MacBook Pro/AirにおすすめなUSB-Cハブと選び方を紹介!

新型MacBook ProにはUSB-Cポートしか搭載されておらず、USB-Aの周辺機器を使用してきた人にとってはUSB-Cハブは必要不可欠

USB-Cハブを使うメリット
  • 簡単にポートを拡張できる
  • 外部モニターへの接続が簡単
  • 外出先に持ち運びしやすい

USB-Cのみ搭載したMacBookを使用している人は、USB-Cハブを一つ持ってさえいれば必要なポートを簡単に拡張できて便利。

ただ数多くあるUSB-Cハブの中から自分に合ったものがわからない人も多いのではないでしょうか。

今回はMacBook Pro/AirにおすすめなUSB-Cハブと選び方を紹介していきます。

Contents

MacBook Pro/AirのUSB-Cハブの選び方

USB-Cハブには2種類のタイプがあります。

USB-Cハブの種類

  • 一体型USB-Cハブ
  • ケーブル型USB-Cハブ

一体型USB-Cハブ・ケーブル型USB-Cハブには、それぞれ使用環境によって使いやすさが違ってきます。

USB-Cハブの選び方
  • 必要なポートが搭載されているか
  • 接続したまま充電が可能かどうか
  • Thunderbolt 3ポートが搭載されている
  • USB PDに対応しているか
  • 家内外で使用するかどうか

USB-Cハブを選ぶ上で共通して押さえておきたいポイントは、USB-Cハブを使用してもMacBookの性能を損なわないものを購入するようにしてください。

おすすめのUSB-Cハブを紹介する前に、各タイプのUSB-Cハブのメリット・デメリットを紹介していきます。

一体型USB-Cハブのメリット・デメリット

一体型のUSB-Cハブ

一体型USB-Cハブは、MacBookのポートに直にさして固定するタイプのUSB-Cハブ

余計なケーブルがついていないので、MacBookとの一体感は抜群に良いです。

メリット
デメリット
  • 省スペースで使用可能
  • 無駄なケーブルがなくスマートなデザイン
  • 一体感が抜群でスマートに使用できる
  • Thunderbolt 3ポートを減らしてしまう
  • 装着したまま衝撃があるとポートを傷つける恐れがある
  • SDやUSBの抜き差しがしづらい
  • ケースに干渉してしまう

価格帯として3,000円から10,000円ほどで購入できます。

一体型USB-CハブはThunderbolt 3ポートを一つ減らしてしまうを製品が多いので、少なくともデバイスを給電できるUSB-Cハブを購入すると良いでしょう。

\ 一体型USB-Cハブはコチラから /

ケーブル型USB-Cハブのメリット・デメリット

ケーブル型USB-Cハブ

ケーブル型USB-Cハブは、本体からケーブルが伸びているタイプのUSB-Cハブ

メリット
デメリット
  • ポートへのアクセスがしやすい
  • 安く購入できる製品が多い
  • Thunderbolt 3ポートをすべて塞がないで使用できる
  • 装着したまま移動するのが面倒
  • 使用環境によってはケーブルが邪魔
  • MacBookとの一体感がない

安いモデルであれば2,000円から7,000円ぐらいの価格帯で購入が可能。

一体型USB-Cハブと比べると安く購入できるモデルが多いので、USB-Cハブをとりあえず持っておきたい人はケーブルタイプのUSB-Cが最適。

ただケーブルがあることによってMacBookとの一体感は薄れてしまいますが、USBやSDの抜き差しがしやすく使い勝手が良いです。

\ ケーブル型USB-Cハブはコチラから /

MacBook Pro/AirにおすすめなUSB-Cハブ

一体型USB-Cハブ・ケーブル型USB-Cハブのどちらを購入する場合でも、搭載しているポートや充電に必要な充電出力があるかチェックしておきましょう。

USB-Cハブを購入する前にチェックしておきたいポート

  • MacBookの充電に対応しているUSB PD
  • USB-A(USB3.0)・USB-Cのポート数
  • SDカードスロットを搭載している
  • Thunderbolt 3ポート
  • 映像出力

それではMacBook Pro/AirにおすすめなUSB-Cハブを紹介していきます。

MixMart USB-Cハブ(7ポート)

MixMart USB-Cハブには、最大出力100WのThunderbolt 3ポートが搭載

本体上部には接続されているかどうか確認できるLEDライトも搭載されていて、USB-Cハブを使用して充電されているかどうか心配をする必要はありません。

MacBook Pro 16インチにも、充電しながらデータ転送が可能です。

スクロールできます
価格5,680円
重量約50g
搭載ポート・Thunderbolt 3(USB PD対応)
・HDMI(4K対応)
・データ用USB-C(データ転送速度:5Gbps)
・SDカードスロット(データ転送速度:最大104MB/s)
・Micro SDカードスロット(データ転送速度:最大104MB/s)
・USB3.0×2
対応デバイスMacBook Pro 13インチ(2016~)
MacBook Pro 15インチ(2016~)
MacBook Pro 16インチ
MacBook Air(2018)
MixMart USB-Cハブ|スペック

ただ残念なのが差し込んで使用する際に、ロゴが見える位置になってしまうこと。

価格帯は6,000円台で7in1のUSB-Cハブの中ではミドルクラス。

USB PDにも対応しているので、手が出しやすいUSB-Cハブです。

MixMart USB-Cハブの評価

価格
1
2
3
4
5
デザイン
1
2
3
4
5
ポート数
1
2
3
4
5

Satechi TYPE-C PRO HUB (7ポート)

アップル製品との相性が抜群に良い、Satechi TYPE-C PRO HUB

デザイン性の良さだけではなく、搭載されているThunderbolt 3ポートから5Kを出力可能

接続時のLEDライトも搭載しているので、MixMart製のUSB-Cハブ同様に接続確認もわかりやすいです。

スクロールできます
価格8,399円
重量約40g
搭載ポート・Thunderbolt 3(USB PD対応/5K対応)
・データ用USB-C(データ転送速度:最大5Gb/s)
・USB3.0×2(データ転送速度:最大5Gb/s)
・SDカードスロット(データ転送速度:最大104MB/s)
・Micro SDカードスロット(データ転送速度:最大104MB/s)
・HDMI(4K対応 )
対応デバイスMacBook Pro 13インチ(2016~)
MacBook Pro 15インチ(2016~)
MacBook Pro 16インチ
MacBook Air(2018)
Satechi TYPE-C PRO HUB|スペック

価格は8,000円オーバーと高いものの、まるで純正のように馴染む一体感は一体型USB-Cハブの中では特におすすめしたいですね。

Thunderbolt 3ポートを使用しての充電もMacBook Pro 15インチの87Wまで対応しているので、他の機器との接続をしながら充電環境を損なわずに使用可能。

重さも40gとかなり軽量でコンパクトなので、持ち運びに便利なUSB-Cハブです。

Satechi TYPE-C PRO HUBハブの評価

価格
1
2
3
4
5
デザイン
1
2
3
4
5
ポート数
1
2
3
4
5

レビュー記事 【レビュー】MacBook Proに一体型USB-Cハブを使うならSatechi TYPE-C PRO HUBが最高にクールでオススメ!

ODOMY USB Type-Cハブ (8ポート)

ODOMY USB Type-Cハブは、8in1でコスパの良いUSB-Cハブです。

奥にはThunderbolt 3・USB-C。手前にはSD・Micro SDカードスロットが搭載されており、SDカードへのアクセスがしやすくて便利ですね。

USB PD(最大100W)にも対応しています。

スクロールできます
価格4,390円
搭載ポートThunderbolt 3ポート(USB PD対応/5K対応)
HDMI(4K対応)
データ用USB-C
SDカードスロット(データ転送速度:最大5Gb/s)
Micro SDカードスロット(データ転送速度:最大5Gb/s)
USB3.0×3
対応デバイスMacBook Pro 13インチ(2016/2017/2018)
MacBook Pro 15インチ(2016/2017/2018)
MacBookAir 13インチ(2018)
ODOMY USB Type-Cハブ|スペック

手が出しやすい4,000円台で購入できるのは魅力的です。

「一体型USB-Cハブをとりあえず持っておきたい」という人であれば、ODOMY USB Type-Cハブはかなりおすすめ。

8ポート搭載ということもありサイズ感は大きめですが、どんな場面でも活躍してくれるUSB-Cハブです。

ODOMY USB Type-Cハブの評価

価格
1
2
3
4
5
デザイン
1
2
3
4
5
ポート数
1
2
3
4
5

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-Cハブ(7ポート)

created by Rinker
Anker
¥5,990 (2021/06/16 19:00:23時点 Amazon調べ-詳細)

ケーブル型USB-Cハブには珍しい最大出力100WのUSB PDが搭載されているAnker PowerExpand+ 7-in-1 USB-Cハブ

Thunderbolt 3ポートが一つしかないMacBookでも、他の機器を使用しながら充電できるので嬉しいスペックです。

スクロールできます
価格5,990円
重量約125g
搭載ポート充電用USB-C(USB PD対応)
データ用USB-C
HDMI(4K対応)
SDカードスロット
Micro SDカードスロット
USB3.0×2
対応デバイスMacBook(2015/2016/2017/2018)
MacBook Pro 13インチ(2016/2017/2018/2019/2020)
MacBook Pro 15インチ(2016/2017/2018/2019/2020)
MacBook Pro 16インチ
MacBook Air (2018/2019/2020)
iMac 21.5インチ/27インチ
iMac Pro
Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-Cハブ|スペック

データ転送速度は5Gbpsと様々なファイルを高速で転送することが可能。

Thunderbolt 3を搭載しているMac製品であれば使用することができます。

Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブは、Thunderbolt 3ポートを無駄なく使用したい人におすすめなUSB-Cハブです。

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-Cハブの評価

価格
1
2
3
4
5
デザイン
1
2
3
4
5
ポート数
1
2
3
4
5

NOVOO USB-C HUB(5ポート)

とにかくUSB-Cハブが欲しい人におすすめしたいのが、NOVOO USB-C HUB

必要最低限の5ポート搭載で4K出力が可能とコスパが良いです。

スクロールできます
価格2,999円
重量約48g
搭載ポートUSB3.0×2ポート
SDカードスロット
Micro SDカードスロット
HDMI(4K対応)
NOVOO USB-C HUB|スペック

MacBook Proに必要なポートが3,000円ほどで全て手に入ります。

USB PDは非対応。USB-AやSDカードからデータ転送をメインで使用する人であれば、NOVOO USB-C HUBさえあれば十分です。

NOVOO USB-C HUBの評価

価格
1
2
3
4
5
デザイン
1
2
3
4
5
ポート数
1
2
3
4
5

レビュー記事 スタイリッシュなアルミボディのType-Cハブ「NOVOO USB-C HUB」がType-C環境を快適にしてくれました。

CalDigit USB-C SOHO Dock

created by Rinker
CalDigit
¥15,840 (2021/06/16 09:11:14時点 Amazon調べ-詳細)

初めてのUSB-Cドックを探している人におすすめしたいのは「CalDigit USB-C SOHO Dock」。

スクロールできます
価格19,800円
重量90g
搭載ポート・USB-C 10Gb/s(ホスト)
・USB-C 3.2 Gen 2(データポート)
・USB-A 3.2 Gen 2(データポート)
・USB-C(USB PD)
・DisplayPort 1.4
・HDMI 2.0b
・SD 4.0 UHS-II カードリーダー
・microSD UHS-II カードリーダー
対応デバイス・macOS 10.13.6以降
・Windows 10以降
・USB-C搭載PC/タブレット
・Thunderbolt 3/4搭載のPC
CalDigit USB-C SOHO Dockのスペック

最大90Wのパススルー充電に対応しており、ドックを給電しなくともデバイスに接続するだけで使用できるバスパワーのUSB-Cドックとしても使用できます。

SOHO Dockの充電出力は充電アダプターの出力に応じて変化します。詳しくは下の画像を参考にしてみてください。

出典:CalDigitサポートセンター

Macでのモニター出力

出典:CalDigit商品ページ

Mac環境でのモニター出力はThunderbolt 3でのモニター出力は非対応

外部モニターを2枚使用してもそれぞれのモニターで拡張はされず、4K60Hzのデュアルミラーリングモードでのみ出力が可能です。

Windowsでのモニター出力

出典:CalDigit商品ページ

Windowsで外部モニター2枚を使用した場合は、4K60Hzのミラーリングモードか4K30Hzの拡張モードでのモニター出力が可能です。

USBポートにはUSB3.2 Gen、SDカードスロットはUHS-IIを採用しているので、データ転送スピードはストレスなく快適そのもの。

CalDigit USB-C SOHO Dockはデスク環境でも外出先で使用したい人でも、サイズはコンパクトで必要な高性能なポートを搭載しているので、作業環境を快適にしたい人に最適なUSB-Cドックです。

CalDigit USB-C SOHO Dockの評価

価格
1
2
3
4
5
デザイン
1
2
3
4
5
ポート数
1
2
3
4
5

レビュー記事 CalDigit USB-C SOHO Dockをレビュー!高速データ転送可能でコンパクトなUSB-Cドッキングステーション

MacBook Pro/AirにおすすめなUSB-Cハブ|まとめ

MacBook Pro/Airを快適に便利に使用するには、USB-Cハブはマスト周辺機器

必要なポートが搭載されているUSB-Cハブを選ぶのは当たり前ですが、USB-Cハブ選びで注意したいのはデバイスの充電出力が十分なのかどうかは必ずチェックしておきましょう。

タイプ別におすすめしたい人

一体型
ケーブル型
  • できるだけスマートに使用したい人
  • 装着したまま移動する
  • クラムシェルモードで使用したい
  • ポートへのアクセスがしやすい方が良い
  • USB-Cハブにできるだけ熱がこもらないようにしたい
  • データ転送用にコスパが良いものを選びたい

今回はMacBook Pro/AirにおすすめしたいUSB-Cハブと選び方のポイントについて紹介しました。

ぴったりのUSB-Cハブを手に入れて、快適なMacBookライフをお過ごしください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

Contents
閉じる