2020年に買ってよかったもの公開中!詳しくはコチラ!

【2021年】iPhoneにオススメな周辺機器とアクセサリーを紹介!

iPhoneを購入したら新しいアクセサリーや周辺機器を購入するか楽しみで仕方がありません。

iPhoneアクセサリーといっても、種類が多くどのアクセサリーが本当にいいのか悩んでしまいますよね。

ゆう

目移りしてしまって困っちゃう…

この記事で紹介する内容
  • 便利なiPhoneアクセサリー・周辺機器
  • まず買っておくべきiPhoneアクセサリー
  • より快適にiPhoneを使用できるアクセサリー

今回は最新iPhoneを購入したら一緒に買っておきたい、iPhoneにオススメなアクセサリー・周辺機器を実際に使ってよかったものだけ紹介していきます!

Contents

まずはじめに買っておきたいiPhoneアクセサリー

新しいiPhoneを購入したらケースと保護フィルムは同時に準備しておくようにしましょう。

保証対象外35,800円
AppleCare+全モデル|3,700円
iPhone 12 Pro Maxの画面修理費

Apple Care+に加入で保証対象内であればディスプレイ交換は一律3,400円で済みますが、保証対象外だと最大35,800円と高い出費になってします。

思わぬ落下から購入したてのiPhoneが壊れて、高い修理費を払うなんてもったいないです…

大切なiPhoneをしっかり保護してくれるアクセサリーは必ず用意しておきましょう!

iPhoneにオススメな周辺機器とアクセサリーを紹介!

新しいiPhoneを購入したら買っておきたい便利な周辺機器とアクセサリーを厳選して紹介していきます!

紹介する周辺機器とアクセサリー
  • ケース
  • ガラスフィルム
  • 急速充電器
  • ライトニングケーブル
  • モバイルバッテリー
  • MagSafeアクセサリー

MagSafe対応Apple純正iPhoneレザーケース

数あるレザーケースの中でもApple純正iPhoneレザーケースは、細部までこだわりのあるデザインにヨーロピアンレザーが使用されている高級感があるApple純正レザーケース。

おすすめポイント
  • 純正だけあってフィット感はバッチリ
  • ボタン類はアルミ素材
  • シンプルながらも高級感のある本革を使用
  • MagSafe対応

ケース自体は引っ掻き傷などが付きやすいですが、時間とともにレザーケースの変化を楽しめるのも本革のレザーケースを使うメリット。

iPhone 12 Pro Maxだけフラットじゃない…

iPhone 12 Pro Max以外はフラットなのに、唯一の欠点はカメラバンパーが出っ張っていること。

フィット感はさすがApple純正の一言。ガラスフィルムを貼り付けて着用しても干渉することはありません。

MagSafeアクセサリーがこれから増えてくると思いますが、「Appleから発売しているMagSafeアクセサリー」というだけで安心感があります。

iPhoneXSからApple純正レザーケースは迷わず購入しているくらいクオリティが高いので、レザーケースを探している人に最適解なiPhoneケースです!

Spigen Glas.tR EZ Fit

ガラスフィルムは貼り付けが難しいのが欠点。Spigen Glas.tR EZ Fitはとにかく貼り付けが簡単で、どんな人でも簡単に貼り付けられます。

おすすめポイント
  • 貼り付け専用フレーム付き
  • Spigen製ケースならなんでも併用可能
  • 透明感の高いガラスフィルム
  • 汚れを簡単に除去できる
  • 厚みは0.4mmと高耐久性

Spigen Glas.tR EZ Fitは貼り付けフレームにガラスフィルムが貼り付けられているので、貼り付けが苦手な人でも位置がズレることなく一発で貼り付けができます。

Apple純正レザーケースとの相性も抜群

Apple純正レザーケースと併用してもフレーム部分の隙間が2mm程度あり、干渉する心配はありません。

ゆう

ガラスフィルムを使いたいけど貼り付けがなぁ…

保護フィルムの貼り付けに時間をかけたくない人や失敗ばかりしてしまう人は、Spigen Glas.tR EZ Fitを使えばどんな人でもキレイに貼り付けられるのでオススメです!

JBL TUNE205BT

ワイヤレスイヤホンにはカナルタイプが多く、閉塞感が苦手な人で長時間使用するには不向き。

AirPodsのようなオープンタイプのイヤホンを探している人は、JBL TUNE205BTがおすすめです。

おすすめポイント
  • バランスのとれた音質
  • 絡みにくいフラットケーブル
  • 閉塞感がないオープンタイプ
  • 2時間の充電で最大6時間再生可能
  • 価格は3,650円とエントリーモデル

リーズナブルなのにバランスのとれた音質。トータル的にみてかなりコスパのいいワイヤレスイヤホンです。

絡みにくいフラットケーブルを採用。長時間装着しても疲れにくく閉塞感はありません。

閉塞感やエントリーモデルのワイヤレスイヤホンを探している人であれば、JBL TUNE205BTはかなりおすすめ!

AirPods Pro

デスクワーカーに最適な完全ワイヤレスイヤホンを探しているなら、声を大にしてAirPods Proをおすすめします!

created by Rinker
Apple(アップル)
¥25,680 (2021/05/06 01:45:28時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめポイント
  • 没入感を味わえるノイズキャンセリング
  • 周囲の音を自然に取り込む外部音取り込みモード搭載
  • Apple製品と簡単にペアリング
  • 耳の形状に合わせて最適な音質で楽しめる
  • 対応しているビデオで3Dオーディオを楽しめる
  • 長時間使用しても疲れにくい通気システム搭載
  • 価格は30,580円

Appleの最新テクノロジーがふんだんに詰め込まれているAirPods Pro。

周囲の音を無音にかき消すノイズキャンセリング機能はもちろんのこと、外部音取り込みモードに切り替えると自然に周囲の音が聴き取れます

ゆう

初めて体験した時は鳥肌がたった…!

価格はめちゃくちゃ高くて手が出しにくいかもしれませんが、AirPods Proを購入してから作業環境がめちゃくちゃ豊かになりました。

特にデスクワーカーの人で、「仕事のオン・オフを区別したい」という人におすすめしたいです!

AirPods Proのおすすめアクセサリーの記事も一緒にチェック!

関連記事 AirPods Proと一緒に購入しておきたいおすすめアクセサリーを紹介!

SONY WH-1000XM4

業界最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載した、オーバーヘッドワイヤレスヘッドホンSONY WH-1000XM4は音楽や映画を自分の世界で楽しむのに最高のヘッドホンです。

おすすめポイント
  • 静寂を楽しめるノイズキャンセリング機能
  • 最適なリスティング環境に合わせてくれる
  • 同時に2台のデバイスと接続可能
  • 圧縮音源でもハイレゾ級の音質
  • 外音取り込みモード搭載
  • ハイレゾ再生対応
  • 有線接続可能
  • USB-C搭載

ノイズキャンセリング機能の性能は言わずと知れたヘッドホンWH-1000XM4ですが、外音取り込みモードは少しこもったように聞こえます

出典:WH-1000XM4商品ページ

ストリーミング再生や動画などの圧縮音源でもハイレゾ級の高音質で楽しめるので、iPhoneで動画の視聴やストリーミングサービスをよく使っている人にとって最高の環境で楽しめます

柔らかいパッドのおかげで長時間着用してても疲れにくく、座る・歩くなどユーザーの行動に合わせて最適なリスティング環境に自動で切り替えてくれます。

どんな場所でもどんなシーンでも最高の環境を作りたいのなら、SONY WH-1000XM4は最高のワイヤレスヘッドホンです。

Anker PowerCore III Fusion 5000

Anker PowerCore III Fusion 5000は、モバイルバッテリーを充電するケーブルが不要で急速充電器としても使用できて便利です。

created by Rinker
Anker
¥3,590 (2021/05/06 06:48:00時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめポイント
  • USB-C(最大18W)USB-A(最大12W)の2ポート
  • iPhone 11をわずか30分で50%まで充電
  • 充電はコンセントに直挿し
  • 急速充電器として使用できる
  • 低電流モード搭載

従来のモバイルバッテリーはバッテリーを充電するためのケーブルと充電アダプターが必要でした。

Anker PowerCore III Fusion 5000は搭載しているプラグをコンセントに挿すだけで充電ができるとともに、iPhoneの充電器としても使用できる2Wayタイプのモバイルバッテリー。

デバイスがフル充電された後にモバイルバッテリの充電が始まります。

Anker PowerCore III Fusion 5000さえあれば、外出先はもちろん出張先でも大活躍してくれます。

iPhone 12シリーズをお使いの人は20Wに対応しているAnker PowerCore Fusion 10000がオススメです!

created by Rinker
Anker
¥4,790 (2021/05/06 18:29:59時点 Amazon調べ-詳細)

belkin DuraTek Plus USB-C to ライトニングケーブル

とにかく長く使えるライトニングケーブルを探しているなら、高耐久性を誇るbelkin DuraTek Plus USB-C to ライトニングケーブルが最適です。

おすすめポイント
  • 高耐久素材のアラミド繊維を使用
  • 本革バンド付属
  • 保証期間は5年
  • 価格は2,949円

防弾ジョッキなどに使用されているアラミド繊維を使用しているので、とにかく耐久性に優れています。

驚きなのは保証期間が5年とめちゃくちゃ長いこと。消耗品でもあるライトニングケーブルですが、1本の出費で長く使えるので価格以上にお得!

belkin製のライトニングケーブルは、Apple Storeでも販売されているのでなにより安全に使用できます。

ライトニングケーブルの選び方やUSB PD対応のライトニングケーブルを紹介している記事も参考にしてみてください!

関連記事 iPhoneを高速充電可能なMFi認証済みUSB PD対応ライトニングケーブルのおすすめを紹介!

