Amazonブラックフライデー|目玉商品を紹介!記事はこちら

SwitchBotシリーズを使って部屋ごと快適空間にできる便利アイテムを紹介!

  • URLをコピーしました!

家中の家電を音声操作したり、外出先で遠隔操作をしたりと暮らしを快適に便利にしてくれるスマートホームデバイス。

スマートホーム化できるデバイスを扱うメーカーが多くありますが、SwitchBotシリーズは使いやすくリーズナブルに導入できます。

SwitchBotシリーズ|選ぶ理由
  • 外出先でも遠隔操作が可能
  • 家電の操作を自動化できる
  • 音声操作だけでルーティンを一括操作
  • リーズナブルにスマートホーム化できる
  • 環境に合わせてアクセサリーで拡張できる

SwitchBot専用アプリで様々な家電の操作が可能で、帰宅前にエアコンをつけておきたい時に遠隔操作も可能。

部屋の環境によって自動で家電を起動することもできるので、導入するだけでどんな時でも部屋中を快適空間にしてくれる背活の質を上げてくれる強い味方。

今回は、SwitchBotシリーズから部屋を快適空間にしてくれるおすすめ便利アイテムを紹介していきます。

スイッチボット(SwitchBot)

SwitchBot様よりお声がけをいただき、使いたい製品をご提供いただき記事を作成しています。

Contents

SwitchBotシリーズでできること

SwitchBotは様々なスマートホームデバイスを扱う、スマートな暮らしを提供してくれるスマートホームデバイスメーカー

日本での販売台数累計200万台を超えるほど、国内トップクラスの実績を誇っています。

SwitchBot|できること
  • 音声操作で家電を操作
  • 外出先でも遠隔操作ができる
  • リモコンをスマホ一つで管理できる
  • 日常生活のルーティンを一括操作
  • 行動に合わせて家電などを操作できる
  • 環境や行動に応じて自動で家電を起動

SwitchBotシリーズをフル活用するには、SwitchBot ハブミニがマストアイテムです。

様々なSwitchBotシリーズと組み合わせることで、自宅のスマート家電以外の製品でも自動化が可能です。

もちろん外出先から遠隔操作もできますし、決まったスケジュールで一括起動など日々のちょっとした手間がなくなります。

一定条件になったら自動で加湿器を付けられる

他にも専用アプリで一定の条件になったら家電を自動で起動したり、ルーティンをグループ化して一括操作することだってできちゃいます。

SwitchBot

SwitchBot

wonderlabs, Incorporated無料posted withアプリーチ

クラウドサービスの中にはショートカットアプリとの連携も可能なので、iPhoneユーザーには嬉しいウィジェットにアクションを追加することも可能です。

対応クラウドサービス
  • Amazon Alexa
  • Googleアシスタント
  • Apple Siri
  • LINE CLOVER
  • IFTTT
  • SmartThings

※SwitchBotシリーズの一部を除いて、SwitchBot ハブミニが必要です。

対応しているスマートスピーカーも主要なものは使用できますし、IFTTTにも対応しているので好きなトリガーで設定できるのも魅力的ですね。

ゆう

例えばIFTTTを使ってGPSをトリガーにして自動で操作ができます!

IFTTT自動化とワークフロー

IFTTT自動化とワークフロー

IFTTT無料posted withアプリーチ

SwitchBotを導入するのに必要なもの

スマートホームデバイスを導入するのに、ハードルが高くてなかなか踏み出せない人もいるかと思います。

SwitchBot|導入に必要なもの
  1. スマートフォン
  2. Wi-Fi環境

自分も設定など面倒でなかなかスマートホーム化するのに腰が重かったのですが、難しく考えることはなくスマホとWi-Fi環境さえあれば簡単に導入できます。

SwitchBotシリーズは専用アプリを使って設定するのですが、簡単にセッティングできて苦戦することは全くありませんでした。

追加した製品の管理がしやすい

SwitchBotシリーズの操作などアプリ一つで一括管理できるので、アプリの操作性で頭を抱えることはありませんでした。

どの製品もリーズナブルですし誰にでも簡単に使用できるので、初めてスマートホームデバイスを導入するという人に最適

Amazonブラックフライデーで人気SwitchBotシリーズが最大35%OFF

2022年11月25日(金)0:00〜12月1日(木)23:59までの7日間にわたって開催されるAmazonブラックフライデーで、SwitchBotシリーズが最大35%OFFとお得に購入できるビッグチャンス。

