MENU
Category

馬毛を使用したキーボードブラシ「FILCO Cleaning Brush for Keyboard」をレビュー!

メカニカルキーボードなどのキーが深いキーボードのメンテナンスにキーボードブラシを持っておくと便利です。

キーボードブラシには化学繊維を使用したものが多く販売されていますが、静電気でホコリを取るブラシが多いのがデメリット。

キーボードブラシ選びのポイント
  • キーボードの隙間にブラシが入るサイズ
  • 静電気が起こりにくい素材
  • 毛感に柔軟性のあるブラシ
  • 毛先が細く狭い隙間に入る

静電気の起こりにくい馬毛を使用したキーボードブラシ「FILCO Cleaning Brush for Keyboard」をレビューしていきます。

キーボードに優しいメンテナンスをしたい人に必見です!

Contents

FILCO Cleaning Brush for Keyboard

キーボードメーカーのFILCOから発売されたキーボードブラシ「FILCO Cleaning Brush for Keyboard」。

価格1,280円
素材天然木/馬毛
サイズ高さ60mm(毛丈30mm含む)×幅40mm×厚み11mm
対応機種・メカニカルキーボード
・メンブレンキーボード
FILCO Cleaning Brush for Keyboard|詳細

FILCO Cleaning Brush for Keyboardの最大の特徴は馬毛を使用していること。

動物毛を使うメリット
  • 静電気が起こりにくい
  • 柔軟性と弾力性のある毛感
  • 毛先が細くキーの隙間をしっかり掃除できる

電子機器の故障の原因でもある静電気が起こりにくい馬毛を使用しているため、安心して大切なキーボードの掃除が可能。

また毛丈が30mmと馬毛の特性を活かす長さ。狭いキーの間を毛先が細い馬毛でホコリをしっかり除去できる設計になっています。

FILCO Cleaning Brush for Keyboardをレビュー!

FILCO Cleaning Brush for Keyboardをレビューしていきましょう!

簡易的な外箱ではありますが、馬のイラストが可愛らしく愛着が持てますね。

ブラシ部分の毛材は馬毛100%。静電気の起こりにくい馬毛を贅沢に使用したキーボードブラシです。

FILCO Cleaning Brush for Keyboardはメイドインジャパン。メンテナンス用品とはいえ、大切なパートナーでもあるキーボードにはこだわり抜かれたモノを選びたいですね。

FILCO製品の天然木を使用したキーボード製品といえば、ウッドパームレストが大人気です!興味がある人はレビュー記事を一緒にチェックしてみてください。

レビュー記事 手首の疲労を軽減するパームレストの決定版!FILCOウッドパームレストをレビュー!

キーボードを掃除するのに最適な毛丈と馬毛100%

冒頭にも書いた通りFILCO Cleaning Brush for Keyboardは、馬毛の特性を十分に発揮できる30mmの毛丈で設計されています。

革製品のホコリ取りや仕上げのブラッシングにも使われる馬毛ブラシ。

毛先は細くて柔らかく弾力性のあるFILCO Cleaning Brush for Keyboardは、キーボードに溜まったホコリを掻き出すのに最適なブラシです。

程よい硬さと弾力のあるブラシ

実際にFILCO Cleaning Brush for Keyboardを、愛用しているREALFORCE TKL for Macで使用してみました。

関連記事 最上のMac向けキーボード「REALFORCE TKL for Mac」をレビュー!

FILCO Cleaning Brush for Keyboardは横長に設計されたブラシなので、狭いキーの隙間にあるホコリを掻き出すように掃除ができました。

細い毛先と弾力性を生かした毛丈が掃除がしやすく、強く押し込まなくてもスムーズにホコリが取れるのでキーボードのメンテナンスに重宝します。

ただ一点ほど不満があります。使わない時にブラシ部分を収納できるケースが付属していたら良かったのですが…

まとめ|FILCO Cleaning Brush for Keyboardレビュー!

毎日使うキーボードのホコリを掃除するのに便利なキーボードブラシ。

大切なキーボードを長く使うには、日々のメンテナンスはとても大切です。

今まで化学繊維のキーボードブラシを使用してきましたが、静電気が起こりにくい馬毛を使用したFILCO Cleaning Brush for Keyboardを購入して大正解でした。

こんな人にオススメ
  • 静電気が起こりにくいブラシを探している
  • キーが深いキーボードを使っている人
  • メンテナンス用品にもこだわりたい
  • ホコリをしっかり掻き出したい

キーボードブラシの中では1,000円以上と高価なキーボードブラシですが、キーボードに優しくしっかり掃除できるブラシなのでキーボード掃除が捗りそうです。

キーボードに熟知したメーカーから出しているキーボードブラシだけあって、掃除しやすく使いやすいのも魅力の一つですね!

今回は馬毛を使用したホコリ取りに最適なキーボードブラシ「FILCO Cleaning Brush for Keyboard」をレビューしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ガジェットを中心に世界中の良いモノ善きコトを発信しています。
〝誰かのため〟に情報マガジン『USEFUL TIME』で記事を執筆中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる