快適な操作性を誇る『ロジクール MX Anywhere 2S』ハイパフォーマンスなワイヤレスマウスをレビュー!

日々、PC作業で使用するマウス。ラップトップで作業する人にとって、持ち運びに便利なマウスを一つ持っておくとかなり便利ですよね。

自宅用と外出用で使い分けている人も中にいるはず。

ラップトップに持ち運び用のマウスをいくつか購入してきたのですが、ようやく自分が探し求めていたマウスに出会うことができました。

今回は、高性能で快適な操作性を誇るワイヤレスマウス『ロジクール MX Anywhere 2S』をレビューします。

Macでマウスをレシーバーなしで使用した人、快適な操作性やカスタマイズボタンにこだわりたい人は要チェックです。

ロジクール MX Anywhere 2S

ロジクールの最上位モデルでもあるMXシリーズ。価格は高いものの、快適な操作性やほとんど場所を選ばずに使用できるトラッキング性能には、高い買い物をして良かったと思えるくらい。

MXシリーズには4種類のラインナップがありますが、私が購入したのは一番コンパクトな『MX Anywhere 2S』を購入しました。

MX Master 2Sの選択肢もありましたが、持ち運びのことを考えると少し大きすぎるんですよね。デスク固定での使用であればかなり魅力的ですが…

特徴

ロジクール MX Anywhere 2Sの魅力を書き出していきます。

MX
  • レシーバーなしでもBluetooth接続が可能
  • カスタマイズ可能な5ボタン
  • 一台で三台のPCに切り替え接続ができる
  • logicool Flow対応(最大3台まで)
  • 場所を選ばないトラッキング性能
  • 充電タイプのワイヤレスマウス
  • 3分の充電で1日使用できる
  • 高速スクロール搭載
  • コンパクトで操作がしやすい設計
  • 操作性を高めるカスタマイズ

ロジクールのマウスを使用している人ならわかると思いますが、付属しているレシーバーを使用しないと接続できないマウスがほとんどなんですよね。

Anywhere 2Sならレシーバーを使用することなくBluetoothで接続ができるので、余計なUSBアダプターを使用する必要はありません。

カスタマイズできるボタンも5つ搭載。Logicool Optionsでボタンのカスタマイズができることもそうですが、スクロール速度など無段階で調節できるのもかなり嬉しいポイントです。

レビュー

それでは、高級マウスMXシリーズAnywhere 2Sをレビューしていきましょう。

高級感が溢れる外箱

内容物
  • Micro-USBケーブル
  • MX Anywhere 2S本体
  • Pico Unifyingレシーバー
  • 保証書

Micro-USBポートは少し上向きに付いているので、充電しながら動かしても問題なく使用できます。

マウスの上面にはカスタマイズ可能なボタンが3つホイールを押し込むことで高速スクロールの切り替えになっています。

高速スクロールの切り替えに慣れていないと、ホイールを左右に倒すと割り振られているボタンの誤作動が起きてしまうのは残念

側面にはボタンが2つ少し浅めの凹凸があるラバー素材

マウスのお尻の部分が接地していないため、最小限の手首の動きで操作できるので長時間使っていても疲れにくかったです。

人によってはわずかな違いかもしれないですが、〝長時間使用しても疲れにくい〟というのは嬉しい設計ですよね。

MX Master 2SやM705のように手で包み込むように持つのではなく、指で軽く挟んでマウス操作をする形になっています。

包み込むように持つような大きなマウスからの買い替えだと少し違和感を感じることもあると思いますが、程よい重さとボタンの配置の良さからかなり軽快に快適にマウス操作をすることができました。

女性の方でしたら、MX Master 2SよりもMX Anywhere 2Sの方がサイズ感的にちょうど良いのかなって感じます。

カスタマイズの自由さ

Logicool Optionsを使用することで簡単にペアリングやボタンのカスタマイズ、マウスの操作設定をすることができます。

Logicool
  • 各ボタンの割り当て
  • アプリケーションごとのボタンカスタマイズ
  • ポインター速度調整
  • スクロールの設定
  • Flowの設定

MX Anywhere 2Sでカスタマイズできるボタンは5つ。ジェスチェーボタンを使うことで1つのボタンに4つのカスタマイズが可能になっています。

私はボタンを押しながら上下左右に動かすのが少し面倒なので、各ボタンショートカットキーと戻る進むのカスタマイズで設定しています。

ショートカットキーを割り当てるだけでもかなり作業効率が高まるので、ボタンが多いマウスを一度使ってしまうとボタンがないマウスは使えなくなりますね…

アプリケーションごとにボタンの設定もできるので、Photoshopやブラウザー、iTunesで使い分けたいという人にもかなりおすすめ。

ポインターやスクロールの設定では、カーソルが無段階で調整できるので自分に合ったマウス操作の設定ができます。

Logicool Optionsをダウンロード

Flowの設定方法はマラソンマウス(M720 Triathlon)と一緒に紹介していますので、詳しくはこちらのリンクからどうぞ。

PC3台とペアリング可能!切り替えも楽々できる1台3役のトライアスロンマウス「ロジクール M720 Triathlon」をレビュー!

最大3台までペアリングが可能

MX Anywhere 2Sは最大3台までペアリング可能になっています。

デバイスの切り替えスイッチが裏面についているので、Flow機能を使わずデバイスの切り替えをよくする人にとっては少しストレスを感じてしまうかもしれないですね…

Flowも使用できるのはPC3台までマウス移動が可能。テキストや画像、ファイルの貼り付けも簡単に行き来できるので作業効率が上がるのも間違いなし。

Bluetooth接続できるのは嬉しい

やはり使用していて一番嬉しいポイントは、レシーバーを使用しなくても接続できるところ。

ロジクール製のマウスを使用するときにレシーバーをいちいち使用しなくてはいけなかったので、持ち運びに面倒だなと感じていたんですよね。特にMacBookで使用するときには、USB-C変換アダプターを使用しなくてはいけなかったので…

MXシリーズはBluetoothでの接続が可能なので、Macを使用している人でもWindowsを使用している人でもかなりおすすめできるワイヤレスマウスです。

まとめ

細かい部分を言ってしまえば、切り替えスイッチが裏面に付いていること高速スクロールの切り替えが少しやりにくい点は少し気になります。

何よりも値段が高い!自分も手が出しにくい価格でした…

ですが、〝お金を出しても買ってよかった〟と感じています。

“こんな人にオススメ”
  • カスタマイズの自由さ
  • 疲れにくい操作感
  • レシーバーを使用しないこと
  • どこで使用しても使える
  • ちょうど良いサイズ

どこへ持っていってもマウスがしっかり反応してくれるトラッキング性能には、持ち運びに使うマウスにとってかなり嬉しいポイントですよね。

もちろんメインのマウスとして長時間使っても疲れにくいっていうのは、作業効率や日々使うツールとしてかなりおすすめできるワイヤレスマウスです。

ハイパフォーマンスなワイヤレスマウスロジクール MX Anywhere 2Sの紹介でした。

それではっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です