MENU
Category

MOFT Carry Sleeveをレビュー!PCスタンドと一体化したスマートでおしゃれな多機能スリーブケース!

外出先でノートパソコンをスリーブケースに入れて持ち運ぶ人は多いはず。

今回紹介するのは第4作目となる大人気のMOFTシリーズより、PCスタンドと一体化した多機能スリーブケース「MOFT Carry Sleeve」を紹介します。

MOFT Carry Sleeveはこんな製品
  • 薄さわずか7mmのスリーブケース
  • 2段階の角度調整可能なPCスタンド
  • ガジェットを収納するポケット付き
  • フェイクレザーで傷に強くオシャレ

MOFT Carry Sleeveは収納抜群なポケットを搭載、ケースそのものがPCスタンドになる便利なスリーブケース。

Makuakeにて先行購入したので、MOFT Carry Sleeveの詳しいレビューを書いていきます!

Contents

MOFT Carry Sleeve

Indiegogo・Makuakeなどのクラウドファンディングで多大な支援を募った、3 in 1キャリーケース「MOFT Carry Sleeve」

出典:makuake|MOFT Carry Sleeve
価格5,980円
カラーバリエーション・ナイトブラック
・オックスフォードブルー
・ダークグリーン
・シエナブラウン
・クラシックヌード
本体サイズ13インチ|340×240×7mm
13.3インチ|360×255×7mm
16インチ|395×275×7mm
重量13インチ|285g
13.3インチ|315g
16インチ|370g
耐荷重10kg
MOFT Carry Sleeve|詳細

薄さはわずか7mmとカバンに入れても圧迫せずに持ち運べて、周辺機器を収納できるポケットPCスタンドとしても使用できる多機能スリーブケース。

PCスタンドは2段階の角度調整が可能で、様々なスタンドを開発してきたMOFTらしい設計になっています。

貼り付けて使用するPCスタンド MOFTを使用してきただけに、PCスタンドと一体化したMOFT Carry Sleeveは理想のスリーブケースでした。

関連記事 ラップトップスタンド「MOFT」をレビュー!持ち運びに最適なわずか3mmの最薄PCスタンド。

商品ラインナップと対応PCサイズ

MOFT Carry Sleeveは、13インチ・13.3インチ・16インチとノートパソコンのサイズに合わせてラインナップされています。

13インチ13.3インチ16インチ
対応サイズ305mm×215mm×17mm325mm×230mm×17mm360mm×250mm×17mm
非対応デバイス・Acer Aspire 5 15.6
・Dell XPS 17
・ASUS VivoBook 15 15.6
・Surface Book 2
対応デバイスサイズ表

上記に記載されているサイズ表を参考に対応するMOFT Carry Sleeveをお買い求めください

MOFT Carry Sleeveをレビュー!

多機能スリーブケースMOFT Carry Sleeveをレビューしていきます!

今回購入したMOFT Carry Sleeveはナイト・ブラックとクラシック・ヌード。

MOFT Carry Sleeveは傷に強く耐久性のある上質フェイクレザーを使用した、シンプルかつ高級感のあるスリーブケース。

ケースの開閉はマグネットでくっつけるタイプなので、収納したノートパソコンをささっと取り出せます。

裏面には伸縮性のある生地を採用。いつも持ち運ぶUSBハブや小型のワイヤレスマウスを収納できるように設計されています。

ただMOFT Carry Sleeveは撥水機能があるスリーブケースですが、伸縮性生地の部分は撥水効果がないので突然の雨にふられてカバンが濡れてしまった際は少し不安になります。

ナイト・ブラック
クラシック・ヌード

ケース内側にはクレジットカードや名刺などが収納できるポケットがついています。

ノートパソコンと一緒に持ち運ぶ小物が直接干渉しないように2つのポケットに分かれているので、大事なノートパソコンに傷がついてしまう心配はありません。

薄さわずか7mmのキャリーケース

MOFT Carry Sleeveは薄さ7mmとiPad Proと同等のサイズ

カバンの中にしまって持ち運ぶ人にとっては嬉しい薄さですね!

ですが、厚みのあるスリーブケースと比べると保護性能はほぼ機能していません。落下などの衝撃を少しでも和らげたいという人には向いていないスリーブケースですね…

保護性能を重視したい人はmoshi Pluma for MacBook Pro 13がオススメです。

スリーブケース内にいつも持ち運ぶガジェットを収納できる

前述した通りMOFT Carry Sleeveには、ノートパソコンと一緒に持ち運ぶガジェットを収納できます。

収納ガジェット
  • MacBook Pro 13インチ
  • AirPods Pro
  • USB-Cハブ
  • ライトニングケーブル
  • MX Anywhere 2S(マウス)
  • Anker PowerCore III Fusion 5000

この薄いスリーブケースに外出先で使用するガジェットを入れてみましたが、すべて収納できました。

薄さ7mmのスリーブケースの中にこれだけの収納力があるとは驚きです。

大きすぎるガジェットを入れるとケースを傷つけてしまう恐れがあります。無理やり入れず、余裕を持って収納しましょう。

ガジェットポーチと分けて持ち運びたい人はデイズポーチがオススメです!

MOFT Carry Sleeveのラップトップスタンドとしての使い方

MOFTの代名詞でもあるラップトップスタンドとして使えるMOFT Carry Sleeveの使い方を紹介します。

MOFT Carry Sleeveの使い方

浅目の角度で使用したい場合、MOFT Carry Sleeveの開閉部分を内側に折り込んでマグネットでつけるだけでセット完了。

角度をキツくして使用したい場合は、MOFT Carry Sleeveの入り口サイドを内側に折り込むだけ

実際にPCスタンドとして使用してみた

実際にMOFT Carry SleeveにMacBook Proを乗せて使用してみました。

15°
25°

貼り付けるタイプのMOFTと同様に角度調整ができるのは大きなメリット

MacBook Pro単体で使用するときは角度を緩く、デスクで外部ディスプレイと繋ぐときは角度をキツくして使用できるので環境に合わせた使い方ができます。

15°
25°

PCスタンドとして使用するのであれば排熱効果があるかどうかもチェックしたいところ。

各角度共に全面が接地せず熱がこもらない設計になっています。作業しているときはできる限り、MacBook Proのパフォーマンスを下げたくないので嬉しい設計です。

ノートパソコンがズレにくいストッパーを搭載

角度をつけ過ぎると乗せたノートパソコンが滑り落ちたりガタついたりするのではないかと不安な点がありました。

MOFT Carry Sleeveには滑り防止のストッパーを搭載しているので、作業中に滑り落ちてしまう心配はありません。

貼り付けて使用するMOFTを使用して感じたガタつきも、MOFT Carry Sleeveは一切感じることなく安定したキー操作が可能でした。

まとめ|多機能スリーブケースMOFT Carry Sleeveレビュー

今まで貼り付けるタイプのMOFTとスリーブケースを持ち歩いていましたが、外出先でMOFTを使用するときはスリーブケースをカバンにしまう手間がありました。

MOFT Carry SleeveはPCスタンド・ガジェットポーチ・スリーブケースが一体化した、便利すぎるスリーブケースでした!

こんな人にオススメ!
  • カバンの中を圧迫させたくない
  • 持ち運ぶモノを少なくしたい
  • おしゃれなスリーブケースが欲しい
  • 外出先でも快適に作業をしたい

わずか1秒でPCスタンドとして組み立てられるので、スマートに作業が開始できて便利。

いつも使うモノだからこそデザインにもこだわって、おしゃれなスリーブケースを使用したいですよね!

今回はPCスタンドと一体化した収納力のある多機能スリーブケース「MOFT Carry Sleeve」をレビューしました。

MOFTの最新情報を公式ツイッターでチェック!

MOFT|Twitterアカウント

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ガジェットを中心に世界中の良いモノ善きコトを発信しています。
〝誰かのため〟に情報マガジン『USEFUL TIME』で記事を執筆中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる