2020年に買ってよかったもの公開中!詳しくはコチラ!

MagSafe対応のiPhoneスタンド「MOFT Snap-On Stand & Wallet」をレビュー!

iPhone12シリーズから搭載したMagSafe。様々なMagSafeアクセサリーが登場する中、スマホスタンド・スマホリングの登場を待望していた人も多いのではないでしょうか。

PC・タブレット・スマホスタンドとして有名なMOFTからMagSafe対応のiPhoneスタンド「MOFT Snap-On Stand & Wallet」が登場しました。

MOFT Snap-Onはこんなガジェット
  • マグネットで簡単着脱
  • 3つのスタンドモード
  • スマホリングとして使用できる
  • カードを最大3枚まで収納可能

今回は多機能なiPhoneスタンド「MOFT Snap-On Stand & Wallet」をレビューしていきます!

Contents

MOFT Snap-On Stand & Wallet

MOFT Snap-Onの特徴を簡単に紹介していきます。

created by Rinker
MOFT
¥3,180 (2021/05/06 15:36:39時点 Amazon調べ-詳細)
価格3,180円
素材フェイクレザー
カラーバリエーション・ブラック
・グレー
・ブラウン
・ブルー
対応機種iPhone 12シリーズ
重量約40g
カード収納最大3枚
MagSafe対応
ワイヤレス充電非対応
MOFT Snap-On|詳細

MagSafe対応のMOFT Snap-Onは、マグネットで装着する折り畳み式のiPhoneスタンド

3パターンの使い方ができて取り外しや組み立ても簡単。シーンに応じて多様な使い分けが可能です。

スタンドとして使用しない時はわずか5mm程度の薄さなので、厚さを気にすることなく持ち歩けます。

PC・タブレット・スマホスタンドとして一躍有名になったMOFTらしいガジェットです。

MOFT Snap-On Stand & Walletをレビュー!

MagSafe対応のiPhoneスタンド「MOFT Snap-On」をレビューしていきましょう!

私が購入したMOFT Snap-Onはブラックをチョイス。

使われている素材はフェイクレザーですが、安っぽさを感じず手入れがしやすくて好印象。

カードを収納するポケット部分にはファブリック素材が使われているので、カード類の傷が付きにくくて嬉しい設計です。

愛用しているiPhone 12 Pro Maxに装着してみましたが、サイズ感はかなりコンパクト。

iPhoneスタンドとして3通りの使い方ができる

MOFT Snap-Onの最大の魅力は、縦横問わず好きな置き方でiPhoneスタンドとして使用できることです。

フローティング|60°
ポートレート|60°
ランドスケープ|60°

iPhone12シリーズの中でも一番大きいiPhone 12 Pro Maxのスタンドとして使用してみましたが、縦置きできるポートレートモードでは設置面が少なく不安定で角度がキツくなってしまいます

横置きができるランドスケープ・フローティングモードでは、安定感があり動画を視聴したい人にとって最適なiPhoneスタンドです。

スタンドを折り畳めばスリム

MOFT Snap-Onは使わない時はコンパクトに折り畳んでスマートに持ち歩けます。

スタンドとして使用しない時は折り畳んでおけば厚さ5mm程度とかなりスリム

iPhoneを裸で使用したい人でもMOFT Snap-Onが接地してくれるので、カメラ部分の凹凸でガタつくことなくフラットに置いておけます。

最大3枚までカード類を収納できる

MOFT Snap-Onには最大3枚まで収納できるカードポケットが搭載しています。

カード類を実際に収納してみましたが、3枚収納すると出し入れに力が必要でした。

出し入れをスムーズにしたいのであれば、2枚までにした方が良さそうです。

クレジットカードなどのチップカードには影響がないそうですが、IDカードのような磁気ストライプカードには影響を与える可能性があるので注意しましょう。

MagSafe対応Apple純正レザーケースとの相性も抜群

MagSafe対応Apple純正レザーケースと併用してみましたが、フェイクレザーとはいえ相性は抜群でした。

iPhone 12 Pro MaxのApple純正レザーケースは、カメラバンパーのせいでフラットに置けないのがデメリット

MOFT Snap-Onを装着すればカメラバンパー部分の凹凸を気にすることなく使用できて、レザーケースに感じていた不満点を解消してくれました。

MagSafeは間にはさんで充電

MOFT Snap-OnはMagSafe対応とはいえMagSafe充電するには、一度外してMagSafe充電器をつけてからMOFT Snap-Onを装着する必要があります。

充電テストを念の為してみましたが、問題なく充電ができました。

ポートレート・ランドスケープモードでは、iPhone本体がデスクなどに設置しているのでMOFT Snap-Onが外れてしまうことはありません

ただフローティングモードではiPhone 12 Pro Maxの重みで落ちてしまいます。MagSafeを間に入れていることもあり磁力が弱くなってしまうのが残念なポイント

縦置きのポートレートモード以外では、基本的にライトニングケーブルが使えるのでこの使い方で十分な気がします。

ゆう

MagSafe充電しながらMOFT Snap-Onを使って持つのは少し不安かも…

通常のQi充電器を使用してワイヤレス充電をしたい場合は、MOFT Snap-Onを取り外さなくてはワイヤレス充電ができません

MOFT Snap-Onはマグネットで装着してあるので簡単に着脱できるとはいえ、気にする人は気にしそうですね…

スマホリングとしての磁力はある程度あるが力不足…

私がMOFT Snap-Onを購入する時に期待をしていたスマホリングとして使用してみました。

通常の持ち方であれば快適にスマホリングとして使用できました

ただ寝そべって下から覗き込む形で使用すると、iPhone 12 Pro Maxの重さに耐えきれず落下してしまいます。

iPhone 12 Pro Maxでのレビューになってしまいますが、スマホリングとしての評価は「補助的な役割は十分!でも落下に関して100%安心はできない」のが正直な気持ちです。

MOFT Snap-On Stand & Wallet レビュー|まとめ

MOFT Snap-Onの細かい部分をみたら物足りない部分もありますが、スタンドやスマホリングとして十分に使用できるので購入してよかったです。

何よりもApple純正レザーケースにスマホリングとして併用できるのは大きなメリットでした。

こんな人にオススメ!
  • どこでも気軽に使えるスマホスタンドが欲しい
  • レザーケースのスマホリングとして使用したい
  • 使用しない時はスマートに持ち歩きたい
  • 手入れを簡単にしたい人

※MagSafe対応レザーケースの場合

個人的にカードポケットは使用する予定はないですが、横からの力に弱く外れやすいので運転免許証など失くしたら困るようなカード類の収納はオススメできません

磁力がもう少し強かったらめちゃくちゃいい製品なんですが…今後に期待したいですね!

今回はMagSafe対応の多機能iPhoneスタンド「MOFT Snap-On Stand & Wallet」をレビューしました。

created by Rinker
MOFT
¥3,180 (2021/05/06 15:36:39時点 Amazon調べ-詳細)

他にもこんなMOFT製品がオススメ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ガジェットを中心に世界中の良いモノ善きコトを発信しています。
〝誰かのため〟に情報マガジン『USEFUL TIME』で記事を執筆中。

コメント

コメントする

Contents
閉じる