関連記事 Apple MFi認証アクセサリーをより詳しく確認する方法を紹介!

Anker PowerPort III Nano 20W

iPhone 12シリーズの高速充電に対応している20Wの急速充電器が欲しいなら、Anker PowerPort III Nano 20Wを購入しておけば問題ないです。

created by Rinker
Anker
¥1,780 (2021/05/06 01:36:45時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめポイント
  • 最大20W対応のUSB PD
  • 従来の充電スピードの3倍
  • とにかくコンパクトで軽量

iPhone 12シリーズには充電アダプターが付属しておらず別途で購入する必要がありますが、どうせ購入するなら20W以上の出力のある急速充電器の購入がおすすめ。

その中でもAnker PowerPort III Nano 20Wは、30gと軽量で一辺が500円ほどのサイズでコンパクトで価格もリーズナブル

ゆう

Apple純正はやはり高いよね…

iPhone 12シリーズを購入したのであれば買っておきたい急速充電器です。

他にもAnker製品の急速充電器をレビューしているの参考にしてみてください。

関連記事 小さすぎるUSB-C急速充電器「Anker PowerPort Atom PD1」をレビュー!

関連記事 Anker PowerPort Atom III Slimをレビュー!持ち運び用USB-C急速充電器の決定版!

Anker PowerWave 7.5 Stand

縦でも横でも好きな置き方をしても充電できる、QC3.0対応のスタンド型ワイヤレス充電器Anker PowerWave 7.5 Standがめちゃくちゃ便利です。

おすすめポイント
  • iPhoneなら最大7.5W
  • ワイヤレス充電対応デバイスなら使用可能
  • QC3.0対応
  • スタンド型のワイヤレス充電器
  • 価格は2,999円

今まで平置き型のワイヤレス充電器を使用していたのですが、FaceIDの解除に覗き込むか手に持って操作する必要がありました。

スタンド型のワイヤレス充電器なら通知が来ても、覗き込む必要がなく充電したままFaceIDの解除が可能です。

QC3.0にも対応しており、iPhoneなら最大7.5WSamsung製のスマホなら最大10Wまで対応。

QC3.0で充電するには、QC3.0対応の充電アダプターが必要になるのでご注意ください。

Anker PowerWave 7.5 Stand単体では充電アダプターが入っていないので、別途購入する必要があります。

「どの充電アダプターを買えばわからない」という人は、QC3.0対応の充電アダプターがセットになっているモノも選ぶと良いでしょう。

MOFT Snap-On Stand & Wallet

MagSafeで簡単に着脱できるiPhoneスタンド「MOFT Snap-On Stand & Wallet」は、使い勝手が良くめちゃくちゃ便利でした。

created by Rinker
MOFT
¥3,180 (2021/05/06 15:36:39時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめポイント
  • マグネットで簡単に着脱できる
  • 角度調整可能な3つのスタンドモード
  • スマホリングとして使用できる

PC・スマホ・タブレットスタンドで有名なMOFTらしい製品のMOFT Snap-On Stand & Wallet。

薄さはわずか5mm程度とかなりスリムなので、スタンドとして使用しない時は折り畳んでおけば厚みを気にせずに使用できます。

フローティングモード
ポートレートモード
ランドスケープモード

3つのスタンドモードで使い分けが可能。目線の高さが少し上がるフローティングモードでは動画の視聴が快適そのもの。

Apple純正レザーケースを長年使用してきて、一番の悩みはスマホリングが使用できなかったことでした。

MOFT Snap-On Stand & WalletはMagSafe対応アクセサリーなので、通常の持ち方であれば十分な磁力で快適にスマホリングとして使用できました。

MOFT Snap-On Stand & Walletの間にMagSafe充電器をはさむことでMagSafe充電が可能です。

MagSafe充電器を間にはさんでいるため磁力はかなり弱くなるので、MagSafe充電中はMOFT Snap-On Stand & Walletをスマホリングとして使う機会があまりなさそう。

外出先でも気軽にiPhoneスタンドを利用したい人、レザーケースを使用している人でスマホリングを探している人に最適です!

iPhoneにオススメなアクセサリー・周辺機器|まとめ

今回紹介したアクセサリー・周辺機器は、どれも買ってよかったと愛用しているものだけを紹介させていただきました。

特にiPhone 12シリーズから搭載されたMagSafeに対応したアクセサリーが今後増えると思うので、iPhoneを快適にしてくれるアクセサリーが登場するのかワクワクしています。

ゆう

新しいアクセサリーが増えてくると楽しいよね!

新型iPhoneを購入してどのアクセサリー・周辺機器を購入したらいいか悩んでいる人に、この記事が参考になってくれたら嬉しいです!

新型iPhoneを購入したら一緒に買っておきたいおすすめアクセサリー・周辺機器を紹介しました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ガジェットを中心に世界中の良いモノ善きコトを発信しています。
〝誰かのため〟に情報マガジン『USEFUL TIME』で記事を執筆中。

コメント

コメントする

Contents
閉じる