2021年ベストバイガジェットを紹介!記事はこちら

musashino LABEL(武蔵野レーベル)Silicon Cover for WF-1000XM4 レビュー|なめらかな手触りのホコリがつきにくいシリコンケース

  • URLをコピーしました!

WF-1000XM4を使用していてケースの耐久性に不安を感じいる人であれば、衝撃吸収に優れたシリコンーケースを選ぶのがベスト

WF-1000XM4のケース選びに迷っている人にご紹介したいのは、なめらかな手触りのシリコンケース「musashino LABEL(武蔵野レーベル)Silicon Cover for WF-1000XM4」を紹介

Silicon Cover for WF-1000XM4|おすすめポイント
  • ホコリがつきにくい
  • すべすべな手触り
  • 弱いヒンジ部分を保護
  • ワイヤレス充電に対応

シリコンケースを使用する上でホコリがつきやすいのが悩みの種でした。

シリコンケース|デメリット
  • ホコリがつきやすい
  • 指紋などの汚れが目立つ

武蔵野レーベルのシリコンケースは、ホコリがつきにくくシルキータッチ加工で手触りは最高

何よりもヒンジ部分のサポートをしてくれるので、貧弱なヒンジ部分に対する不安を払拭してくれるシリコンケースでした。

今回は、WF-1000XM4シリコンケースの決定版musashino LABEL(武蔵野レーベル)Silicon Cover for WF-1000XM4」レビューしていきます。

Contents

musashino LABEL(武蔵野レーベル)Silicon Cover for WF-1000XM4

musashino LABEL(武蔵野レーベル)Silicon Cover for WF-1000XM4の詳細を紹介していきます。

価格1,620円
重量約20g
カラー・ブラック
・ネイビー
・ホワイト
素材シリコン
ワイヤレス充電対応
musashino LABEL Silicon Cover for WF-1000XM|詳細

記事冒頭でもあった通り、musashino LABEL Silicon Coverはホコリがつきにくいシリコンケース

安すぎるシリコンケースは品質が悪かったりして手触りが好ましくないものがあるのが悩み。

他社メーカーのシリコンケースと比べると高く感じますが、武蔵野レーベルのシリコンケースは国内メーカだけあって高品質で後悔のない買い物ができます。

様々なオーディオアクセサリーを扱う武蔵野レーベルのシリコンケースは、WF-1000XM4を長く使いたい人に最適です。

関連記事 SONY WF-1000XM4レビュー!どんな場所でも最高の環境と高音質な音楽を楽しめる完全ワイヤレスイヤホン。

musashino LABEL(武蔵野レーベル)Silicon Cover for WF-1000XM4をレビュー

musashino LABEL(武蔵野レーベル)Silicon Cover for WF-1000XM4をレビューしていきます。

直径4.5mmほどストラップホールが搭載。用途に合わせてリールホルダーなどを取り付けれられるので、外出先で使用する人にとって便利。

musashino LABEL Silicon Coverは1ピースタイプのシリコンケース

WF-1000XM4のフタ側は滑りにくいシリコン素材なので、充電ケースを開閉しても簡単に外れることはありません。

WF-1000XM4の充電ケースと比較してもマットな仕上がり。シリコンケースとはいえチープさを感じさせずに使用できるので好印象。

保護性能抜群で手触りが良くホコリがつきにくい

musashino LABEL Silicon Coverは柔らかく弾力があって手触りがいいシリコンケース

厚みは約2mmほど。弾力があり落下時の衝撃から守ってくれる安心感があります。

シルキータッチ加工が施されているので、なめらかな手触りで指紋がつきにくいです。

シリコンケースでブラックを選ぶとホコリがつきやすく目に留まってしまうのが悩み

musashino LABEL Silicon Coverは、今まで使用したシリコン製品と比べるとホコリがつきにくく気になるほどの汚れを感じません

WF-1000XM4のヒンジ部分をしっかり保護してくれますし、ケースを開く時の緩衝材代わりになって充電ケースのヒンジ部分に抱える不安を払拭してくれます。

開閉やケーブルの干渉は問題なしでワイヤレス充電に対応

musashino LABEL Silicon CoverをWF-1000XM4に着用しても、ケーブルでの充電やケースの開閉時に干渉せずに使用できます。

充電ケースからはみ出すことなくピッタリとフィットしてケースの開閉は問題なくできます。

ただ充電ケースが閉まりやすくなってしまうのが気になる部分。

ゆう

イヤホンをしまう時に少しストレスを感じました…

付属のケーブル
Anker製

WF-1000XM4に付属しているUSB-Cケーブルはもちろん、Anker製のケーブルも干渉せずに接続できました。

干渉しないのは使用する上で必須なんですが、面取りされたホールのおかげで抜き差しがしやすくて嬉しい設計

WF-1000XM4にはワイヤレス充電が欠かせないので、ケーブルレス環境で充電をしている人にとってチェックしておきたいところ。

マルチデバイス対応のマグネット式ワイヤレス充電スタンド「NATIVE UNION Snap 2-in-1 Magnetic Wireless Charger」を使用して充電してみましたが問題なくワイヤレス充電が可能でした。

関連記事 NATIVE UNION Snap 2-in-1 Magnetic Wireless Chargerをレビュー|マルチデバイス充電可能な高級感あるマグネット式ワイヤレス充電スタンド

LEDインジケータが見にくい

厚さ2mmのシリコンで保護性能は抜群なんですが、WF-1000XM4のLEDインジケーターが見にくいのが難点

ケースなし
ケースあり

WF-1000XM4を斜め上から見た状態だとランプ表示を全く確認できません

ケースなし
ケースあり

正面から見たらシリコンケースを着用した状態でも確認ができます。

WF-1000XM4は使用時にイヤホンの状態を音声で確認できますが、充電ケースのランプ表示を確認できる視野角がもう少しあったら使いやすかったのですが…

ゆう

充電残量を確認するぐらいしか使わないけどもう少し見えやすかったら…

musashino LABEL(武蔵野レーベル)Silicon Cover for WF-1000XM4レビュー|まとめ

WF-1000XM4の充電ケースをしっかり守るにはシリコンケースが最適。

数多くのシリコンケースが販売されていますが、musashino LABEL Silicon Coverは間違いない選択ができるシリコンケースです。

メリット
デメリット
  • ワイヤレス充電対応
  • なめらかな手触り
  • ホコリがつきにくい
  • 指紋がつきにくい
  • 保護性能抜群
  • 比較的価格が高い
  • ランプ表示が見にくい

ホコリや指紋がつきにくくさらさらな質感なので、ホコリがついても軽く手で払えば簡単に取り除けます。

今までシリコンケースは避けてきましたが、musashino LABEL Silicon Coverはシリコンケースに対する偏見を拭ってくれたケースでした。

今回はWF-1000XM4のシリコンケースにピッタリなmusashino LABEL(武蔵野レーベル)Silicon Cover for WF-1000XM4」をレビューしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents
閉じる