2023年ベストバイ公開中!ここからチェック!

Matter対応のSwitchBot ハブミニをレビュー|ホームアプリにリモコンを追加できるエントリーモデルのスマートリモコン

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

SwitchBotのスマートリモコンといえば、業界No.1の売り上げを誇るSwitchBot ハブミニ。

そんなハブミニがスマートホームの新規格Matterに対応して新しく登場しました。

SwitchBotハブミニ(Matter対応)
  • Matter対応
  • USB-Cポート搭載
  • 専用ケーブルで温湿度センサーとして連携可能
  • 最大4台まで連携してホームアプリで操作が可能
  • Wi-Fi未接続だとエアコンなどの操作ができない
  • ホームアプリで操作するにはHomePod Miniなどのホームハブが必要

※専用ケーブルは開発中で温湿度の表示は今後のアップデートで対応します。現在:2024年1月25日

SwitchBot ハブミニは、SwitchBot製品はもちろんのこと、エアコンやテレビなど赤外線リモコンで操作する家電の操作を1台にまとめられるスマートホームデバイス。

生活を豊かにしてくれるハブミニがMatterに対応したことにより、様々な家電の操作をホームアプリから可能になりました。

今回は、Matterに対応して最大4台までホームアプリで操作できるスマートリモコン「SwitchBot ハブミニ(Matter対応)」をレビューしていきます。

この記事はメーカー様より発売前の製品をご提供いただき、率直なレビューを元に記事を作成しています。

Contents

SwitchBot ハブミニ(Matter対応)

SwitchBot ハブミニ(Matter対応)の詳細を紹介していきます。

価格5,980円
カラーホワイト
サイズ65mm×65mm×20mm
電源USB-C
※5V1A以上のACアダプターが必要
通信方式BLE:4.2以降
Wi-Fi:2.4Ghzのみ
最大通信距離(Bluetooth)オープンエリアで最大120m
遠赤外線送信距離オープンエリアで最大30m
接続台数Bluetoothデバイス:120台
赤外線リモコン:無制限
サブデバイス(Matter):4台
温湿度計別売りの専用ケーブルで対応
※現在開発中
サードパーティサービスAmazon Alexa
Googleアシスタント
Siri Shortcuts
IFTTT
SmartThings
Matter
対応OSiOS 12.0以降
Android 5.0以降
WatchOS 4.0以降
ハブミニ(Matter対応)|詳細

新しくMatterに対応したハブミニは、温湿度計を備えた専用USB-Cケーブルを使用することで温湿度の計測もできる拡張性に優れたスマートリモコン。

私自身、Matter対応のSwitchBot ハブ2を使用して、iPhoneのホームアプリから管理しているのですがこれがまた便利。

もちろんオールインワンな機能を搭載したハブ2と比べると機能は劣りますが、部屋の各所に温湿度計など設置するならハブミニの方が使い勝手がいいです。

クリックすると開きます

ハブミニとハブ2|機能比較表

ハブミニ

ハブ2
価格5,980円8,980円
電源ポートUSB-C
ローカル操作非対応対応
エアコンのリモコン同期非対応対応
スマートボタン非搭載搭載
温湿度ケーブルで対応搭載
温湿度表示非搭載搭載
照度センサー非搭載搭載
追加可能サブデバイス最大4台最大6台
比較表

ハブ2のレビューはこちら!

ただMatter対応とはいえホームアプリで操作するには、HomePod Miniのようなホームハブも別途必要になるので、導入コストがかかってしまうのが悩み。

使用環境が整っていてホームアプリから一括で管理したいという人は、Matter対応のハブミニは低価格で購入できるため試すにはもってこいのスマートリモコンです。

SwitchBot ハブミニ(Matter対応)|レビュー

SwitchBot ハブミニ(Matter対応)をレビューしていきます。

同梱物
  • ハブミニ本体
  • USB-C to USB-A(1.5m)
  • Matter設定用コード
  • 取扱説明書
  • 両面テープ
左:非対応モデル/右:Matter対応モデル

新しく登場したMatter対応のハブミニは、非対応モデルと全く同じ外観。

ハブミニ(Matter対応)上部には、デバイスの追加/リセットボタンを搭載。

本体の変わった点はUSB-Cポートを搭載。USB-Cケーブルで統一している人にとっては嬉しい変更点です。

他にも壁面へ両面テープで設置した時に、ケーブルの向きを気にせずに抜き差しがしやすいのもUSB-Cに変わった大きなメリットでもあります。

同梱しているケーブルはコンセントの位置が少し離れていても使える、長さ1.5mのUSB-C to USB-Aが同梱

電源アダプターは別途用意が必要

電源アダプターは付属していないので、別途購入する必要があります。

USBアダプターは5V1A以上に対応しているものを使用するようにしてください。もちろんUSB-Cの電源アダプターでも使用が可能です。

取り付け方法は平置きか壁面への設置が可能

ハブミニ(Matter対応)は平置きか壁掛けの2つの設置方法で使用できます。本体は軽量設計なので、壁面へ設置しても落ちることなく使用できました。

本体の重さは39gと軽量。これだけ軽ければ壁面への設置でも、安心して取り付けができます。

背面には画鋲などで設置できるように、壁掛け設置用の穴が空いています。両面テープで使用する際は、ガイドに合わせて貼り付けて設置するだけ。

比較的どこでも手に入るような画鋲を使用してみましたが、問題なく設置できました。

画鋲で設置
両面テープで設置

フックや画鋲を使用した方が手軽に設置ができるのですが、少し浮いてしまうのが見た目が美しくありません。

個人的には両面テープを使用した方が、壁にピタッとくっついて綺麗に設置ができるのでおすすめです。

貼り付ける前に壁紙を保護

両面テープを使用して設置する場合は、貼り付ける前にマスキングテープで保護しておくと、賃貸の人でも壁紙を傷つけることなく貼り付けられるので忘れず用意しておきましょう。

SwitchBot ハブミニ(Matter対応)|設定方法とできること

ハブミニ(Matter対応)のセットアップ方法やエアコンの追加など、専用アプリから誰にでも簡単にできます。

\まずはSwitchBotアプリをダウンロード!/

SwitchBot

SwitchBot

wonderlabs, Incorporated無料posted withアプリーチ

ハブミニ(Matter対応)|できること
  • リモコンを一括管理
  • シーン設定で家電などを一括操作
  • 外出先から遠隔操作
  • 音声操作でリモコンの操作が可能

クリックすると開きます

ハブミニ(Matter対応)|セットアップ方法
STEP
SwitchBotアプリからハブミニを検出

ホーム画面の右上の+から「デバイスの追加」→「ハブミニ」をタップ。

STEP
SwitchBotアプリにハブミニを追加する

ハブミニ(Matter対応)を追加するには、上部のボタンを3秒長押しします。

長押してLEDが素早く点滅すれば次に進む合図です。

あとはWi-Fiに接続して名称を記入したら追加完了です。

Wi-Fiで接続する場合は、2.4GHz帯のネットワークを接続するようにしましょう。

クリックすると開きます

ハブミニ(Matter対応)|エアコンの追加方法
STEP
ハブミニの設定からリモコンを追加する

ハブミニの設定画面を開いて、「追加」からリモコンの追加をします。

追加したいリモコンの種類をタップ

STEP
リモコンを操作して自動検出

リモコンの追加は自動/手動で検出可能で、もしリストにないリモコンでもボタン学習で追加することが可能です。

自動学習の場合は、「リモコンの自動学習」→「今すぐ開始」をタップして、追加したいリモコンを操作するだけで対応しているテンプレートが提案されます。

あとは提案されたテンプレートの中から正常に操作できるものを選ぶだけ。これでハブミニにリモコンが追加されます。

SwitchBotアプリに追加したリモコンごとに操作が可能なので、部屋中にあるリモコンをアプリでまとめて管理ができて便利

もちろん使用場所ごとに分けておけば、同じようなリモコンでもわかりやすく管理ができます。

様々な家電の自動化ができる
テンプレートも用意されている

他にもオートメンションを作成しておけば、起床時間になったら部屋のライトをつけるようなアクションの自動化が可能

もちろんSwitchBot製品と連携して、ロック Proが解錠されたらボットと連携して玄関のライトをつけるようなアクションも自由自在にできるようになります。

ゆう

テンプレートには必要なSwitchBot製品がリスト化されているので、スマートホーム初心者には嬉しいですね!

SwitchBot製品のおすすめ記事はこちら!

ショートカットアプリ
SwitchBotアプリ

オートメンション以外にもシーンを作成すると、SwitchBotアプリやショートカットアプリのウィジェットから操作ができるようになったり、音声操作で家電の一括操作ができるようになります。

対応音声コントロール/シーンの活用方法
  • Alexa
  • Googleアシスタント
  • Siri

Hey Siri, 朝の支度をして」 の音声操作でライトやテレビ、カーテンを開けるなど、追加した家電の操作やSwitchBot製品の操作ができます。

Matter対応でホームアプリからエアコンなどの操作が可能に

ハブミニ(Matter対応)はMatterに対応したことにより、iPhoneなどのホームアプリから最大4台までの家電やSwitchBot製品の操作が可能になりました。

ハブミニ(Matter対応)|Matter設定方法
STEP
ホームアプリにハブミニを追加する

ホームアプリの右上にある+から「アクセサリを追加」をタップして、ハブミニに同梱されていた設定用のQRコードをスキャンします。

ハブミニがブリッジとして読み込まれるので、「ホームに追加」→「続ける」でホームアプリに追加完了です。

STEP
SwitchBotアプリからサブデバイスを追加する

ホームアプリとの連携が完了したら、ハブミニの設定画面から「Matter設定(ベータ版)」→「サブデバイス」をタップ。

あとは未追加にあるSwitchBot製品かハブミニに追加したリモコンが表示されるので、サブデバイスとして追加したいものをタップして完了です。

無事にハブミニのサブデバイスとして追加されると、ホームアプリに読み込んだリモコンに応じたものが追加されます。

ハブミニのサブデバイスとして追加できるのは最大4台までと制限があるので、追加したいデバイスが多い人は最大6台まで追加可能なハブ2を選んだ方が無難です。

今回追加したエアコンのリモコンの操作もホームアプリから可能。ただし細かい操作はできないので、温度調整/暖房/冷房/電源と必要最低限の操作だけが可能です。

ただし注意が必要なのが、ハブミニだけではホームアプリに接続ができず、HomePod miniやGoogle NestなどのMatter対応のホームハブが別途必要になります。

HomePod miniのレビューはこちら!

他メーカーのスマートホームデバイスの操作もできないですし、ハブミニにサブデバイスとして追加したSwitchBot製品やリモコンだけがホームアプリから操作可能になります。

どうしてもホームアプリで家電の管理をしたいという人はMatter対応モデルを購入すればいいですが、SwitchBotアプリでの操作で十分な人は非対応モデルを購入しましょう。

SwitchBot ハブミニ(Matter対応) レビュー|まとめ

ハブミニがMatter対応になったことで、ホームアプリで管理できる部屋が手頃な価格で拡張できるのは嬉しいアップデートでした。

SwitchBot ハブミニ(Matter対応)
総合評価
( 4 )
メリット
  • Matter対応
  • 専用ケーブルで温湿度計として使える
  • 最大4台まで連携してホームアプリで操作が可能
デメリット
  • ローカルでの操作ができない
  • ホームアプリで操作するには別途ホームハブが必要

ただハブミニがMatterに対応したとはいえ、HomePod miniなどのホームハブが必須なので、ホームアプリで操作するための環境作りのハードルが高いのが正直なところ。

ハブ2はボタンや照度センサーなどMatter対応以外に魅力的な機能を備えているだけに、ハブミニ(Matter対応)を今すぐ購入して備える必要はないかと思います。

ゆう

ハブミニ(Matter対応)は、ホームアプリで管理できる環境をすでに構築できている人に最適です。

とはいえ、すでにホームアプリで管理している人にとっては低価格で購入できるので、ホームアプリで管理できる部屋を拡張したい人にぴったりなスマートリモコンです。

今回は、手頃な価格で購入できるMatter対応スマートリモコン「SwitchBot ハブミニ(Matter対応)」をレビューしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents