2020年に買ってよかったもの公開中!詳しくはコチラ!

SpinFit(スピンフィット) CP1025をレビュー!快適な装着感とクリアなサウンドを味わえるAirPods Proイヤーピース。

日々使うAirPods Proには、フィット感が抜群でかゆくなりにくいイヤーピースを選びたいところ。

長時間着用していても快適に使用できるシリコン製イヤーピースを探しているなら「SpinFit(スピンフィット) CP1025」が最適です!

SpinFit CP1025|おすすめポイント
  • 高品質なシリコンを使用
  • 3Dクッションで耳の形にフィット
  • 音質がよりクリアになってPopsを聴く人に最適

柔らかい高品質なシリコンを使っていることもあり圧迫感がなく快適。SpinFit独自の3Dクッション構造で遮音性も高くフィット感も抜群です。

今回はAirPods Pro用イヤーピース「SpinFit(スピンフィット) CP1025」をレビューしていきます。

Contents

SpinFit(スピンフィット) CP1025

手入れがしやすく比較的リーズナブルなシリコン製のイヤーピースを探していたところ、SpinFit(スピンフィット) CP1025と出会い迷わず購入しました。

価格1,650円
サイズS/M/ML/L
素材傘部分:シリコン
マウント:TPU素材
対応イヤホン・AirPods Pro
・ノズル径が4.5~5mmのイヤホン
SpinFit CP1025|詳細

SpinFit CP1025は傘部分とマウント部分が2つに分かれた構成になっているイヤーピース。傘部分のみでもノズル径が4.5mm~5mmのイヤホンであれば併用が可能です。

出典|SpinFit公式サイト

SpinFit独自の3Dクッション構造が耳の形状に沿ってフィットするので、圧迫感がなくAirPods Proのノイズキャンセリング機能をより引き立たせる構造になっているのが最大の特徴。

SpinFit CP1025のサイズ

SpinFit CP1025のサイズはS/M/ML/Lの4サイズがラインナップされてます。

 サイズSpinFit CP1025Apple純正イヤーピース
S11mm10mm
M11.5mm12mm
ML12mm
L13mm14mm
サイズ比較(外径)

SpinFitに買い替えを考えている人は上の表を参考にサイズ選びをするようにしましょう。

使用しているApple純正イヤーピースのサイズより大きめのサイズを選ぶとちょうどいいサイズ感でした。

SpinFit(スピンフィット) CP1025をレビュー!

SpinFit(スピンフィット) CP1025をレビューしていきましょう!

サイズによって3Dクッション部分の色が違うので、左右のサイズが違う人でもわかりやすくて迷うことがありません。

内容物
  • イヤーピース×2セット
  • 専用マウント×1セット

消耗品でもあるイヤーピースですが、SpinFitは2セット同梱されているのは嬉しい限り。

Apple純正イヤーピースではMサイズを使用していたので、サイズ表通りMLサイズを購入しましたが、耳に装着した感じだと少し小さいと感じました。

SpinFitを購入する場合は、いつも使っているサイズよりも大きめのサイズを購入するのがベストですね。

サイズ展開にMLサイズがあるとはいえ、もう少しイヤーピースの大きさの幅があれば選びやすいのですが…

専用アダプターに装着する2つの構造

冒頭にも書いた通り、SpinFit CP1025は専用マウントと傘部分が2つに分かれた構造をしています。

傘部分のシリコンは触り心地も良く、透明感がありAirPods Proとの相性も抜群!

マウント部分はホコリやゴミが流入しないようにフィルターが搭載されています。

私が愛用していたAZLA SednaEarfit XELASTEC for AirPods Proのマウントに装着してみましたが、SpinFit CP1025を装着できませんでした。

ゆう

AZLA製のマウントが気に入っていただけに残念…

SpinFit CP1025を使用する場合は、専用のマウントを使うようにしましょう!

AZLA製のイヤーピースは吸い付くようなつけ心地でおすすめです!

レビュー記事 最高の装着感を味わえるAirPods Pro専用イヤーピース「AZLA SednaEarfit XELASTEC for AirPods Pro」をレビュー!

