ガジェット 充電器

用途別に買っておきたいおすすめモバイルバッテリーと選び方のポイントを紹介!

2015年12月30日

外出先や旅行先など、用途に合わせたモバイルバッテリーを持っておくといざという時に便利です。

特にバッテリー消費の激しいアクセサリーをよく持ち歩くという人は必需品のアクセサリー。

モバイルバッテリーと言っても数多く販売されているため、「どのモバイルバッテリーが良いかわからない…」という人も多いのではないでしょうか?

そんな人のために、用途に分けておすすめしたいモバイルバッテリーと選ぶ上でのポイントを紹介していきます。

モバイルバッテリーの選び方

外出時や旅行先の緊急時など、日頃から持ち運ぶデバイスを充電できるモバイルバッテリーは必需品

モバイルバッテリーを選ぶ上で、使用しているデバイス数・使用用途など自身の環境に合わせたモバイルバッテリーを選ぶことが重要です。

外出時にはスマホを1回フル充電できるコンパクトなモバイルバッテリーが便利。

災害時の防災グッズとしても大容量のモバイルバッテリーを持っておくと何かあった時に活躍してくれます。

まずはモバイルバッテリーを選びに重要な3つのポイントを紹介していきます。

バッテリー容量

まずは自身の環境に合わせたバッテリー容量をチェックしましょう。

表示されているバッテリー容量をみて購入する場合、スマホを何回充電できるか確認しておくことが大切です。

モバイルバッテリーは電圧変換ロスなど様々なロスが原因で、全容量の60〜70%が使用できるバッテリー容量になります。

携帯に充電する際には減圧が必要となり、その際の変換ロスや熱損等、色々なロスが出て、実際は60-70%程が実効容量となります。

モバイルバッテリーの使い方 | cheero

モバイルバッテリーの容量×0.6の計算で出る数値を目安に選ぶと良いでしょう。

例:10,000mAhの場合、約6,000mAhが使用できる充電容量。

充電回数の目安

iPhone 11 Proで充電した場合の容量に応じた充電回数の目安。

5,000mAh|約1回

10,000mAh|約2回

20,000mAh|約4回

充電出力と充電端子

スマホを充電する上で急速充電に対応したモバイルバッテリーを選ぶことも重要です。

従来のUSB-Aポート搭載のモバイルバッテリーであれば、最低でも2A以上の充電出力が欲しいところ。

現在ではより高速充電できるUSB PD(Power Deliveryパワーデリバリー)に対応したモバイルバッテリーであれば、iPhoneをわずか30分で50%以上も充電が可能になっています。

USB PDとは

USB PDはUSB-Cに対応した規格の一つ。最大100Wまでの充電出力で充電することが可能なので、スマホ・タブレットはもちろんノートPCまで充電できる最新のUSB規格です。

USB PDに対応したデバイスやiPhone 8以降をお使いの方なら、USB PD対応のモバイルバッテリーを持っておくと、より高速に充電ができるので便利です。

ポート数

複数のデバイスを持ち歩く人にとって、マルチポート搭載のモバイルバッテリーがあると便利

スマホのみ持ち歩く人は1ポート搭載のコンパクトなモバイルバッテリーを選ぶと良いですが、タブレット・ワイヤレスイヤホンなどを持ち歩く人はポート数をチェックしておきましょう。

ポート数が増えるとモバイルバッテリーのサイズも大きくなるので、サイズを気にする人は2〜3ポートあれば十分だと思います。

USB-AとUSB-Cの両端子が搭載されているモバイルバッテリーもあるので、使用しているデバイスに合わせて選ぶのもポイントです。

おすすめモバイルバッテリーを用途別に紹介!

コンパクト|Anker PowerCore 5000

スマホを1回フル充電できれば必要十分という人には、Anker PowerCore 5000がおすすめ!

Anker PowerCore 5000はスティック型のモバイルバッテリーなので、カバンの中にスッと入るくらいコンパクトで持ち運びしやすいです。

Anker PowerCore 5000
価格1,899円
容量5,000mAh
充電出力最大2A
充電ポート数USB-A 計1つ
カラーバリエーション
  • ブラック
  • レッド
  • ブルー
保証期間18ヵ月

iPhone 11 Proを約1回充電することが可能で、5,000mAhのモバイルバッテリーの中では世界最軽量最小サイズ。

大容量のモバイルバッテリーは大きすぎる、持ち運びに便利でコンパクトなバッテリーを持っておきたいという人はかなりおすすめです。

コンパクト|Anker PowerCore Fusion 5000

従来のモバイルバッテリー本体を充電するのにMicro-USBなど別途ケーブルが必要でしたが、Anker PowerCore Fusion 5000では収納可能なプラグが搭載されているのでケーブルが不要です。

Anker PowerCore Fusion 5000
価格2,899円
容量5,000mAh
充電出力最大出力2ポート合計3A
充電ポート数USB-A×2 計2つ
カラーバリエーション
  • ブラック
  • ホワイト
  • レッド
保証期間18ヵ月

PowerCore Fusion 5000の最大の特徴は、モバイルバッテリーとしても使用できてコンセントに刺せば充電器として使用できる、ハイブリッド型のモバイルバッテリー。

充電器として使用する際は最大出力2Aまで下がってしまうのがデメリット。

モバイルバッテリー容量に比べサイズ感は大きく感じますが、旅行先や出張先などに荷物を少なくしたいという人にはおすすめ。

コンパクト|cheero Power Plus 5

サイズはコンパクトながらマルチポート搭載のモバイルバッテリーを探している人は、cheero Power Plus 5がおすすめです。

cheero Power Plus 5
価格3,540円
容量10,000mAh
充電出力USB-A(最大2.4A)/USB PD(最大18W)
充電ポート数USB-A/USB-C 計2つ
保証期間1年間

cheero Power Plus 5はUSB-CとUSB-Aの2つのポート搭載

モバイルバッテリー自体の充電もUSB-C(USB PD)で充電可能なので、10,000mAhのモバイルバッテリーでも約3時間ほどでフル充電ができます。

サイズもかなり小さく充電出力もパワフルなので、コンパクトでUSB PD対応のモバイルバッテリーを探している人であれば、cheero Power Plus 5を一つ持っておけば問題ないと思います。

大容量|cheero Power Plus 3

大容量ながらリーズナブルに手に入るcheero Power Plus 3、災害時などの予備バッテリーとして大活躍してくれます。

cheero Power Plus 3
価格3,040円
容量13,400mAh
充電出力最大3.4A
充電ポート数USB-A×2 計2つ
保証期間1年間

cheero Power Plus 3はUSB-Aを2ポート搭載した、13,400mAhと大容量のモバイルバッテリー。

10,000mAh以上のモバイルバッテリーは価格が高いモノが多いですが、3,000円ほどで購入できてリーズナブルです。

当ブログでは旧型のcheero Power Plus 3を紹介しましたが、新型cheero Power Plus 3はデバイスに応じて最適な充電ができるAUTO-IC機能が搭載されています。

万が一の備えに大容量のモバイルバッテリーを複数の購入を考えている人は、cheero Power Plus 3なら低価格で購入できて災害対策として大活躍してくれます。

大容量|RAVPower モバイルバッテリー 20100mAh

出先での作業にMacBookやMacBook Proを充電できるモバイルバッテリーを探しているなら、RAVPower モバイルバッテリー 20100mAhが最適です!

RAVPower モバイルバッテリー 20100mAh
価格7,599円
容量20,100mAh
充電出力USB-A(最大2.4A)/USB PD(最大45W)
充電ポート数USB-A/USB-C 計2つ
保証期間18ヵ月(製品登録後+12ヵ月)

RAVPower モバイルバッテリー 20100mAhは、USB PDの最大出力45Wと高出力。本体の充電もUSB PDで充電できるので、最大4時間ほどで本体をフル充電することが可能です。

充電用のMicro-USBはQuick Charge(QC)にも対応しているので、QCに対応している充電器であれば5.5時間で本体をフル充電できます。

USB-AとUSB-Cの2ポート使用しての充電の場合、USB-A(最大12W)USB-C(最大30W)と下がってしまいますが、それでも負荷をかけていないMacBook Proを充電するには十分な充電出力ですね。

外出先でラップトップPCをモバイルバッテリーで充電したい人は、RAVPower モバイルバッテリー 20100mAhがおすすめです。

ここに注意

RAVPower モバイルバッテリー 20100mAhをUSB PDで充電する場合は、USB PD対応の充電器が必要になるのでご注意ください。

まとめ使用用途に合わせたモバイルバッテリー選びをしましょう!

モバイルバッテリーを選ぶ上で一番大切なことは、用途にあったモバイルバッテリーを選ぶことです。

出張や長距離の移動が多い人は大容量のモバイルバッテリーを選んで、持ち運びに便利なモノを探しているならコンパクトなモバイルバッテリーを選んだ方が良いでしょう。

電源周りもマルチポートの充電アダプターを使用することで一段と充電環境が豊かになります。

モバイルバッテリーとマルチポートの充電アダプターは、セットで買っておきましょう。

今回は、おすすめのモバイルバッテリーと選び方を紹介しました。

ぜひ自身にあったモバイルバッテリー選びの参考になればと思います。

モバイルバッテリーと一緒に買っておきたいアクセサリー

ガジェット 充電器

2019/10/1

Anker PowerPort Atom III Slimをレビュー!持ち運び用USB-C急速充電器の決定版!

ガジェット 充電器

2019/11/16

小さすぎるUSB-C急速充電器「Anker PowerPort Atom PD1」をレビュー!

Apple iPhone

2019/9/19

iPhoneを高速充電可能なMFi認証済みUSB PD対応ライトニングケーブルのおすすめを紹介!

Apple iPhone

2019/11/15

断線知らずのライトニングケーブル「Anker PowerLine+ II ライトニングUSBケーブル」をレビュー!

Apple iPhone

2019/9/19

【2019年】iPhoneと一緒に買っておきたい!おすすめ周辺機器とアクセサリーを紹介!

  • この記事を書いた人

鳴神 優

ガジェットを中心に世界中の良いモノ善きコトを発信しています。 〝誰かのため〟に情報マガジン『USEFUL TIME』で記事を執筆中。

-ガジェット, 充電器
-

Copyright© USEFUL TIME , 2019 All Rights Reserved.