MENU
Category

iPhone11 Pro専用の失敗しないガラスフィルム「Anker GlassGuard」をレビュー!

スマホの保護フィルムを貼るときにズレたりして何度も貼り直した経験が一度はあるはず。できれば簡単にズレることなく一発で綺麗に貼りたいですよね。

誰にでも簡単にズレることなく綺麗に貼れるガラスフィルム「Anker GlassGuard」を紹介。

Anker GlassGuardなら貼り付けも簡単で失敗知らず。2枚で1,000円を切るほどリーズナブルで滑りも滑らか。

とにかくコスパの良いガラスフィルムを探している人におすすめです。

レビューではiPhoneXSにAnker GlassGuardを貼り付けていますが、iPhone11 Proに対応しています。

Contents

Anker GlassGuard

Anker GlassGuardは、簡単に綺麗に貼り付けができるiPhone11 Pro/XS/XS Max専用のクオリティの高いガラスフィルム

今までAnker KARAPAX GlassGuardを使用していましたが、Anker製のガラスフィルムの良さは折り紙つきです。

価格は2枚で999円とかなりコスパが良いです。

Anker GlassGuardをレビュー

Anker GlassGuardをレビューといきましょう。

同梱物
  • ガラスフィルム
  • 貼り付け専用フレーム
  • アルコールペーパー
  • ほこり除去ステッカー
  • マイクロファイバークロス
  • 気泡除去用カード
  • 取扱説明書

購入するだけで綺麗に貼れるツールが一式入っています。

1キットにほこり除去ステッカーが3枚ずつ同梱されているのも地味に嬉しいセット内容。

迷うことなく綺麗に貼り付けできる

ズレることなく簡単に貼り付けることができる貼り付け専用フレームが同梱されています。

STEP
アルコールペーパーとクロスで拭く

まずは画面をアルコールペーパーとクロスで拭きます。

STEP
専用フレームを装着

付属されている貼り付け専用フレームをiPhoneに装着しましょう。

STEP
ほこりを取り除く

ほこり除去ステッカーを使って綺麗にほこりを除去。

STEP
ガラスフィルムを貼る

フレームに合わせてガラスフィルムを貼る

STEP
気泡を除去

気泡除去用カードを使って気泡を除去しましょう。

この5ステップだけで綺麗に仕上げることができます。

ガラスフィルムは貼り直すときに割れてしまう場合があるので、できれば一発で貼りたいんですよね。

専用フレームに合わせて貼り付けるだけなので、ズレることなく素早く貼り付けることが可能でした。

インカメラ部分は切り込みが入っており気泡が抜きづらかったのですが、しばらく軽く押さえつけておくと馴染んで気泡も抜けました。

美しい画面を維持できる透明さ

Anker GlassGuardは透明度が高く、iPhoneXSの美しいディスプレイを損なうことなく保護してくれます。

0.33mmの厚みですが、3D touchにも対応していて操作性は滑らかで快適

ガラスフィルムの表面には、油分を弾くコーティングされているので指紋などの汚れが付きにくいです。

Anker製のガラスフィルムの持ちですが、1年間使用して若干滑りが落ちたくらいで問題なく使用できました。※個人差によります。

2枚で999円で購入できる低価格なので、「少し滑りが悪くなったな…」「少し傷が目立つな…」と感じても気軽に張り替えられるのも嬉しいですよね。

ケースを装着しても干渉なし

ケースと干渉しないように曲面の縁の部分にわずかなスペースを空けて、ディスプレイの平面(表示される部分)ギリギリまで保護してくれます。

ガラスフィルムの縁はラウンドエッジ加工が施されているので、画面の隅からスワイプしても指がひっかかることなく使用することが可能です。

Apple純正 iPhoneXSレザーケースと一緒に使用していますが、ケースとガラスフィルムが干渉することはありませんでした。ケースと一緒に使用したい人にかなりおすすめです。

間違いなくおすすめできるガラスフィルム

操作性も良くガラスフィルムのクオリティーも高い。貼り付けもズレることなく簡単に貼り付けることが可能でとにかく安い!

ディスプレイの曲面を大きく覆うようなケースではない限りガラスフィルムと干渉することなく使用できます。iPhoneを大切に使用したい人にとっては大事なポイントですよね。

フィルム選びに迷っているなら「Anker GlassGuardを買っておけば間違いなし!」ってくらいおすすめのガラスフィルムです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ガジェットを中心に世界中の良いモノ善きコトを発信しています。
〝誰かのため〟に情報マガジン『USEFUL TIME』で記事を執筆中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる