2021年ベストバイガジェットを紹介!記事はこちら

Anker Magnetic Cable Holderをレビュー|ケーブルが必要な時にサッと使えるマグネット式ケーブルホルダー

  • URLをコピーしました!

ワイヤレス充電に対応したデバイスが増えてきたものの、どうしてもケーブルを使って充電をするデバイスが作業には欠かせません。

常にケーブルを出しておけばデスクは散らかるし、必要な時だけ準備するのも面倒なんですよね。

ケーブルをサッと取り出せてケーブル整理をしたい人に、「Anker Magnetic Cable Holder」を紹介します。

Anker Magnetic Cable Holder|おすすめポイント
  • 繰り返し使える接着面
  • ケーブルの整理整頓が簡単
  • 使いたい時にサッと取り出せる
  • マグネットで着脱できるケーブルクリップ

今まで有線充電が必要な時だけケーブルを準備しては片付けてを繰り返してきましたが、その度に作業を中断しなくてはいけないのがストレスでした。

Anker Magnetic Cable Holderは、常にケーブルをデスクに準備しておきながら使いたい時に取り出せてケーブル整理も簡単にできるマグネット式ケーブルホルダー。

今回はデスク周りをスッキリしてくれるケーブルホルダー「Anker Magnetic Cable Holder」をレビューしていきます。

Contents

Anker Magnetic Cable Holder

Anker Magnetic Cable Holderの詳細を紹介していきます。

価格1,690円
カラーブルー
ブラック
サイズ本体サイズ
約88mm(幅)×40mm(奥行き)×9mm(高さ)
接着面サイズ
約79mm(幅)×約31mm(奥行き)
クリップマグネット
対応ケーブルサイズ直径3.5mm以下
Anker Magnetic Cable Holder|詳細

Anker Magnetic Cable Holderは、マグネット搭載のケーブルクリップを装着して使用するケーブルホルダー。

常にケーブルを出したままだとデスクが散らかってしまい、かと言って片付けては取り出しての繰り返しは面倒なんですよね。

Anker Magnetic Cable Holderを使用すれば、ケーブルの整理整頓ができて取り出したい時にすぐ使えて便利

整理整頓が苦手な人でも、デスクに設置するだけでケーブルが散らかる悩みが解消されます。

ブラック

ブルー

Anker Magnetic Cable Holder|レビュー

Anker Magnetic Cable Holderをレビューしていきます。

同梱物
  • クリップ×5
  • ケーブルホルダー
  • カスタマーカード

ケーブルホルダーのカラバリは、ブルーとブラックの2色

シリコン製の本体はマットな仕上がりで、デスクの端に置いておけば目立たなくていいですね。

ただシリコン素材ということもあり、埃がつきやすく目立ちやすいです。

本体カラーに合わせたシリコン製のマグネットクリップが付属しています。

汚れても水洗いで復活する接着面

Anker Magnetic Cable Holderは、設置場所を移動できる取り外しが可能なケーブルホルダー。

保護フィルムを剥がして好きな場所に設置するだけ。

接着面が汚れても水洗いして自然乾燥させれば繰り返し使用できるので、設置場所を簡単に移動できるのは嬉しい限り。

10回まで繰り返し使用可能です。

ブラック
ブルー
対応している材質
  • 木製
  • ガラス
  • 金属
  • 磁器

FLEXISPOT製のメラミン化粧板に設置してみましたが、繰り返し使用できるとはいえ強力に接着してくれます。

力強く引っ張らなくては取れないほど強力なので、外す時は捻りながら取り外すのがコツ。

関連記事 FLEXISPOT EJ2をレビュー!快適な操作性と機能豊富なコスパが高い電動昇降スタンディングデスク

マグネット式クリップでサッとケーブルが使える

Anker Magnetic Cable Holderのケーブルクリップはマグネットタイプ。ケーブルを使いたい時にサッと取り出せて便利です。

直径約3mm
直径約5mm

ケーブルクリップは3.5mm以下のケーブルに対応しているため、高出力対応のケーブルと一緒に使用する場合は注意が必要。

Magic Trackpadに付属するケーブルでは問題なく使用できましたが、CIO製の100W充電対応でUSB3.1 Gen2 ケーブル(CIO-CCPD100W)では装着はできるものの収まりが悪いです。

もし3.5mm以上の太さがあるケーブルをよく使うという人は、マジックテープで使用できるケーブルホルダーを使用するのが最適。

高充電出力で高速データ転送対応のケーブルを使用したいという人は、ケーブルスペックは必ずチェックしておきましょう。

ケーブルが散らからずにケーブル整理に最適

現在のワイヤレス周辺機器はフル充電すればしばらく充電しなくても済むので、充電が必要な時だけケーブルを取り出して充電していました。

充電頻度が少ないというのがなかなか絶妙で、常にあると邪魔で少ない機会とはいえ準備するのが面倒なんですよね。

Anker Magnetic Cable Holderを使えば、ケーブルを出したままでも散らからずにデスクがスマート

なかなか強力な接着面のおかげで、平置きでもデスク横に貼り付けて目立たない位置で使用できるのも嬉しいところ。

忘れた頃に充電が切れるデバイスをすぐに充電できる環境は、充電のために作業を中断しなくて良くノンストレス。

使いたいケーブルにクリップをはめ込むだけでケーブル整理ができるので、ズボラな私でもキレイなデスクで作業できています。

Anker Magnetic Cable Holder レビュー|まとめ

Anker Magnetic Cable Holderを導入してから、手の届く場所にケーブルを準備しておきながら散らからずにスッキリとしたデスクで作業できるようになりました。

わざわざケーブルを準備しなくても取り出せるので、作業を中断しなくてはいけないストレスから解放されたのは嬉しい限り。

メリット
デメリット
  • 繰り返し使える
  • ケーブル整理が簡単
  • デスクが散らからない
  • 使いたい時にサッと使える
  • 汚れが目立つ
  • 太いケーブルには使えない

本体がシリコン素材なので埃などの汚れが目立ったり太いケーブルが使えないのは残念な部分ではあります。

マウスやMagic Trackpadなどで使う充電用のケーブルであれば問題なく使用できるので、私自身の環境では満足のいくケーブルホルダーでした。

今回はケーブルの整理整頓をしながら充電したい時にサッと取り出せる、マグネット式ケーブルホルダー「Anker Magnetic Cable Holder」をレビューしました。

ブラック

ブルー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents
閉じる