MENU
Category
2020年に買ってよかったもの公開中!詳しくはコチラ!

【2020年】実際に使って買ってよかったものベストガジェット10選を紹介!

2020年も残りわずか!様々なガジェットと出会えて幸せな1年になりました!

今年の買ってよかったものは、お気に入りのアクセサリーや生活を豊かにしてくれたガジェットばかりでした!

USEFUL TIMEでは様々なガジェットを紹介してきましたが、2020年の締めくくりに厳選して買ってよかったベストガジェット10選を紹介していきます。

2019年の買ってよかったものはこちらの記事で紹介しています。

Contents

2020年に実際に買ってよかったものを紹介!

2020年も様々なガジェットと出会ってきましたが、この1年は特に作業が楽しくスムーズに快適にできるガジェットと出会えた1年でした…!

紹介する買ってよかったもの|一覧
  • iPad Pro関連
  • AirPods関連
  • PC周辺機器・アクセサリー
  • iPhone 12 Pro Maxアクセサリー

レビューしたガジェットの中から買ってよかったもの10選を紹介

ゆう

どれも素敵なガジェットで選ぶのが大変でした…

iPad Pro 11インチ(2018年モデル)

2020年モデルのiPad Proが発売前に整備済製品から購入した2018年モデルのiPad Pro 11インチ

関連記事 Apple認定整備済製品からApple製品を購入するメリット・デメリットを詳しく解説!

マインドマップの作成だったりデザインのラフ、外出先での急な記事の修正でよく使用しています。

iPad Proでよく使っているアプリ
  • MindNode
  • コンセプト
  • Lightroom

そこまで多くのアプリを入れているわけではないですが、Appleユーザー御用達のマインドマップ作成アプリ「MindNode」は頭の情報の整理に重宝しています。

MindNode – Mind Map

MindNode – Mind Map

IdeasOnCanvas GmbH無料posted withアプリーチ

今までMacBook Proを常に持ち運んでいましたが、緊急な作業でもiPad Proだけ持ち歩いていれば対応できるので2018年モデルとはいえ外出先でのベストパートナーです!

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub

iPad Proのポートを拡張するために購入した、一体型のUSB-Cハブ HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hub

おすすめポイント
  • Smart Folioを装着したまま使用できる
  • アダプターを交換できる2Wayタイプ
  • 充電しながらデータ転送が可能
  • USB PD(最大60W)に対応

iPad Pro専用設計の一体型USB-Cハブですが、延長アダプターに交換すればMacBookに使用できるので、HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubを1つ持っておけばUSB-C搭載デバイスのポート拡張が可能。

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubの5つのポート
HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C HubのHDMIポート
搭載ポート
  • SDカードスロット
  • micro-SDスロット
  • イヤホンジャック
  • USB-Cポート
  • USB3.1
  • HDMI(4K30Hz)

HyperDrive iPad Pro 6-in-1 USB-C Hubには6つのポートが搭載。一体型USB-Cハブは気軽に持ち運べるiPad Proにぴったりのガジェット。

USB-Cのみ搭載したデバイスを併用している人にもオススメしたUSB-Cハブです。

Twelve South PencilSnap

Apple Pencil(第2世代)を収納するために購入した、Apple Pencilレザーケース Twelve South PencilSnap

おすすめポイント
  • 第1世代・第2世代に対応
  • ペン先まで保護ができる
  • iPad Proにマグネットで着脱可能

大切なApple Pencilを日頃から持ち運ぶ人にオススメしたいApple Pencilケース

マグネットの力はそこまで強くはないですが、カバンに入れて持ち運ぶ程度であれば十分に装着できます。

Apple PencilとiPad Proをセットで持ち運ぶことが多く、ペン先まで保護できてマグネットで簡単に着脱できるTwelve South PencilSnapは理想のApple Pencilケースでした。

AirPods Pro

2020年で購入したガジェットの中で最も買ってよかったものがAirPods Pro

おすすめポイント
  • アクティブノイズキャンセリング
  • 外音取り込みモード搭載
  • 圧迫感がなく自然なつけ心地
  • 長時間の使用でも耳が痛くならない
  • iCloudアカウントで一括ペアリング

音楽を雑音のない世界で楽しめるアクティブノイズキャンセリング機能に加え、AirPods Proを装着したままでも周囲の音を自然に聞き取れる外音取り込みモードのおかげで作業環境の世界が変わりました

ゆう

作業環境に合わせて切り替えられるから便利!