SpinFit CP1025の装着方法

STEP
専用マウントを装着する

まずはAirPods ProにSpinFitの専用マウントを装着

マウント部分には迷わず装着できるようにサイドに2つのドットが搭載されているので、AirPods Proの入力マイク部分に合わせるだけで簡単にマウントを装着できます。

STEP
傘部分をマウントに装着

マウントが装着できたら、傘部分をマウントに押し込む形で装着します。

傘部分の装着をするときに巻き込んでしまうので、引っ張って修正する必要があります。

3Dクッション部分がマウントの隙間に均一に入り込んでいれば正しく装着されています。

しっかり装着されているか不安な方は、上の画像のようになっているか確認してみましょう。

SpinFit CP1025の装着方法を動画で解説しています。

柔らかいシリコンと3Dクッションで装着感は抜群!

Apple純正のイヤーピースと比べるとシリコンが柔らかく、SpinFit独自の3Dクッション構造で耳にフィットして遮音性が向上しました。

指で軽く摘んだだけでふにゃりと変形するほど柔らかく手触りもサラサラ。

AirPods Proをスムーズに着用できますし、耳の奥にしっかりと入り込んでいるのに強い異物感を感じませんでした。

Apple純正イヤーピースと比べてみるとSpinFitの傘部分が薄くとにかく柔らかいので、耳への負担もかなり軽減されます。

SpinFitのイヤーピースは高い弾力性があるシリコン素材なので、薄い設計とはいえフィット感を失わずに装着できて好印象。

長時間着用してもかゆくなりにくく快適

イヤーピース選びの最も重要なポイントは、長時間使用しても快適に使えるかどうかです。

SpinFitを着用して数時間使用してみましたが、Apple純正イヤーピースと比較しても快適に使用できました。※人によってはシリコン素材が合わない場合もあります。

個人的にAirPods Proのようなカナル型イヤホンは圧迫感があって苦手なのですが、イヤーピースを変えただけで軽減されるのは嬉しい限りです。

AirPods Proの充電ケースもしっかり閉められる

SpinFitを装着したままでも充電ケースを閉じられて、イヤホンの充電も問題なくできました。

Wireless Charging Caseのくぼみにしっかりと収納できて、ケースが閉じなかったりすることはありませんでした。

干渉してしまってAirPods Proの充電ができていないか心配をする必要はないので安心して使用できます。

SpinFit(スピンフィット) CP1025の音質をチェック!

SpinFit CP1025はPOPSをよく聴く人に強くおすすめしたいイヤーピースです。

SpinFit CP1025の音質チェック!

高音(9)
中音(8.5)
低音(6.5)
クリア感(9.5)

とにかく中〜高音域の広がりが際立って低音域も聴きやすく、全体的にクリアな音質に向上

一番強く感じたのはボーカル音が繊細で美しい高音質。特に女性ボーカルの曲を聴くとわかりやすくいつまでも聴いていたい気分になりました。

ゆう

全ての音質がクリアで広がりある音質になるよ!

ただクラシックやジャズでは、SpinFitの良さをあまり発揮しきれていない印象でした。

SpinFit CP1025はPOPSやアコースティック系の曲をよく聴く人には最適ですね!

SpinFit(スピンフィット) CP1025をレビュー|まとめ

シリコン製のイヤーピースは手入れがしやすく比較的リーズナブルに購入できて、気軽にカスタマイズしたい人に最適。

その中でもSpinFit CP1025は、かゆくなりにくく長時間着用していても快適に使用できるイヤーピースでした。

こんな人におすすめ!
  • かゆくなりにくいシリコン製イヤーピースを探している
  • ノイキャン性能を向上させたい
  • 耳へのフィット感を重視したい
  • POPSなどを好んで聴く人

高品質なシリコンを使用しているだけあって、Apple純正と比べても耳が疲れにくく音質もクリアになって聴きやすいです。

特に女性ボーカルの楽曲をよく聴く人に使ってもらいたいイヤーピースですね!

3Dクッション構造でフィット感が抜群!快適に長時間使用できるシリコン製イヤーピース「SpinFit(スピンフィット) CP1025」をレビューしました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ガジェットを中心に世界中の良いモノ善きコトを発信しています。
〝誰かのため〟に情報マガジン『USEFUL TIME』で記事を執筆中。

コメント

コメントする

Contents
閉じる