USEFUL TIME

気になったらとにかく記事にしてみる雑記ブログ。

ライフスタイル別にオススメしたいモバイルバッテリーをまとめました。

 

f:id:designlife:20151227234008j:plain

 

年末年始やイベントによって、スマホの充電の減りが早いという方が多いと思います。

 

ゲームや音楽を聴きながら移動をしていると、充電残量が少なくなっていることがありますよね…

 

モバイルバッテリーが欲しいけど、自分に合ったモバイルバッテリーって何だろうって思う人もいるはず。そんな人のために、ライフスタイル別にオススメしたいモバイルバッテリーをまとめてみました。

 

  

モバイルバッテリーの基礎知識

 

モバイルバッテリーを選ぶ上で一番重要になるのは、容量だと思います。もちろんサイズや重さで選ぶ人もいると思いますが、「このバッテリーはスマホを何回充電できるだろう」ってどのバッテリーを買うにしても思うことですよね。

 

バッテリー容量の見方について書いていきます。

 

容量

 

モバイルバッテリーのパッケージには「iPhoneなら何回充電できます!」と、書かれているのを見かける人もいるのではないでしょうか?

 

自分が使っている端末がiPhone以外なら「自分のスマホは何回充電可能なんだろう」と、疑問に思う人も大勢いると思います。

 

バッテリーの容量についての基礎知識を紹介していきます。

 

スマホの内蔵バッテリーの容量=モバイルバッテリーの容量で充電できる回数

 

と捉える方もいると思いますが、バッテリーの構造上60%~70%くらいが充電に使用できる容量になっています。

 

携帯に充電する際には減圧が必要となり、その際の変換ロスや熱損等、色々なロスが出て、実際は60-70%程が実効容量となります。

モバイルバッテリーの使い方 | cheero

 

スマホの内蔵バッテリーの容量が2000mAhの場合、モバイルバッテリーの容量が10,000mAhだったら約3回フル充電できます。

 

計算式は→モバイルバッテリー容量×0.6

 

この計算式がモバイルバッテリーで充電できる容量だと思ってください。(使い方によります。)

 

選ぶ前にポイントを押さえておきたいという方は、cheeroさんのリンクを貼っておきますので参考にしてみてください。

 

www.cheero.net

 

ライフスタイル別のおすすめバッテリー

大容量のモバイルバッテリー

 

とにかく大容量のモバイルバッテリーを持っておきたいという人は、EC Technology 22400mAhがおすすめです。

 

f:id:designlife:20151228001954j:plain

EC Technology Portable 2nd Gen Deluxe 22400mAh 3 USB Power Bank - Black&Red

 

バッテリー容量が22400mAhもあるという、まさにモンスターバッテリー。ざっくり計算して、iPhone6sなら7回も充電できます。

 

出力ポートが3つあるのですが、各ポートごとに2.4A(iPad)・2A(samsong)・1A(iPhone)と専用の設計になっています。これだけ出力があれば、どの端末でも困ることはないでしょう。

 

キャンプ・旅先・出張先と一緒に持ち歩いても重宝しそうです。

 

 

コスパが良いバッテリー

 

コスパが良くて安心して使いたいなら、『cheero』『Anker』の2つのメーカーが良いと思います。

 

コスパ良く安心して利用できるモバイルバッテリーです。

 

「安くて高速充電に対応しているバッテリーはどれが良いの?」と悩んでいる方がいたら、迷わずこの2つのメーカーをおすすめします。

 

自分は旧モデルのcheero Power Plus 3を使用していますが、購入するのであれば新型のcheero Power Plus 3の購入しましょう。

 

旧型のcheero Power Plus 3が気になる方は、こちらのレビュー記事を参考にしてみてください。

 

 

新型のcheero Power Plus 3には、接続したデバイスを自動的に感知し最大出力2.4Aの範囲で最適な充電を行ってくれる機能がついています。

 

Anker製のモバイルバッテリーにも同様の機能が搭載されているので、「どのモバイルバッテリーを買えばわからない」という方は『Anker』『cheero』のバッテリーを購入すると良いです。

 

 

 

カバンの中をスマートに入るタイプ

 

カバンの中をスマートにしたいという方にとっては、なるべく小さくて邪魔にならないサイズのバッテリーが良いですよね。

 

機能は最低限で充電回数も1~2回フル充電できて、カバンの中に入れても邪魔にならないほうが良いという人には…

 

Anker PowerCore 5000がおすすめ!ステイック型モバイルバッテリーなので、かなりコンパクトに持ち運べるというのが最大の特徴です。

 

容量は5,000mAh。色は2色になります。

 

  • ブラック
  • レッド

 

充電回数はiPhone6sなら約2回ほど充電することが可能です。この容量の中では世界最小サイズなので、カバンやポケットに入れても邪魔になることがありません。

 

大容量のモバイルバッテリーは必要ないけど、念のためコンパクトなバッテリーを持っておきたいという人にはかなりおすすめです。

 

Anker PowerCore5000について詳しく知りたいという方は、こちらのレビュー記事を参考にしてみてください。

 

 

 

 

合わせて買いたいガジェット

USBケーブルはナイロン製がベスト

 

モバイルバッテリーを持ち運ぶからには、耐久性のあるケーブルを選ぶのがベストです。

 

耐久性に優れ、ナイロン素材で絡まりにくい『Anker PowerLine+』がおすすめ。カラバリは下記の4色。

 

  • ホワイト
  • レッド
  • ゴールド
  • グレイ

 

対応アダプターは、3種類。

 

  • Lightning
  • Micro USB
  • USB-C

 

これだけ対応アダプターがあれば、どんなスマホにも対応しているので助かりますよね。長さも4種類の中から選ぶことができます。

 

  • 0.3m
  • 0.9m
  • 1.8m
  • 3.0m

 

これだけのバリエーションがあるので、自分に合ったケーブルを選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

 

 

ポート数が多い充電器

 

スマホやタブレットでもそうですが、端末が増えるたびに電源タップに刺さる充電アダプターが増えますよね。電源タップがごちゃごちゃしてストレスが溜まりませんか?

 

多くのモバイルバッテリーは、充電用のケーブルは入っていても充電アダプターが付いていないことがよくあります。

 

1ポートしか付いていない充電アダプターを使い回すなら、充電ポートが多いものを選ぶことをおすすめします。

 

中でも、Anker PowerPortシリーズの多ポート充電アダプターが便利です。

 

Anker PowerPortの特徴として、お持ちの端末を安全なケーブルを好きなポートに差し込むだけで高速充電ができます。Anker PowerPortのレビュー記事がありますので、気になる方はぜひ参考にして見てください。

 

 

 

 

まとめ

 

モバイルバッテリーを選ぶ上で一番大切なことは、自分にあったバッテリーを選ぶことです。出張や長距離の移動が多い方は、大容量のバッテリーがおすすめ。とりあえず持っておきたいという方は、コスパの良いモバイルバッテリーを選んだ方が良いです。

 

電源タップ周りも多ポートの充電アダプターを使用することで、一段と充電環境が豊かになります。モバイルバッテリーと一緒に購入するなら、多ポートの充電アダプターは一緒に買いましょう。

 

自分にあったモバイルバッテリーの参考になればと思います。

 

それではっ!