Proにしっかり固定できる一体型USB-Cハブ
  • iPad Proにガラスフィルムを貼り付けてても使用できる
  • MacBook Proにも使用が可能

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubは、とにかく薄く軽量で持ち運びに最適なUSB-Cハブ。

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubを一つ持っていれば、iPad Proのポート不足の悩みを解決できる便利なアクセサリーです。

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub

iPad Proのポート拡張にHyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubを購入しました。

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub
価格9,570円(税込)
重量33.5g
サイズ30.5mm(奥)×93mm(幅)×9mm(厚)
カラー
  • シルバー
  • スペースグレー
搭載ポート
  • HDMI(4K対応)
  • SD/Micro SD
  • USB3.1
  • 3.5mmイヤホンジャック
  • USB-C(USBPD対応)

海外のクラウドファンディングで絶大な支援を募ったHYPERの人気商品でもある、HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub。

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubの特徴

  • コネクタを交換できる2Wayタイプ
  • USB PD(最大60W)対応
  • パススルー対応で充電しながらデータ転送が可能
  • 薄さわずか1cm

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubは一体型のUSB-Cハブに加えて、延長アダプターに交換できる2WayタイプのUSB-Cハブです。

一つのハブで6種類のポートを簡単に拡張できる上に、USB PD(最大60W)で充電も可能。

Apple純正Smart FolioやSmart Keyboard Folioを装着したまま使用できるのも嬉しい設計です。

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubをレビュー!

スリムで軽量なiPad Pro専用設計のUSB-Cハブ「HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub」をレビューしていきましょう!

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubの付属品

同梱物

  • HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub
  • 取扱説明書/保証書
  • 予備ネジ
  • 延長アダプター
  • ガラスフィルム装着用アダプター
  • プラスドライバー

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubを手にとって感じたことは、とにかくスリムで軽いこと。

エッジの効いたデザインも最高にクールでカッコいいです!

私が購入したHyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubはスペースグレー

iPad Proと同色を選びましたが少しシルバーよりのカラー。

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubを装着するとロゴが背面にくるのも嬉しいポイントです。

iPad Proに接続するだけで簡単に6ポート拡張できるUSB-Cハブ

iPad Proに接続するだけでポート数を拡張できるのも、USB-Cハブを一つ持っておくメリットです。

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubの5つのポート

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C HubのHDMIポート

搭載ポート

側面

  • SDカードスロット
  • micro-SDスロット
  • イヤホンジャック
  • USB-Cポート
  • USB3.1

上部

  • HDMI

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubを一つ購入すれば、iPad Proに足りないポートを全て拡張可能です。

iPad Proを充電しながらでも5Gbpsでデータ転送もできますし、外部出力もHDMI端子が上部に搭載しているのでかなり便利ですね。

ここに注意

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C HubのHDMIは4K30Hzに対応していますが、iPad Proは4K30Hzに非対応。

iPad Proから出力されるのは、2K60Hzが最高ビデオ出力になるのでご注意ください。

とにかく軽く薄いUSB-Cハブで持ち運びに便利

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubの特徴の一つとして、わずか1cmの薄さと持ち運びに便利なところもポイント。

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubは、6ポート搭載のUSB-Cハブとはいえめちゃくちゃコンパクト

 

重量は延長アダプターを装着してもわずか42.4gとかなり軽量

アダプターで固定できるとはいえ、USB-Cポート1つで接続するUSB-Cハブとしてもこの軽さであれば、接続したままでも安心して使用できます。

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubは、外出先でも大活躍してくれる心強い味方です!

Smart Folioを装着したままでもがっちり接続できる

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubには独自に開発されたジョイントで、iPad Proにしっかりと固定しながら接続ができます

私が使用しているiPad Proにはペーパーライクフィルムを貼り付けていますが、本体を傷つけることなくがっちり接続できました。

iPad Proを裸の状態でHyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubを使用すると、USB-Cハブが出っ張ってしまいます

Smart Folio装着時:表面

Smart Folio装着時:裏面

 

もちろんSmart Folioを装着したままでも問題なく使用できます

Smart Folioを装着した時にカバーをめくる部分が多少干渉していますが、オートスリーブ機能も使えますしSmart Folioのマグネットが弱くなることはありませんでした。

Smart Folioを使用すればHyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubが出っ張らずに、平置きしてもフラットに使用できます。

iPad Proにガラスフィルムを使用している人でも、専用のアダプターに交換するだけでHyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubを接続可能

Use WITHOUT Screen Protector:保護フィルム/フィルムなし

Use WITH Screen Protector:ガラスフィルム

アダプターを変えれば多種多様な使い方が可能

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C HubはiPad Pro専用の一体型のUSB-Cハブですが、付属の延長アダプターに取り替えればMacBook Proでも使用可能です。

MacBook Proと併用したい人にも、ケーブルの長さが10cmほどの延長ケーブルに交換できる2WayタイプのUSB-Cハブなのでかなり便利。

自身の環境に合わせた用途でアダプターが交換できるのも、HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubの魅力です。

アダプターを変えるのにネジでの取り外しが面倒なのがデメリット…

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubはアダプターを交換するだけで多種多様な使い方ができますが、アダプター交換がめんどくさいことがデメリット

アダプターには二つの小さなネジで固定されているため、アダプター交換にはネジを外して交換しなくてはなりません

アダプターの仕様もリバーシブルで交換できないため、アダプターとネジ穴部分の形状を確認してからの交換が非常にめんどう…

iPad Pro専用として使用する人にとってはアダプターを交換する機会はあまりないと思いますが、もう少し簡単に交換できたら良いのですが…

USB PD対応でパススルー機能搭載なのでそのまま急速充電が可能

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubは最大60WのUSB PD対応のパススルー機能搭載なので、充電しながらデータ転送が可能です。

MacBook Proでのデータ転送スピード

実際にスピードクラスがClass 10のSDカードを使用してデータ転送スピードを計測してみました。

Class10の理論値での最低速度が10MB/sなので、これだけの数値がで手入れ問題なく使用できます。

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubを接続してMacBook Proを充電した時の出力

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubは最大60WのUSB PDに対応とのことでしたが、MacBook Proを実際に充電してみると49Wで認識されていました。

MacBook Pro充電時の充電出力

MacBook Pro

 

充電出力テストもしてみましたが48Wほどしか出力されていませんでした。

充電出力的には十分ですが、できれば60Wでの充電に対応していればよかったのですが…

iPad Pro充電時の充電出力

iPad Pro 11インチ

 

iPad Pro 11インチモデルでも充電出力テストをしてみましたが、iPad Proの方は30W近くまで出力されていることが確認できました。

MacBook Proでは残念な結果ですが、iPad Proでの充電では十分な充電が可能。

外出先でも家での使用でも大活躍してくれる6in1USB-Cハブ!

iPad Proのポート不足を解消するには、USB-Cハブを一つ持っていれば解決できます。

iPad ProだけではなくMacBook Proにも使用できるHyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubを1台持っておけば、ポート不足に悩む必要はありません。

こんな人におすすめ

  • ポート不足の悩みを解消したい
  • 充電しながらデータ転送可能なUSB-Cハブが欲しい
  • 一体型だけではなくケーブル型のUSB-Cハブとして使用したい
  • 持ち運びにコンパクトなものを探している

MacBook Proへの充電出力が残念な結果になってしまいましたが、外出先で使用するには十分な仕様なので全く問題ありません。

iPad Proだけではなくアダプターを交換するだけで柔軟な使い方ができるのも、HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubをオススメしたいポイントです。

今回は、iPad Proにしっかり固定できる1台6役のUSB-Cハブ「HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub」をレビューしました。

  • この記事を書いた人

鳴神 優

ガジェットを中心に世界中の良いモノ善きコトを発信しています。 〝誰かのため〟に情報マガジン『USEFUL TIME』で記事を執筆中。

-Apple, iPad
-, , ,

Copyright© USEFUL TIME , 2020 All Rights Reserved.