今までカナルタイプの密閉感が苦手だったのですが、通気システムのおかげで圧迫感がなく長時間着用しても快適さを持続してくれます。

長時間イヤホンを着用して作業する人で購入するか悩んでいるのであれば、間違いなく買う価値のあるのワイヤレスイヤホンです。

NOMAD Rugged Case for AirPods Pro

こだわり抜かれたAirPods Proレザーケース NOMAD Rugged Case for AirPods Proを愛用しています。

おすすめポイント
  • ストラップホール搭載
  • 最高峰の高品質レザーを使用
  • 保護性能に優れたTPEバンパー

購入する前はIncase AirPods Pro Case with Woolenexを愛用していたのですが、NOMAD Rugged Case for AirPods Proに一目惚れをして気がついたら購入していたほどかっこいいAirPods Proケース

関連記事 AirPods Proの定番ファブリックケース「Incase AirPods Pro Case with Woolenex」をレビュー!

NOMAD Rugged Case for AirPods Proの内側にはマイクロファイバーを使用。傷がつきやすいWireless Charging Caseをしっかりと保護してくれます。

装着するための両面テープは付属していないですが、フィット感が抜群なので使っていてケースが外れることはありません

NOMAD Rugged Case for AirPods Proをワイヤレス充電

ワイヤレス充電にも対応していますし、LEDランプを確認する穴には小さいパイプが装着されているのでどの角度からでも確認できます。

高品質なレザーを使用しているレザーケースなので、エイジングを楽しみたい人にオススメしたいAirPods Proケースです。

AZLA SednaEarfit XELASTEC for AirPods Pro

AirPods Proをより快適に使用するために、イヤーピース AZLA SednaEarfit XELASTEC for AirPods Proを購入しました。

おすすめポイント
  • 体温で変形して耳にフィット
  • 自然な音質で楽しめる
  • 吸い付くような装着感

AZLA SednaEarfit XELASTEC for AirPods Proを使用してからは、AirPods Proをまるで付けていないかのような快適さを味わえます

体温で柔らかくなる素材が使用されており耳に吸い付くようにフィットので、アクティブノイズキャンセリング機能をより引き立たせてくれるイヤーピース。

装着感もそうですが、イヤーピースを変えただけで自然な音質に変わったのは驚きの一言。

Apple純正iPhone 12 Pro Maxレザーケース

新型iPhoneが発売されるたびに、迷わず購入しているのがApple純正レザーケース

おすすめポイント
  • MagSafe対応
  • 高品質レザーを使用
  • 最高にフィットする装着感

今回購入したiPhone 12 Pro Maxに合わせ、サドルブラウンのApple純正レザーケースを購入しました。

Apple純正レザーケースを購入する最大の理由は、新型iPhoneのために設計されていること。

カメラ部分の隙間のない設計、操作感を損なうことのないデザイン性のあるアルミボタン。最高にカッコよくクオリティの高さには買うたびにうっとりしてしまいます。

レザーの醍醐味でもある風合いの変化を楽しめるiPhoneレザーケースなので、自分だけのレザーケースに育てていくのが楽しみで仕方ありません…!

REALFORCE TKL for Mac

Win配列の東プレ REALFORCE 91UBKを愛用していましたが、Mac配列のキーボードに新調したくて最高峰のキーボード 東プレ REALFORCE TKL for Macを購入。

おすすめポイント
  • 心地のいい打ち心地で疲れにくい
  • Windowsモード搭載
  • 静電容量無接点方式
  • 誤認識が少ない
  • 耐久性抜群

Mac配列のキーボードといえばHHKBが有名ですが、東プレのキーボードは一度使用すると離れなくなるぐらい欠かせない存在になります。

私が購入したREALFORCE TKL for Macは変荷重モデル。滑らかな質感のホワイトと悩みましたが、サラサラとした質感のブラックを購入しました。

キー列に段差のあるステップスカルプチャー構造で、キー操作がスムーズで指が勝手に動いている感覚は気持ちがいいの一言。

キーを奥まで押さなくても反応する静電容量無接点方式。打ち込む指に最適なキー荷重が設定されている変荷重のおかげで、いつまでも心地のいい打ち心地はREALFORCEならではの魅力です。

ロジクール MX Anywhere 3

ロジクール Masterシリーズの中でコンパクトなロジクール MX Anywhere 3は、軽快な操作感で待望のUSB-Cを搭載した最上級のコンパクトワイヤレスマウスでした。

おすすめポイント
  • ガラス面でも使用できる
  • Logicool Flowに対応
  • 4つのボタンを搭載
  • 2時間でフル充電
  • USB-C搭載

MX Anywhere 2SのUSB-C非搭載・ホイールの静音性などに不満な点があったんですよね。

MX Anywhere 3は旧モデルの不満点を全て解決してくれた嬉しいモデルチェンジとなりました。

マウスのお尻部分が局面になっており少ない手首の動きでスムーズに操作ができるので、軽快で快適なマウス操作が可能です。

カスタマイズできるボタン数は4つと少ないですが、専用アプリLogicool Optionsでジェスチャー機能を使えば1つのボタンに上下左右中央と5つまでカスタマイズが可能

関連記事 Logicool Optionsの機能や使い方を詳しく解説!

持ち運び用のマウスとしても持ち運びやすいサイズ感、普段使いでも快適な操作ができるので、簡単な作業時のベストパートナーとして大活躍してくれています。

MOFT Carry Sleeve

PCスタンドと一体型のスリーブケース MOFT Carry Sleeveは外出先での作業で大活躍するガジェット。

おすすめポイント
  • 2段階の角度調整
  • 薄さ7mmと持ち運びに最適
  • ガジェットを収納できるポケット

MacBook Proに貼り付けるタイプのPCスタンド MOFTを使用していましたが、スリーブケースと一緒に持ち歩いていたためMOFT Carry Sleeveは理想のスリーブケースでした。

関連記事 ラップトップスタンド「MOFT」をレビュー!持ち運びに最適なわずか3mmの最薄PCスタンド。

15°
25°

角度調整は15°と25°の2段階で調節できて、滑り防止のストッパーを搭載。滑り落ちる心配もないですし安定したキー入力が可能。

PCスタンドの組み立てはマグネットでつけるか折り込むだけなので、スムーズにPCスタンドとして組み立て使用できます。

収納ポケットに収納したガジェット

伸縮性のある素材が使われている収納ポケット部分には、外出先で使用する周辺機器をたっぷり収納できるので外出先で作業する人にとって嬉しい設計。

薄さはわずか7mmなので衝撃には強くはありませんが、リュックに入れて持ち運ぶ人カフェなどで作業する人にオススメしたいスリーブケースです。

2020年買ってよかったモノ|まとめ

毎年、色々なガジェットを購入していますが、今年は長く使っていたいガジェットと巡り会える良き1年でした。

ゆう

毎年良きガジェットと出会えて幸せ…

紹介したガジェットの中でもAirPods Proは、今まで音楽を聴きながら作業できなかった環境をガラリと変えてくれたので、心から買ってよかったガジェットでした!

今回は2020年に実際に使って買ってよかったものを10つ厳選して紹介しました。

まだまだ欲しいガジェットが山ほどあるので、来年もまた幸せな1年になりそうです…!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ガジェットを中心に世界中の良いモノ善きコトを発信しています。
〝誰かのため〟に情報マガジン『USEFUL TIME』で記事を執筆中。

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる