2024年Amazonプライムデー目玉商品を紹介!ここからチェック!

Ulanzi VL-200Bi 200W Vマウントビデオライトをレビュー|メインビデオライトとして最適なスマホから操作ができる高出力ビデオライト

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

動画撮影のメインビデオライトに高出力なものがあると、ファンの音などが軽減ができて撮影環境をアップグレードできます。

今回紹介する「Ulanzi VL-200Bi 200W Vマウントビデオライト」は、200W出力の中でもリーズナブルに購入ができるので、メインビデオライトを手頃な価格で探している人に最適。

Ulanzi VL-200Bi 200W
  • 200Wのビデオライトの中ではリーズナブル
  • ボーエンズマウントに対応
  • LCDディスプレイで暗闇でも調整がしやすい
  • 専用アプリでスマホから操作ができる
  • Vマウントバッテリーが使用できる
  • DC電源アダプターが別売り
  • マウントが付属していない

Ulanzi VL-200Bi 200Wは、ボーエンズマウントに対応した高出力なビデオライト。

専用アプリ「Ulanzi Connect APP」と連携することで、スマホから光量・色温度などの調整ができる便利な1台。

今回は、メインビデオライトとして使いやすい高出力なビデオライト「Ulanzi VL-200Bi 200W Vマウントビデオライト」をレビューします。

この記事はメーカー様よりご提供いただき、率直なレビューを元に作成しています。

Contents

Ulanzi VL-200Bi 200W Vマウントビデオライト|スペック・詳細

Ulanzi VL-200Bi 200W Vマウントビデオライトのスペックと詳細を紹介していきます。

価格ビデオライト単体
29,999円
ビデオライト+電源アダプター
40,998円
重量1,353g
出力200W
CRI指数CRI>95
色温度2700K〜6500K
光量(ルクス)48300ルクス-6500K(1m)
※リフレクター使用時
駆動方式DC電源アダプター
入力:最大217W
Vマウントバッテリー
14.8V(>120W)/26V(>230W)
※120W出力のVマウントバッテリーを使用する場合は、最大50%まで調光が制限されます。
ブラケットベースライトスタンドマウント
対応マウントボーエンズマウント
スマホ操作対応
DMX対応
Ulanzi VL-200Bi 200W|スペック・詳細

Ulanzi VL-200Biは200W出力と高出力なCOBビデオライトで、Vマウントバッテリーを使用すれば屋内外でもケーブルレスで使用できる便利な1台。

奥から200W/60W/40W

Ulanziのビデオライトは、「Ulanzi LT028 40W」と「Ulanzi LT005 60W」も愛用していますが、コンパクトで使い勝手の良さに欠かせない撮影アイテム。

ただこの2つのビデオライトはスマホから操作ができず物足りない部分でしたが、Ulanzi VL-200Biではアプリからの調整が可能です。

Ulanzi製ビデオライトレビュー記事はこちら

GODOXやamaranなどの有名メーカーと比べてもリーズナブルに購入できるので、メインビデオライトを探している人にとって手が出しやすいビデオライトです。

Vマウントビデオライトシリーズには120Wモデルも選べる

200Wのビデオライトを紹介していますが、同シリーズには120Wのバイカラー・RGBカラーのビデオライトもラインナップされています。

スクロールできます

スクロールできます
製品名
VL-200Bi

VL-120Bi(バイカラーライト)

VL-120Bi(RGBライト)
価格ビデオライト単体
29,999円
ビデオライト+電源アダプター
40,998円
ビデオライト単体
17,999円
ビデオライト+電源アダプター
24,998円
ビデオライト単体
29,999円
ビデオライト+電源アダプター
36,998円
重量1,353g973g1,150g
出力200W120W
光量(ルクス)48300ルクス-6500K(1m)20700ルクス-6500K(1m)
マウントボーエンズマウント
バッテリー互換14.8V/26V14.8V14.8V/26V
静音モード
DMX
搭載非搭載
アプリ連携対応
詳細ページUlanzi|公式サイトUlanzi|公式サイトUlanzi|公式サイト