SwitchBotシリーズ|目玉セール情報

スクロールできます
商品名SwitchBot ハブミニSwitchBot 加湿器SwitchBot
温湿度計プラス
SwitchBot ボットSwitchBot カーテンSwitchBot
ロボット掃除機S1 Plus
SwitchBot
シーリングライトプロ 8畳
SwitchBot
指紋認証パッド+ロック
SwitchBot
見守りカメラ(3MP)
商品
通常価格4,480円5,980円2,780円4,180円9,980円69,800円10,980円14,980円4,980円
セール価格3,494円
22%OFF
5,380円
10%OFF
2,310円
17%OFF
3,430円
18%OFF
8,280円
17%OFF
54,440円
22%OFF
9,330円
15%OFF
11,980円
20%OFF
3,980円
20%OFF
商品ページAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazon

目玉商品のセール情報を紹介しましたが、他にもセール対象のSwitchBotシリーズが目白押し

Amazonブラックフライデーセール中は、Echoシリーズとのセットで購入するとかなりお得です!スマートスピーカーをまだお持ちでない人は一緒にチェックしておきましょう。

ただでさえリーズナブルでコスパが良いスマートホームデバイスを手に入れられるチャンスなので、この機会にチェックしてみてください。

\セール対象SwitchBotシリーズを探す!/

また公式サイトでは、ブラックフライデープレゼントキャンペーンを実施中です。

Amazonブラックフライデーだけではなく、SwitchBot公式サイトもぜひチェックしてみてください。

\ブラックフライデーキャンペーン実施中/

家を快適環境に自動化するSwitchBot便利アイテムを紹介!

家を快適環境に自動化するをテーマに、SwitchBotシリーズからおすすめしたい便利アイテムを紹介していきます。

各製品の機能など詳しく紹介していく前に、各製品の役割をざっくりまとめておきます。

スクロールできます

SwitchBot ハブミニ

¥4,480(税込)
  • リモコンを一括管理
  • 外出先でも家電の操作
  • SwitchBot製品のメインハブ

SwitchBot 温湿度計プラス

¥2,780(税込)
  • 温度/湿度をモニタリング
  • 加湿器を自動で起動する
  • 部屋の快適度チェック

SwitchBot 加湿器

¥5,980(税込)
  • 部屋を快適な湿度に調節
  • アロマの香りでリラックス
  • 水の残量を通知で確認

SwitchBot ボット

¥4,180(税込)
  • 物理スイッチの起動
  • アナログをスマート化
  • 少しの手間をスマホで操作

目に見えない気温や湿度を管理したくて、部屋の空調を自動で管理してくれるアイテムをチョイスしてみました。

特に冬場は寒さと乾燥に頭を抱えてしまいますが、加湿器とエアコンの操作だけなら13,000円程度で導入できるのでお財布にも優しいです。

SwitchBot ハブミニとSwitchBotシリーズを連携が必須条件になりますが、外出先でエアコンなどの操作も可能なのでシーンに応じた使い方ができるのも魅力的。

ゆう

導入したSwitchBotシリーズは随時更新していきます!

\他のSwitchBotシリーズをチェック/

SwitchBot ハブミニ

新色のブラックが仲間入り

SwitchBot ハブミニは、家中にあるリモコンを一括管理ができるスマートリモコン

音声操作に対応していない家電でもSwitchBotアプリに登録さえしてしまえば、音声操作や外出先でも遠隔操作ができるようになります。

SwitchBot ハブミニ|ポイント
  • 家電のリモコンを一括管理
  • 外出先でも遠隔操作が可能
  • SwitchBotシリーズの機能を拡張
  • 家電を音声操作できるようになる
  • ルーティンを登録しておけばを一括操作できる
  • リモコンの機能を一部使用できないモデルあり
  • SwitchBotシリーズを使う上で必要不可欠
  • ACアダプターが付属していない

SwitchBotシリーズは音声操作に対応していますが、SwitchBot ハブミニと連携しないと音声操作できない製品がほとんどなので必ずセットで買っておきたいアイテム。

SwitchBotシリーズの機能を拡張できるのはもちろん、リモコン操作で動く家電を一括管理が可能なのでルーティンをグループ化しておけば一声で様々な家電を一括操作ができるようになります。

SwitchBot ハブミニでこんなことができる

  • 「アレクサ、おやすみ」で電気を全て消す
  • 朝6時になったらエアコンと加湿器をつける
  • 帰宅前に遠隔操作でエアコンを起動しておく

上記以外にもSwitchBotシリーズと組み合わせることで、カーテンを自動で開けたり温度や湿度を外出先からモニタリングできたり生活に便利を拡張できる一台です。

SwitchBot ハブミニ|レビュー記事

スイッチボット(SwitchBot)
ホワイト
スイッチボット(SwitchBot)
ブラック

SwitchBot 温湿度計プラス

SwitchBot 温湿度計プラスは、温度と湿度をモニタリングできる温湿度計

温度データ
湿度データ

SwitchBot 温湿度計プラスだけでの使用でも、専用アプリを使用すればローカルデータで最大68日間のデータを保存できます。

SwitchBot ハブミニと紐づければ無期限でデータの保存が可能です。

ゆう

部屋の温度や湿度をデータ化できます!

SwitchBot 温湿度計プラス|ポイント
  • 音声アシスタント対応
  • 部屋の温度と湿度をしっかり管理
  • スイス製高精度センサー採用で誤差が少ない
  • 設置方法が3Wayと置く場所を選ばない
  • SwitchBot ハブミニを使用して家電の操作を自動化できる
  • 外出先で温度と湿度を確認できる(SwitchBot ハブミニが必要)
  • 温度と湿度しか測定できない
  • 機能を最大限に活用するにはSwitchBot ハブミニが必要

外出先から温度や湿度をモニタリングしたり、任意の数値を設定しておけばスマホに通知を飛ばしてくれるので目に見えない指数を見える化できる優れもの。

ディスプレイサイズは3インチと見やすくシンプルなデザインなので、インテリアとしても馴染みやすい嬉しい設計です。

帰宅前の部屋の温度をモニタリングしてSwitchBot ハブミニからエアコンを遠隔操作すれば、帰宅時には快適な温度で過ごせるので是非とも導入したい一台。

SwitchBot 温湿度計プラス|レビュー記事

スイッチボット(SwitchBot)

SwitchBot 加湿器

エアコンの操作だけではなく冬場の乾燥から守りたい人には、SwitchBot 加湿器を導入すれば部屋の乾燥に悩むことはなくなります。

SwitchBot 加湿器|ポイント
  • アロマオイルを使用できる
  • 空焚き防止&水不足をアラームで通知
  • 3.5Lと大容量のタンクを搭載
  • 超音波式で電気代が節約できる
  • SwitchBot温湿度計と併用で自動化
  • 音声操作でオン/オフが切り替えできる
  • SwitchBot ハブミニを使用しなくても遠隔操作可能
  • 超音波式なので手入れする頻度が多い
  • タンクへ水を補充するのが少し面倒

SwitchBot 加湿器はSwitchBot ハブミニを介さなくても、アレクサなどの音声操作や外出先から遠隔操作が可能な超音波式加湿器。

超音波式加湿器なので、衛生面のことを考慮して3〜5日に一度フィルターとタンクの手入れが必要です。フィルターは半年に一度の交換が推奨。

タンク容量は3.5Lと丸一日つけっぱなしでも十分な容量があり、水を補充するタイミングでスマホに通知を飛ばしてくれる機能も搭載。

SwitchBot 加湿器だけでも十分に便利ですが、ここまでに紹介したSwitchBot ハブミニとSwitchBot 温湿度計プラスを一緒に使用することで一定の湿度になったら自動で起動することもできます。

例えば、「湿度が60%以下になったら加湿器をつける」などの使い方が可能です。

SwitchBot 加湿器単体でも、「朝6時になったら起動する」みたいにスケジュール機能を搭載しています。

アロマオイルも付属のトレイに垂らして使用できますし、ハブミニと温湿度計プラス併用すればペットのために加湿器を自動で起動するなどシーンに応じた使い方ができておすすめです。

SwitchBot 加湿器|レビュー記事

スイッチボット(SwitchBot)

SwitchBot ボット

SwitchBot ハブミニだけではSwitchBotシリーズと赤外線リモコンにのみ対応しているのがネック。物理スイッチの操作もスマートホーム化したい人は、SwitchBot ボットも一緒に導入しましょう。

SwitchBot ハブミニと併用してクラウドサービスと紐づければ、アクションをiPhoneのウィジェットに追加したり音声操作が可能になります。

SwitchBot ボットだけでは、SwitchBotアプリを開かないと操作ができません。

SwitchBot ボット|ポイント
  • 物理スイッチをスマートホーム化
  • シーソー式スイッチもオン/オフ切り替えできる
  • 音声操作が可能(SwitchBot ハブミニが必要)
  • 両面テープで設置するだけ
  • パスワードを設定できる
  • 機能をフルに使うにはハブミニが必要
  • 電池がCR2型電池を採用

SwitchBot ボットは、壁スイッチやPCの起動ボタンなどを押してくれる指ロボット

押すモード
スイッチモード

シーソー型スイッチでも専用のアタッチメントを使用すればオン/オフの切り替えが可能なので、SwitchBot ボットを貼り付けられるスペースがあればどんな物理スイッチでも使用できます。

私の場合、意外と面倒なディスプレイ裏の電源ボタンで使用しています。このボタン、深く押さなくては反応しないのですが、調節して反応するようにしてみました。

ゆう

トリガーはiPhone背面をタップにしています!

手を伸ばすのに億劫な場所にあるボタンやスイッチをスマホや音声操作など環境に合ったトリガーで設定できるので、リモコンのない家電でも管理できて便利です。

SwitchBot 加湿器|レビュー記事

スイッチボット(SwitchBot)

SwitchBotシリーズの組み合わせで生活の質が向上

SwitchBot ハブミニを介して音声操作や外出先での遠隔操作ができて便利ですが、他のSwitchBotシリーズと組み合わせればもっと便利な使い方ができます。

例えば、開閉センサーを使用することで換気をするために窓を開けたら加湿器をオフにするなどちょっとした手間をなくしてくれます。

他にも環境にフィットしたスマートホームデバイスを豊富に扱っていますし、リーズナブルに購入できてほとんどの製品が電池駆動と配線なしで設置ができるのも嬉しいところ。

ゆう

初めてのスマートホーム化にはぴったりですね!

スマートロックやロボット掃除機など幅広く取り扱っているので、ぜひSwitchBotシリーズと一緒に自分だけの組み合わせでスマートホーム化して生活の質をあげましょう。

\SwitchBotシリーズを探す!/

SwitchBotシリーズのおすすめ便利アイテム|まとめ

初めてのスマートホームデバイスがSwitchBotシリーズでしたが、簡単にセットアップができてスマートホーム初心者の私にはピッタリでした。

他の製品も試してみたい魅力的な製品ばかりですが、今回紹介したSwitchBotシリーズを使用してからは空調管理に悩む必要がなくなり快適そのもの

今までなぜ導入しなかったのが疑問に思うくらいに、細かい部分に時間を割くことがなくなりました。

今回紹介したSwitchBotシリーズの機能と詳細

スクロールできます

SwitchBot ハブミニ

¥4,480(税込)
  • リモコンを一括管理
  • 外出先でも家電の操作
  • SwitchBot製品のメインハブ

SwitchBot 温湿度計プラス

¥2,780(税込)
  • 温度/湿度をモニタリング
  • 加湿器を自動で起動する
  • 部屋の快適度チェック

SwitchBot 加湿器

¥5,980(税込)
  • 部屋を快適な湿度に調節
  • アロマの香りでリラックス
  • 水の残量を通知で確認

SwitchBot ボット

¥4,180(税込)
  • 物理スイッチの起動
  • アナログをスマート化
  • 少しの手間をスマホで操作

自宅をスマートホーム化するのに腰が重い人やどのメーカーが良いか悩んでいる人は、リーズナブルで購入できて豊富なラインナップがあるSwitchBotがおすすめです。

家中の家電を一括管理して日々のルーティンを一括操作したい人は、ぜひ導入してみてください。

今回は、部屋ごと快適空間にするSwitchBotシリーズのおすすめ便利アイテムを紹介しました。

\自分あったSwitchBotシリーズを探す!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents