2023年ベストバイ公開中!ここからチェック!

Ulanzi LT028 40Wをレビュー|バッテリー内蔵で場所を選ばずに使用できる持ち運びに最適なポータブルLEDビデオライト

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

写真や動画撮影時のライティングに必要不可欠なビデオライト。

ワット数の高いビデオライトはACアダプターで電源供給するものが多く、使い勝手が悪いのが悩みだったりします。

光量も持ち運びやすさも欲張りたい人に、バッテリーを内蔵した40W出力のポータブルLEDビデオライト「Ulanzi LT028 40W」を紹介

Ulanzi LT028 40W
  • コンパクトで持ち運びに最適
  • コンパクトでも40Wと高出力
  • 高CRI&TLCIで色の再現度が高い
  • リフレクターなど拡張アクセサリーが使える
  • 内蔵バッテリー搭載でケーブルレスで使える
  • 充電はUSB-Cではなく電源アダプター

Ulanzi LT028 40Wは、内蔵バッテリーを搭載してケーブルレスで使用できるコンパクトで高出力なポータブルLEDビデオライト。

しかも価格も1万円台で購入できるほどリーズナブルで、撮影環境をワンランク上げたい人に最適です。

今回は、コンパクトで持ち運びに最適なポータブルLEDビデオライト「Ulanzi LT028 40W」をレビューします。

この記事はメーカー様よりご提供いただき、率直なレビューを元に作成しています。

Contents

Ulanzi LT028 40W ポータブルLEDビデオライト

Ulanzi LT028 40W ポータブルLEDビデオライトの詳細を紹介していきます。

価格13,999円
重量460g
出力40W
LEDバイカラーテンパラチュアCOB LEDビーズ
CRI指数
TLCI指数
CRI指数:≧95
TLCI指数:≧96
色温度2500〜6500K
光量(ルクス)最大13,260ルクス
駆動方式アダプター(19V / 3.42A)
内蔵バッテリー(14.8V / 3400mAh)
充電時間約3時間
駆動時間最大輝度:≧75分
最小輝度:≧5時間
スレッドホールサイズ1/4インチスレッドホール
対応マウントミニボーエンズマウント
※ボーエンズマウントとは互換はありません
Ulanzi LT028|スペック

Ulanzi LT028 40Wは高出力で色再現度の高い光源に、バッテリーを内蔵した持ち運びに最適なポータブルLEDビデオライト。

驚くべきは手のひらに乗るほどのサイズなのに、40W出力と被写体を明るく照らしてくれるほど高出力。

CRI指数とTLCI指数も非常に高く、被写体をより正確な色再現度で撮影ができます。

クリックすると開きます

CRI指数とTLCI指数とは?

CRI指数:光源が被写体への色再現度を評価するための数値。数値が高ければ高いほど、照らされた対象の色の鮮明さが自然な見え方をします。

TLCI指数:TLCI指数はカメラが照明下で対象の色をどれだけ正確に捉えられるかの数値。視覚的にもカメラで撮った写真や動画をよりリアルに映し出せます。

比較的静かな冷却ファンも搭載しているので、熱で停止することなく最大輝度で最大75分も連続使用が可能

リフレクターやディフューザーも付属して1万円台で購入できるCOB LEDビデオライトなので、手軽に撮影環境をアップグレードしたい人に最適です。

Ulanzi LT028 40W ポータブルLEDビデオライト|レビュー

Ulanzi LT028 40W ポータブルLEDビデオライトをレビューしていきます。

同梱物
  • LT028 40W本体
  • 電源アダプター&充電用ケーブル
  • ミニリフレクター
  • ミニディフューザー
  • 取扱説明書

Ulanzi LT028 40Wには広範囲かつ多重影ができにくい、バイカラーテンパラチュアCOB LEDビーズを採用。

ヒートシンクと冷却ファンも搭載しているので、放熱性能にも優れたビデオライト。

背面には、ディスプレイに加えて電源ボタンや色温度/輝度を調節するダイアルを搭載しています。

CCT:ダイアルを回す色温度/モードの切り替え
CCT:ボタンを押すシナリオエフェクトモード
DIM:ダイアルを回す輝度調整
Ulanzi LT028 40W|操作方法

ディスプレイは操作時にバックライトが付くようになっているので、暗い環境での操作でもわかりやすいです。

充電方式はACアダプターのため、少し取り回しが面倒なのがネック。USB-Cでの充電に対応していたらかなり便利だなと感じました。

ミニボーエンズマウントを採用で拡張アクセサリーが使用できる

Ulanzi LT028 40Wには、ミニボーエンズマウントに対応しているソフトボックスなどの拡張アクセサリーを装着できます。

装着方法は至って簡単で、本体とアクセサリーにある凹凸を合わせてクルッと回すだけ。

ただ注意して欲しいのが、ボーエンズマウントとは互換性がないため、Ulanziから出ているミニボーエンズに対応するアクセサリーじゃないと取り付けができません。

ミニボーエンズ対応アクセサリー

スクロールできます
4枚葉バンドア

価格:999円

30cm八角形ソフトボックス

価格:3,999円

30cmマウントランタン ソフトボックス

価格:3,499円

他メーカーのアクセサリーと互換性がないとはいえ、ある程度は必要な拡張アクセサリーを購入できるので、ぜひチェックしてみてください。

付属のシリコンディフューザーはリフレクタに被せるようにして装着します。

リフレクターとディフューザーを装着してもかなりコンパクト。

もちろん重さも623gとかなり軽量なので、持ち運び用や室内の狭い空間でも使いやすくて便利です。

三脚につけて使用できて内蔵バッテリーでケーブルレス

ボトム部分には三脚などに取り付けられるように、1/4インチスレッドホールを搭載しています。

もちろんそのまま三脚に付けるのもいいのですが、スレッドホール少し見えにくく準備に手間取ってしまうのがネック。

こういう時はFalcam F38のようなクイックリリースがあれば、悩みを解決してくれます。

もちろんクイックリリースを使用しても干渉をせずに使用ができるので、Ulanzi LT028 40Wとカメラを素早く切り替えたいって人に便利です。

今回はUlanzi TT09 VideoGo(F38システム)も一緒に提供してもらっていますが、クイックリリースが搭載されている三脚を多く取り扱っているので一緒にチェックしてみてください。

Ulanzi LT028 40Wには内蔵バッテリーが搭載しているので、わざわざACアダプターを使用しなくても最大5時間も続けて使用できます。

ACアダプターを使いながら内蔵バッテリーの充電も可能なので、場所を選ばず用途に合わせた使い方ができるビデオライトです。

色温度や輝度調整ができて拡張マウントで

Ulanzi LT028 40WはバイカラーテンパラチュアCOB LEDビーズを採用しているので、色温度の調整をしつつ明るく被写体を照らしてくれます。

2500K
6500K

色温度の調整は2500K〜6500Kまで調整が可能。

1%
100%

明るさの調整は無段階で調整ができるので、撮影時に微調整したい人にも最適な1台。

スクロールできます
なし
リフレクターのみ
リフレクターとディフューザー

付属のリフレクターなどを使用してみましたが、影のシルエットも自在にコントロールできます。

ディフューザーを使うと光量が少し弱くなりますが、それでも均一に照らして影が柔らかく現れるので、人でも物でもワンランク上の写真や動画の撮影が可能です。

ゆう

最初からこのセットが入っているのはカメラ初心者からすると嬉しすぎます…!

シナリオエフェクトモードでクリエイティブな撮影ができる

CCTのボタンを押すとシーンの切り替え

Ulanzi LT028 40Wにはシナリオエフェクトモードといった、8つのクリエイティブな撮影を支えてくれるモードを搭載しています。

シナリオエフェクトモード|一覧
  • ライトニング
  • TV
  • ろうそく
  • フォルトバルブ
  • ストロボ
  • パパラッチ
  • 緊急ダブルフラッシュ
  • ハイビーム/ロービームバルブ

基本的に静止画の撮影などでは使用頻度の少ないモードですが、YouTubeなどのバックライトとして活躍してくれる機能。

YouTubeをやっている人や動画作成時にムードを大切にしている人は、シナリオエフェクトモードを使えば視覚効果でクオリティの高い動画を作ることだって可能です。

冷却ファンの音も近寄らなければ気にならない

Ulanzi LT028 40Wは冷却ファンを搭載していますが、動画撮影をしている人にとってはファンの音が気になるところ。

実際に計測してみましたが、かなり近寄った状態で48dbと図書館内と変わらないくらいの数値でした。

Ulanzi U-Mic AM18を使用してファンの音を収録してみましたが、かなり近づかないと気にならないくらいのノイズでした。

マイクの位置からUlanzi LT028 40Wにもよりますが、このくらいであれば動画撮影時にそこまで影響は出ないレベルなので、動画撮影時でも最適なビデオライト。

AM18のレビューはこちら!

Ulanzi LT028 40W ポータブルLEDビデオライト レビュー|まとめ

今までACアダプターに繋がなくては電源を取れないビデオライトを使用してきましたが、とにかく準備が面倒で簡単な撮影でも腰が重かったんですよね。

Ulanzi LT028 40Wならバッテリー内蔵でケーブルレスで使用できますし、十分な出力も備えているので気軽に使えて便利でした。

Ulanzi LT028 40W
総合評価
( 4 )
メリット
  • 内蔵バッテリー搭載でケーブルレス
  • コンパクトなサイズで持ち運びに便利
  • リフレクターなど拡張アイテムも豊富
  • 40Wと高出力
デメリット
  • USB-Cで充電ができない

USB-Cで充電ができないのは残念ですが、バッテリーが切れたとしてもACアダプターでバッテリーを充電しながら使えるので、そこまで気になることはありませんでした。

何よりもコンパクトなサイズで持ち運びに最適ですし、場所を選ばず使える使い勝手のいいビデオライトでした。

今回は、内蔵バッテリー搭載でワンランク上の撮影環境が手に入るコンパクトなポータブルLEDビデオライト「Ulanzi LT028 40W」をレビューしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents