2021年ベストバイガジェットを紹介!記事はこちら

NATIVE UNION Stow Slim Sleeve MacBookをレビュー|スリムでミニマルなMacBookスリーブケース

  • URLをコピーしました!

MacBookを衝撃から守るためにスリーブケースに入れて普段から持ち運ぶ人にとって、デザイン性のいいものを選びたいところ。

様々なスリーブケースを気分によって試してきましたが、スリムなスリーブケースが使いやすくバックパックに入れて持ち運ぶのに最適。

スリーブケースはファッショナブルなものを選びたい人にNATIVE UNION Stow Slim Sleeve MacBook」を紹介

Stow Slim Sleeve MacBook|おすすめポイント
  • スリムでミニマルなデザイン
  • 柔らかいキルト素材で保護
  • マグネットで開閉
  • フィット感抜群

Stow Slim Sleeve MacBookは、シンプルでミニマルなデザインで評判の高い「Stowシリーズ」のスリーブケース。

マグネットで開閉可能なスリムでスタイリッシュなデザイン。柔らかいキルト生地でMacBookを保護してくれます。

外側にポケットを搭載しているので、USB-Cハブなどちょっとしたガジェットを収納可能。

デザイン性と機能性を備えたスリーブケース「NATIVE UNION Stow Slim Sleeve MacBook」をレビューしていきます。

Contents

NATIVE UNION Stow Slim Sleeve MacBook

NATIVE UNION Stow Slim Sleeve MacBookの詳細を紹介していきます。

価格8,800円
重量228g
カラー・インディゴ
・スレート
・セージ(13″モデルのみ)
対応サイズ13インチモデル
・MacBook Pro 13″(2016-2020)
・MacBook Air 13″ Retina
・MacBook 12″
※MacBook Pro 14″ 2021年モデルは非推奨
15-16インチモデル
・MacBook Pro 16″
・MacBook Pro 15″
※MacBook Pro 16″ 2021年モデルは非推奨
Stow Slim Sleeve MacBook|詳細

Stow Slim Sleeve MacBookは、耐久性のある素材を使用したタフでスリムなスリーブケース

内部には柔らかい素材を使用。マグネットで簡単に開閉できるので、MacBookを全方位から守ってくれます。

厚み1cmとかなりスリムな設計で、日頃からバックパックに入れて持ち運んでいる人にとってスマートに使えて最適です。

当サイトで紹介したNATIVE UNIONの製品はこちらから

NATIVE UNION Stow Slim Sleeve MacBookをレビュー

NATIVE UNION Stow Slim Sleeve MacBookをレビューしていきましょう。

今回購入したStow Slim Sleeve MacBookは13インチモデルのスレートカラー

メインの素材にはコーティングが施された撥水性のある素材を使用。ポケット部分にはファブリック素材を採用。

背面は撥水性のある素材のみを採用しているので、デスク上が多少濡れていても汚れにくく耐久性も抜群。「NATIVE UNION」の刻印が控えめでおしゃれです。

NATIVE UNIONのStowシリーズは革製品からヒントを得て製造されているだけあり、ほつれ一つない美しいステッチが施されています。

とにかくスリムなStow Slim Sleeve MacBook

クッション性のあるスリーブケースと比べると衝撃耐性は劣りますが、バックパックに入れて持ち運ぶ人にとっては荷物がかさばらずにスマートに持ち運べます。

小さいアクセサリーを収納できるポケットを搭載

Stow Slim Sleeve MacBookにはスリムなガジェットであれば収納できるポケットを搭載

ポケットは伸縮性がなくタイトな設計をしているので、大きめのガジェットを収納するには不向き。

個人的にはスリーブケースにそこまで収納力を求めていないため、MacBook Proと一緒に使用するUSB-Cハブなどを収納するには十分なスペース。

よく使うガジェットを収納できるので、スリーブケースを取り出して作業への移行がスムーズにできて便利です。

関連記事 【レビュー】MacBook Proに一体型USB-Cハブを使うならSatechi TYPE-C PRO HUBが最高にクールでオススメ!

スリーブケースに収納力を求めている人には不向きかもしれませんが、ガジェットポーチを常に持ち歩いている人であればそこまでデメリットとして感じることはないです。

ガジェットポーチを探しているならデイズポーチがおすすめです。

関連記事 デイズポーチをレビュー!使いたいモノをサッと取り出せてて省スペースで使用できる自立するガジェットポーチ

MacBookを傷から守るキルティング素材で使いやすい設計

Stow Slim Sleeve MacBookの内部は柔らかいキルティング素材を使用して傷から守ってくれます。

触り心地滑らかな素材。スリムなスリーブケースながら多少のクッション性があるのは嬉しいところ。

愛用しているMacBook Proを収納してみましたが、フィット感抜群で程よいスペースがありスムーズに収納できます。

MacBook Proを取り出す際に多少の力を入れなくてはいけませんが、気になるほどキツい感じはせずに出し入れができました。

ゆう

使用していくうちに使いやすくなっていきます。

収納したままでも充電が可能でMacBook Proを取り出す手間が省けてノンストレス。

マグネットで開閉するタイプのスリーブケース。

MacBook Proを使いたい時にサッと取り出せて、全方位からの保護性能も良く内部へのホコリの侵入を防げて使い勝手がいいスリーブケースでした。

スリムな設計だからマットとしても使用できる

スリムなスリーブケースを使用するメリットは外出時にマットとして使用できるので、わざわざバックパックにしまう手間が省けて便利です。

ポケット部分に厚みがあるためタイピングが不安定になるかと不安でしたが、打ちにくさを感じることはありませんでした。

冒頭でも書きましたが裏面は水に強い素材を使用しているので、カフェなどの空間でよく作業する人にピッタリのスリーブケース

今までCRAFSTOのレザースリーブケースを使用してきましたが、汚れに強くて手入れがしやすく外出時の作業に重宝します。

関連記事 CRAFSTOのブライドルレザーを使用したMacBook Air/Proスリーブケースは何年も長く愛用できておすすめ。

NATIVE UNION Stow Slim Sleeve MacBookレビュー|まとめ

今までレザースリーブケースを使用してきましたが、機能性や手入れが楽でスリムなStow Slim Sleeve MacBookは外出時によく作業をする人であれば買っておきたいスリーブケースでした。

メリット
デメリット
  • スリム
  • ミニマルなデザイン
  • 持ち運びに十分なポケット
  • 価格が高い
  • 衝撃性能が低い
  • MacBook Pro2021年に非推奨

MacBook Pro 2021年モデル(14″/16″)には非推奨のスリーブケースなのが残念。

ゆう

もしかしたら使用できるかもしれないですが保証はできません。

ミニマルでスタイリッシュなデザインですし、作業に必ず使うちょっとしたものをポケットに収納できるので便利。

バックパックの中にMacBook Proを持ち歩いている人にとって、Stow Slim Sleeve MacBookのスリムさは理想的なスリーブケースでした。

今回はMacBookをスタイリッシュに持ち運びたい人に最適なスリムなスリーブケースNATIVE UNION Stow Slim Sleeve MacBook」をレビューしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents
閉じる