200Wと120Wのモデルに搭載されている機能の差はほとんどないですが、200Wのモデルだけに静音モードが搭載されています。

ゆう

もちろんスペックや使用できるバッテリーなど、細かい部分は異なります。

アプリとの連携やVマウントバッテリーが使用できる点など、各モデルともに対応しているので、価格と撮影環境に合わせて選ぶようにしましょう。

Ulanzi VL-200Bi 200W Vマウントビデオライト|レビュー

Ulanzi VL-200Bi 200Wをレビューしていきます。

同梱物
  • Ulanzi VL-200Bi 200W本体
  • 保護カバー
  • 取扱説明書

VL-200BiはオプションでDC電源アダプターを選ばないと付属していません

広範囲を明るく照らしてくれるCOBランプビーズを採用。マウントはボーエンズマウントに対応しています。

排気口と吸気口部分には、熱伝導性の高いアルミニウム素材を採用。

内部には大きい冷却ファンが搭載されており、本体温度が50℃を超えると自動で作動する冷却システムを備えています。

VL-200Biにはスレッドホールは搭載していないので、ライトスタンドマウントに対応する三脚を使用する必要があります。

サイドには、LCDディスプレイに調光・色温度・モードなどの切り替えボタンと調整用のダイアルを搭載。

重量は約1.26kg。他メーカーと比べるとかなり軽量なモデルなので、高出力のビデオライトを屋外で使用したい人にとっては持ち運びやすくて最適です。

Vマウントバッテリーと併用すればケーブルレスで使用できる

ボトム部分には、DC電源アダプター用のソケットとDMXジャックを2つ搭載

DC電源アダプターは航空コネクタを使用する必要があり、汎用性に劣ってしまうのがネックなところ。

VL-200Bi

レビュー冒頭でも書いた通り、専用のDC電源アダプターは別途購入する必要があります。レビュー執筆段階ではVL-200Biのオプションで追加するしか購入方法がありません。※現在:2024/06/20

DC電源アダプターには、DCジャックにネジで固定ができるので、ビデオライトの角度を変えたり移動をしても抜けてしまうことがなく安心して使用できます。

背面にはVマウントバッテリーに対応する収納部を搭載しています。

Vマウントバッテリーをしっかりはめ込むだけで使用できるので、ケーブルを使用できない撮影や手軽に撮影したい時に便利です。

VL-200Biに対応するVマウントバッテリーは、14.8V(120W出力以上)か16V(230W出力以上)のバッテリーに対応しています。

調光は50%までに制限されます

Ulanzi製の14.8Vに対応するバッテリーを使用していますが、14.8Vのバッテリーだと100W相当の出力でしか使用できません

とはいえ、室内での撮影であれば14.8Vでも十分な光量で撮影ができるので、出力の制限が気になることはありませんでした。

使用しているUlanzi製Vマウントバッテリーは、Ulanziグローバル公式サイトより購入が可能です。

バッテリーを外すときはボタンを押しながら引き抜く

Vマウントバッテリー装着部分にはロック機構が搭載されているので、ブームアームや急な角度を付けても簡単に外れない設計になっています。

ゆう

Vマウントバッテリーは重いものがほとんどだから事故防止になって安心!

無段階に光量・色温度の調整がしやすくライティングエフェクトも搭載

VL-200Biは暗闇でも鮮明に見やすいLCDディスプレイを搭載して、光量・色温度を無段階で調整が可能です。

Ulanzi VL-200Bi 200W|機能一覧
  • 光量・色温度の調整
  • ライティングエフェクトモード
  • DMXコンソールモード
  • Bluetoothモード(アプリ使用時)
  • 静音モード

カチカチとスムーズに回ってくれる調整ダイアルのおかげで、ピタッと微調整ができて使いやすかったです。

スクロールできます
1%
20%
50%
70%
100%

カメラの設定は、F4.2/SS100/ISO320で撮影しています。上記の写真よりも実際は明るく照らしてくています。

光量は0%〜100%まで無段階で調整可能。ソフトボックスにハニカムグリッドを装着して使用してみましたが、さすが高出力のビデオライトだけあり明るく照らしてくれます。

リフレクターのみ
リフレクター+ハニカムグリッド

どうしてもリフレクター+ハニカムグリッドだと光量は落ちてしまいますが、より明るく照らしたいときはソフトボックスのリフレクターのみで撮影すると明るさが際立ちます。

スクロールできます
2700K
4600K
6500K

色温度は2700K〜6500Kまでと幅広く対応

光量を下げて編集しています
VL-200Bi|ライティングエフェクト一覧
  • フラッシュ
  • テレビ
  • キャンドル
  • ストロボ1
  • ストロボ2
  • ストロボ3

VL-200Biには6種類のライティングエフェクトを搭載しているので、ムードのある動画を撮影したい人にもぴったりな1台です。

専用アプリと連携してスマホから遠隔操作ができる

アプリから操作が可能

専用アプリ「Ulanzi Connect APP」連携することでスマホから操作ができて便利

Ulanzi Connect

Ulanzi Connect

Shenzhen Ulanzi Technology Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

Ulanzi Connect APP|できること
  • 光量・色温度の調整
  • ライティングエフェクト
アプリとの連携は
Ulanzi Connect APP|連携手順
  • Ulanzi Connect APPをダウンロード
  • VL-200Biの「DMX」ボタンを押してBluetoothモードにする
  • アプリにVL-200Biを追加

デバイスからBluetooth設定でペアリングする必要がなく、基本的にはアプリをダウンロードしてVL-200Biをアプリに追加するだけで連携ができます。

アプリからの操作は最大30m離れた場所から遠隔操作ができるので、わざわざビデオライトから調整する必要がなくなるのでかなり嬉しい機能です。

ボーエンズマウントに対応して豊富なアクセサリーを選べる

VL-200Biはボーエンズマウントに対応したビデオライト

マウントを取り付ける部分にはロック機構を搭載。マウントを取り外すときは、銀色の部分を引きながらマウントをくるっと回して外せます。

取り付ける時はマウントを凹凸に合わせてカチッとなるまで回して装着完了です。

Ulanzi製の60cmソフトボックス(八角形タイプ)を使用してみましたが、大きいマウントでも簡単に外れることはないですし安心安全に使用できます。

もちろんボーエンズマウントに対応していれば、GODOX製などのソフトボックスも使用できるので、撮影に合わせたアクセサリーを幅広く選択可能です。

今回使用しているソフトボックス「Ulanzi AS-045」はワンタッチで折り畳みができて便利でした。

専用の収納バッグも付属しているので、収納に困りませんし持ち運びにも最適です。

使用しているUlanzi AS-045は、Ulanziグローバル公式サイトより購入が可能です。

冷却ファンを止める静音モードを搭載

VL-200Biには冷却ファンを止める静音モードを搭載しています。

ファンボタンを押すと静音モードになります

静音モードにすると光量が20%まで自動的に下がります

あくまで光量の強さに関わらず冷却ファンを止める仕様ではなく、光量の強さを下げて冷却ファンを止める仕様です。

静音モード:オフ
静音モード:オン

実際に冷却ファンの騒音レベルを計測してみましたが、冷却ファンが作動した状態でも45db程度と比較的静かでした。

動画を撮影していてもそこまで冷却ファンの音を拾うことはないですし、排気する箇所にマイクが当たらない限りはビデオライトから出るノイズを強く感じることはありませんでした。

Ulanzi VL-200Bi 200W Vマウントビデオライト レビュー|まとめ

動画撮影をする機会が多くなり高出力のメインビデオライトを探していたのですが、Ulanzi VL-200Bi 200Wを使用してからは、スマホからの操作や冷却ファンの静音性など満足度の高いビデオライトでした。

Ulanzi VL-200Bi 200W Vマウントビデオライト
総合評価
( 4 )
メリット
  • 200W出力でも低価格で購入できる
  • ボーエンズマウントに対応
  • Vマウントバッテリーを使用できる
  • アプリと連携してスマホから操作が可能
デメリット
  • DC電源アダプターが別売り
  • マウントが付属していない
  • 静音モードは光量が下がる

DC電源アダプターがセットで購入しないと付属しないのがかなりネック。リーズナブルに購入できるとはいえ、本体だけで約3万円するので、一緒に同梱していたらいいのに…というのが正直なところ。

とはいえ、スマホから操作ができたり、バッテリーを使用してケーブルレスでも使用できるのは、かなり使いやすく撮影までの準備をかなり時短してくれました。

部屋を真っ暗にした状態で撮影しています

ボーエンズマウントに対応してアクセサリーの選択肢も多いですし、1台だけでも明るく照らしてくれる光量を備えてるので、低価格でも明るいビデオライトを探している人に最適です。

今回は、スマホからの操作が可能な高出力なビデオライト「Ulanzi VL-200Bi 200W Vマウントビデオライト」をレビューしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

Contents